ご意見・ご感想

一帯一路の経済協力を深めて発展の需要にドッキングし、協力の質を高める

発表時間:2018-09-21 | 字体拡大 | 字体縮小

著者:程承坪、呉方 | 出所:「人民日報」(2018年8月16日)

  今年は習近平主席が「一帯一路」イニシアティブを提起した5周年である。5年来、「一帯一路」はすでに広く歓迎される国際協力プラットフォームと公共製品となった。今日の世界で一国主義、保護主義、脱グローバル化思潮が不断に新しくあらわになるたけれども、協力ウィンウィンが依然として大勢の赴くところであり、国際社会はいっそう平等・包容な世界経済統治(ガバナンス)体系と国際協力モデルを強くを呼びかけている。中国は「一帯一路」イニシアティブをうち出し、国際経済協力モデルとグローバル統治(ガバナンス)思想を革新して、世界のために互恵・ウィンウィン協力の中国の案を提供し、中国の国際社会の責任を負うメンバーの責任を持つことを体現した。 

  「一帯一路」の参加国が地域経済協力の展開に参与すること、これは「一帯一路」建設の肝心な一環である。中国は共同協議・共同建設共有享有する原則をもって、国際社会とともに世界経済の直面する新しい挑戦の対応に力を尽くし、経済グローバル化の包容性、開放性と包摂性を高め、「一帯一路」の枠組みの下で関係国との経済協力はすでに著しい成果を収めた。 

   今後、「一帯一路」建設の深く突っ込んだ発展に従って、中国とその他の参与国との関連経済協力の範囲、プロジェクトとも増え、地域経済協力のレベルと質の向上の任務はより重くなるであろう。「一帯一路」の参与国はそれぞれ異なっている国情と発展の水準にあり、一部の共通の発展の難題にも直面している。これはわれわれが互恵ウィンウィンを実現する出発点と立脚点とする必要であり、国家利益の擁護と協力発展を結合し、差別化、多段階の経済協力モデルを形成し、経済の大きな融合を深め、大きな連動を発展させ、成果が大いに共有し、地域経済協力の広さと深さに大いに力を入れ、経済協力の的確性と質・効率を高める。 

   経済協力の深化する過程において、参与国の発展戦略のドッキングを重視する。「一帯一路」建設は別のかまどをつくり、新たにやり直すではなく、戦略的ドッキング、優位補完の実現に力を尽くす。政策に関する意思疎通と発展戦略のドッキングは各方面の実務的協力を展開する基礎であり、「一帯一路」参与国の利益の合意点を拡大するカギであり、「一帯一路」共同建設の重要な保障でもある。「一帯一路」参与国の中で多くの新興市場国と発展途上国がある。これらの国家は経済発展を促進する強い願いがある一方、自国の条件に限られて、インフラなどの重大なプロジェクト建設を推し進める力がない。これで各国は関連政策協調ドッキング仕組みを確立する必要があり、共同で協力案を制定して、合同協力行動をとり、計画のかみ合せ、発展の融合、利益の共有する局面を形成すべきである。 

   「一帯一路」参与国は異なる発展段階にあるため、異なる段階の協力必要がある。ある前工業化段階にある国家は、主として工業企業の発展に大いに力をいれ、工業生産の急速な成長を促進すべきである。工業化中期にある国家が主として工業生産の技術レベルを高める必要である。工業化後期にある国家が主としてハイテクノロジーと肝心なコア技術を発展させ、パターン転換・高度化を実現すべきである。「一帯一路」の建設の中で、協力側の国情、国力と発展の必要とのしっかりしたドッキングを実現するよう努力するべく、多段階、多モデルの立体化経済協力を展開すべきである。 

  発展はすべての問題を解決する総鍵である。「一帯一路」経済協力は発展という根本問題に焦点を合わせて、発展のボトルネックを打ち破って、各国の発展する潜在能力が解き放たれる。産業のこの経済の本を捉えて、各国が深く突っ込んで産業を展開して協力を推進して、各国の産業発展計画が相互の互換、促進を促し、大きなプロジェクト建設にしっかり取り組むべきである。国際生産能力と装備製造を強化し、新業態を育成し、経済成長の活力を引き出しす。「一帯一路」参与国の資源付与と産業構造の補完性がより強いため、投資と貿易を有機的な結合することができ、経済貿易産業協力区の建設を推し進め、生産能力協力と経済貿易協力を促進し、経済の補完性を効果的に経済の推進力に転化する。 

   資金融通は「一帯一路」建設の核心内容の中の一つである。金融分野の協力を深め、「一帯一路」建設の多元化投融資体系を不断に十全化する。現在、インフラの相互連結、生産能力協力、経済貿易産業協力区などの協力形式は「一帯一路」経済協力推進の重要な取っ手となり、これらのプロジェクトの実施はすべて巨大な融資の需要に直面する。多元化投融資体系の建設は多段階の経済協力を広げるためにいっそう確固たる融資保障を提供することができ、更に資金融通を促進する。 

  (作者部門、武漢大学経済管理学院) 

関係論文