ご意見・ご感想

我が国の経済が安定で良化へと推移する態勢がいっそう強固になる

発表時間:2018-09-21 | 字体拡大 | 字体縮小

著者:張立群 | 出所:「人民日報」(2018年8月16日)

   今年に入ってから、複雑で変化の多い国内外の情勢に直面して、習近平同志を核心とする党中央の指導の下で、われわれは安定しながら前進を求める活動の総基調を堅持して、党の経済活動に対する指導を不断に強化し、断固として新しい発展理念を徹底的に実行し、経済の質の高い発展の推進に力を入れ、需給の構造的矛盾を明らかに改善され、経済成長の速度が次第に安定化され、経済発展の質と効率が明らかに向上し、その強靭性と持続可能性が著しく強くなり、経済が安定の中で良化へと推移する態勢がいっそう強くなった。 

   経済の安定した成長の態勢が基本的に確立された 

   世界の経済の回復、国内の消費市場の活況と供給側構造改革の新たな進展などのプラス要因の影響により、今年上半期、我が国の経済の動きが安定で、GDP(国内総生産)の成長率は6.8%であった。四半期別に見ると、第1四半期にGDP6.8%増、第2四半期にGDP6.7%増となり、連続して12の四半期6.7%6.9%の範囲内での推移を保持して、経済の安定した成長の態勢が基本的で確立された。 

   世界の経済の回復する態勢が次第に明らかになり、輸出状況はある程度好転している。2017年世界の輸出入貿易額(ドル)は昨年度比10.6%前後増え、同期の世界の経済成長率(3.6%)を7%上回っていた。これは、10年近くの持続的に努力したことで、国際金融危機の影響が薄くなっていき、世界の生産、就業、市場などは全面的に回復していることが明らかになった。2017年、我が国の輸出は10.8%伸び、マイナス成長の態勢を転換させ、伸び率は前年比12.7%上回って、輸出志向型企業の生産とて販売の増加を力強く支えた。今年上半期、我が国輸出は4.9%増え、貨物の輸出入超過が縮小し、貿易構造は引き続き改善されている。このほど、一部の西側諸国でポピューリズムは広がって、貿易と投資において保護主義が台頭し、脱グローバル化思潮はわき返っているが、世界の経済の回復と経済グローバル化が深く発展する基本態勢を変え難い。今後に我が国の輸出増は必ずある揺れ動きを持ちながらプラス成長の状態を維持する見込みである。 

  新型都市化は積極的な進展を見せ、投資の内生的原動力が強くなる。ここ数年来、我が国の新型都市化の過程は一連の積極的な変化が生まれた。1、都市化の進んだ都市がすでに第1線都市(北京・上海・広州などの大都市)から多数の第2線都市に広がった。南昌、蘇州、武漢、鄭州、杭州、南寧などのいくつかの第2線都市の若年指数(若者人口の占める割合指数)はすでに北京・上海・広州などの第1線都市を上回って、多くの第2線都市のインフラと公共サービス水準の持続的な向上に従って、これらの都市の市場環境が大幅に改善され、産業と都市の融合度が明らかに高まり、こうした都市の人気は急速に向上することが反映されている。2、都市部の発展の空間が広げられ、協同性が強まった。都市圏計画建設は大中小都市の一体化発展を促して、中小都市のインフラと公共サービスの弱い部分が効果的に補強され、多くの中小都市環境の改善は、産業と都市の融合レベルの向上と人気度の向上を促進した。これらはすべて都市の発展の空間の拡大につながり、不動産とインフラへの投資は促進されて次第に活発になり、投資の内生的原動力を向上させた。こうした影響を受けて、大口商品の市場販売情況は明らかに好転し、工業生産能力の利用率は高まり、企業資金の回転情況は好調に転じて、効率が改善されている。 

   国内消費市場は持続的に活況を呈している。2010年以来、我が国の輸出、投資の成長速度はある程度減速されたが、消費の伸び率が比較的安定で、今年上半期に最終消費支出のGDPに対する寄与率はすでに78.5%に向上され、消費の経済成長への基礎的役割は更に強まった。その原因は主に3つの面にあり、1、我が国の経済発展が人民の生活を改善することを根本目的として、10数億人の素晴らしい生活へのたゆまぬ追求およびそのために社会生産、建設の面で根気よく払ったきわめて困難な努力で、我が国の消費市場の持続的に急速な拡大を推し進めているとともに、工業、サービス業と都市農村の建設の盛んな発展を支え、相互促進の良性循環を形成した。2、各種類の消費財および生活消費と関わりのあるサービスの供給が日増しに豊かになり、レベルと品質が絶えず高まり、商品とサービスの種類はますます豊富になり、技術的付加価値は絶えず高まり、それによって消費の需要の絶えざる拡大を推進している。3、党と政府は基本的民生を確保するためにたゆまぬ努力を続けている。経済の減速の圧力の増大による民生へのマイナス要因の影響に直面して、ここ数年来、党と政府は就業の安定化、的確な貧困脱却助成、困難な大衆に対する支援・扶助、住民の所得の安定化などの面で多くの仕事をして、著しい成果を収め、就業の安定化を強く支えて、住民所得のより速い増加を促進し、さらに消費市場の持続的な活況を保障した。 

   供給の需要に対する動態的適応力が明らかに高まった。一方では、改革開放してからの長期にわたる急速な成長を経て、我が国市場の供給能力は大幅に高まり、すでに商品のあまねく不足からある程度の生産能力過剰に変わり、こうしたことで市場競争により企業のパターン転換への「逆に迫まられる」作用が著しく強まり、企業と生産能力に対する優勝劣敗の作用が不断に増大している。市場調節度のより高い分野で、多くの中小・零細企業、民営企業が市場競争の中でパターン転換・高度化、優勝劣敗を加速され、市場ニーズがその存亡・発展を決定する生命線となる。他方で、「三つの解消、一つの低減、一つの補強」を主要な任務とする供給側構造改革が持続的に推し進めるに従って、大型企業、国有企業の吸収・合併再編、パターン転換・高度化が加速された。特に「旧来のものを打破し」、「新しいものを確立し」「過剰なものを解消する」ことを重点として、基礎的な肝心な分野で改革の深化に力を入れ、財産権制度、要素の市場化配置をめぐって、市場競争の役割発揮を制約する制度の弱い部分の補強に力を入れ、経済成長推進の新しい原動力増が明らかに強まり、新しい産業新製品は盛んに発展している。たとえば、航空・宇宙、人工知能、深海探査・測定、バイオ医薬などの分野で多くの重大な科学技術のイノベーションの新しい成果がどっどと現れ、我が国の経済の質の高い発展を強く推し進めた。2017年に我が国研究開発に投じた総経費が1.75兆元に達し、前年同期比11.6%伸び、対GDP比が2.12%であった。市場競争の優勝劣敗と供給側構造改革の持続的推進に従って、低いレベルの生産能力と無効な供給が市場からの退出を加速し、業界の発展の環境が持続的に好転し、我が国の経済の発展の質と効率が著しく向上し、業界の自己規制能力が強まり、企業の体質が改善され効率が向上して、イノベーション・発展のイベントが明らかに増え、企業の市場競争力は大いに強まった。我が国の供給体系は総量と構造の面で動態的に市場ニーズの変化に適応する能力が明らかに高まった。 

  同時に見てとるべきは、現在の経済の動きは依然として一部の問題と挑戦に直面しており、たとえば外部環境が明らかに変わっており、企業の融資難問題はまた根本的に解決されず、我が国の経済は依然として短期的に減速する圧力などがみられる。しかしマクロコントロール政策の効果が次第に解き放たれるに従って、経済の内生的原動力が更に強まり、我が国の経済のリスクはコントロールすることができるし、安定の中で良化への推移する態勢は変わることはありえない。 

   安定の中で良化への推移する経済態勢が引き続き強まっている 

   現在我が国の経済発展の直面する有利不利な要因を総合的に分析し、安定の中で良化への推移する我が国の経済態勢を保持・増強するには、なおたくさんの仕事をこなさなければなたない。必ず習近平新時代中国の特色ある社会主義思想を指導としてことを堅持し、新しい発展理念を徹底的にし、現在の経済情勢の新しい情況、新しい変化、特に外部環境の明らかな変化に基づいて、的確性の強い措置をとって解決すべきである。 

   供給体系の質の向上に大いに力を入れる。弱い部分の補強を現在の供給側構造改革の深化の重点任務として、インフラ分野の弱い部分の補強の度合いを増して、革新力を増強させ、新しい原動力を発展させ、過剰生産能力解消の制度的障害をなくし、企業コストを引き下げる。2、企業の市場競争力を強め、公平開放秩序立った市場競争で優勝劣敗を実現し、企業のパターン転換・高度化、質・効率の向上の促進により、優れた企業が不断に現れるようにする。3、確固不動として改革を深め、財産権制度の十全化に力を入れ、市場の資源配置における決定的作用を強化する。4、全面的に対外開放を拡大し、開放の拡大、大幅な市場参入基準緩和の重大措置を実行し、産業、市場、規則など多くの面は世界経済との統合を加速して、積極的に経済のグローバル化の過程に参与してそれを推進する。 

   新型の工業化と都市化の融合の発展の中で経済の原動力が解き放たれる。現在、我が国は工業化と都市化関係を調整する肝心な時期にあり、総合的に施策し、工業化と都市化の関係をすっきりさせることを加速させ、新型工業化、都市化のより良く融合する発展を促進し、我が国の現代化建設の強大な原動力が解き放たれる。1、大中小都市のインフラと公共サービスの改善を加速させ、産業と都市の融合するレベルと都市人気度および都市化率を持続的に向上させ、農村の移転人口の安定的な就業と所得の持続的に増加を促進する。2、都市圏の発展の一体化計画に力を入れ、土地の用途を合理的に改革・配置し、都市と農村の一体化発展と農村の振興を保障する。同時に、都市の発展の長期目標に基づいて、高い起点に立って計画し、高い基準で都市と農村のカバーするインフラと公共サービス保障体制を建設する。3、都市圏の一体化発展の要求に基づいて、より大きな範囲内で財政資金の使用を調整するとともに、地方債の発行作業の十全化をはかり、必要な建設資金を保証する。4、不動産市場の問題解決を決意して、都市の実状に即した施策を堅持し、需給のバランスを促し、合理的に市場の期待を導いて、市場秩序を整え、断固として住宅の価格の上昇を抑制し、不動産市場の安定した健全に発展する長期にわたるメカニズムの確立を促進する。5、発展の中で民生の保障と改善を重視し、民生の弱い部分の補強に力を入れ、社会の公平正義を促進する。 

   マクロコントロールの十全化をはかり、流動性に合理的なゆとりを持たせる。積極的な財政政策と穏健な貨幣政策を実施するのを堅持して、政策の展望性、融通性、有効性を高める。財政政策は内需の拡大と構造調整の上でもっと大きな役割を発揮させる。通貨政策は通貨供給の大きな関門をしっかりととらえるべく、流動性に合理的にゆとりを持たせる。流動性に合理的にゆとりを持たせることと金融リスク防御・解消との関係を統一計画すべきである。1、断固として「ゾンビ企業」を一掃し、無効な資金占用を減らす。引き続き不法な金融機関およびその活動に厳しい打撃を与え、系統的金融リスクの発生しない最低ラインを守る。2、地方政府の融資活動に対して、裏門を塞ぎ、正門を開く原則に則って地方起債・発行を行い、地方政府の特定項目債券の発行使用の進捗を加速させ、インフラ建設プロジェクトの早期効果を促す。3、短期の流動性の引き締め、投資伸び率の下落などの問題に対して、法則違反する融資活動に対して管理監督を強化すとともに、適度な社会融資の規模と流動性に合理的にゆとりを持たせる。金融機関が預金準備率引き下げによる資金を小企業・零細企業、市場化債務株式化などの支えに用いるよう導く。 

   我が国の経済が安定の中で良化へと推移していることが不断に強くなるにもかかわらず、われわれは依然として危機意識を強め、つねに経済発展の中で現れるかもしれないリスクと挑戦に関心を保つ。現在、ただいま開かれた中央政治局会議の要求にしたがって、安定しながらつ前進を求める活動の総基調を堅持し、経済の動きを合理的な範囲内で推移するようを保ち、統一計画・協調を強化して、政策の複合力を形成し、的確に政策を実行し、しっかりとこめ細かく取り組んでいく。年間を見通して、われわれは習近平新時代中国の特色ある社会主義思想を指導とすることを堅持し、党中央の政策決定を徹底し、経済の動きの中のリスクと挑戦に科学的に対応しさえすれば、我が国の経済の安定した成長趨勢は変わることはありえず、経済が安定の中で良化へと推移する態勢が不断に強まるとともに、金融秩序がいっそう規範化され、経済構造が持続的に最適化し、供給の質が不断に高まり、質の高い発展はしっかりとした歩みを踏み出すであろう。 

  (作者、張立群、国務院発展研究センターマクロ経済研究部研究員) 

関係論文