ご意見・ご感想

我が国の経済が質の高い発展への転換を深く理解する

発表時間:2018-07-26 | 字体拡大 | 字体縮小

著者:汪同三 | 出所:「人民日報」(2018年6月7日)

  昨年末に開催された中央経済工作会議で、習近平同志は次のように指摘し、中国の特色ある社会主義は新時代に入り、我が国の経済発展も新時代に入って、その基本的特徴は我が国の経済はすでに急速な成長段階から質の高い発展段階へ転換した。質の高い発展を推し進め、経済の持続的で健全な発展を維持することは必然的な要請であり、我が国の主要な社会矛盾の変化に適応し、小康社会を全面的に建設し、社会主義現代化国家を全面的に建設する必然的な要請であり、経済法則に従って発展する必然的な要請である。我が国の経済が質の高い発展段階への転換を深く理解すること、これは質の高い発展を認識し、質の高い発展を強力に推進するために重要な意義がある。

  質の高い発展への転換する必然性を把握する

  質の高い発展段階に転換することは我が国の経済発展が新時代の客観的な要請である。我が国の経済発展の新時代に入ったことは、実に改革開放40年間たゆまぬ努力して、我が国の経済規模は急速に増大し、すでに大規模から強化へ転換する歴史の新しい段階に入った。20世紀、改革開放の初期段階、世界一の人口の大国として、我が国の経済規模は世界で第11位にしかランクされなかった。今のところ、我が国の経済規模がすでに安定に世界の第二位を保っている。党の第18期代表大会以来、我が国の経済発展は大規模から強化へ転換する新段階に入って、小康社会の全面的完成の決勝期に入るとともに、小康社会全面的完成の基礎を踏まえて、勢いに乗じて社会主義現代化国家の全面建設に向けた新たな征途につく。社会主義現代化国家の経済的土台は社会の生産能力レベルの明らかな向上、核心は経済の発展の高い質である。もし改革開放の初期に我が国の経済発展は解決するべき最も重要な問題は数量的不足なことで、「速いこと」がさし迫って必要だとと言えば、新時代に解決すべき最も重要な問題は質の高い発展を実現することで、必ず質向上することにしっかりと取り組まなければならない。

  質の高い発展段階に転向するのは社会の主要な矛盾の転化させる客観的な要請である。党の第19期代表大会の報告の中で、習近平同志は次のように指摘し、「中国の特色ある社会主義は新時代に入って、我が国社会の主要な矛盾はすでに人民の日増しに増大する素晴らしい生活の需要矛盾に転化した」。改革開放の初期、人民の日増しに増大する物質と文化の必要と立ち後れた社会生産力との間の矛盾を解決するために、必ずできるだけ早く社会生産力を発展させ、各方面の仕事はすべて経済の急速な発展に合わせて従わなければならなかった。長年の努力を経て、我が国の経済規模は明らかに増大して、経済の実力が著しく向上し、それまでの生産力の立ち後れた状況はすでにかなり改められ、生産力の発展を制約する要因がより多く経済社会の発展の不均衡・不十分として表れ、特に経済の構造的矛盾が鋭く表れ、生産効率の問題が際立っており、社会の民生の建設が停滞して資源・環境の制約が強まる傾向にある。発展の不均衡・不十分の問題を解決するには、必ず質の高い発展を推し進めなければならない。主要な社会矛盾の他の側面、つまり人民の需要から見れば、人民の日増しに増大する素晴らしい生活への需要は多方面にわたって、物質と精神の生活の豊富なことを含み、民主・法治・公平・正義の保障と向上を含んで、安全と良好な生態環境の必要なども含む。質の高い発展を実現してこそ、物質・文化の生活に対する人民のより高い需要を満たすことができ、人民の素晴らしい生活を全面的に満すために確固たる物質的基礎を打ち立てることができる。以上のことからわかるように、主要な社会矛盾の転化が発生する条件の下で、質の高い発展の推進が主要な社会矛盾を解決するための肝心な対策・措置であり、今後の一時期に発展の構想を確定したり、経済政策を策定したり、マクロコントロールを実施するための根本的な要請となる。

  質の高い発展段階への転換は当面の経済活動をしっかりと行うための客観的な要請である。昨年末に開かれた中央経済工作会議は質の高い発展の推進に関する全面計画を行い、供給側構造改革を深化し、各類の市場主体の活力を引き出し、農村振戦略を実施するなどの8項目の重点的取組を提起した。党の第19期代表大会の要求に従って、今後3年に断固として重大なリスクの防止、的確な貧困脱却、汚染予防・対策の三大堅塁攻略戦をしっかりと行わなければならない。これも質の高い発展の推進が求められている。たとえば、重大なリスクの防止・解消の主な取り組みの一つは金融リスクを防止・解消し、金融の系統性(システミック)リスク生じさせない最低ラインをしっかり守る。金融のリスクの防止・解消は次の両方から着手すべく、1、マクロコントロールと金融管理監督を強化すること、2、金融部門自身の資産の質と経営の生産性・質を高め、どれもおろそかにしてはならない。したがって、金融は供給側構造の主軸に奉仕すべく、より良く実体経済にサービスし、金融と実体経済、金融と不動産、金融体系内部の好循環を形成するよう促す。重点分野のリスク防止・処置を強化し、断固として違法の金融活動に打撃を与え、ウィークポイントに対する監督・管理制度の整備を強化する。これらの政策と措施はすべて金融活動の質と実体経済に対する金融サービスの質を高めるためであり、これはすべて実質的に、質の高い発展を推進する重要な内容である。

  質の高い発展の具体的な意味をとらえる

  質の高い発展は中国の経済発展の新しい位置づけをして、科学的な内包の理論的概括と発展の要求を持っており、少なくとも以下の3つの方面からその具体的な意味をとらえることができる。

  ミクロ的なレベルの質の高発展。ミクロ経済は社会経済の全体の基礎であり、質の高い発展を実現するには、必ずミクロ的なレベルの経済発展の質を高めなければならない。まず、生産・経営者が製品とサービスを法律・法規に規定される質的要求に適合することを確保するとともに、消費者の質的需要を満することができる。1993年、我が国が「中華人民共和国商品品質法」を公布・施行し、そして2000年、2009年2度にわたって改正して、我が国の製品品質のコントロールのために法律制度の保障を提供した。生産・経営者が製品とサービスの質の向上に努めることは、質の高い発展を実現するための重要なミクロ的基礎である。その次に、生産・経営者は絶えず経営・管理の水準を高めるべきである。生産とサービスの効率と効果を高めるのは企業の質の高い発展の重要な基礎であり、現代的企業制度の確立は企業の質の高い発展を実現する根本的な保証である。最後に、創業・革新を積極的に励ます。果敢に革新を行い、自主的に革新するのが質の高い発展の根本的な原動力で、大衆による創業・革新はミクロ的創業・革新の小川が集まり、社会全体が質の高い発展の大川に合流し、大川になるには、必ず通らなければならない道である。

  マクロ的なレベルの質の高い発展。マクロ経済の状態は国家の経済の全体のレベルを体現している。新時代に、マクロ的な段階の質の高い発展を実現し、小康社会の全面的建設の基礎の上で、社会主義現代化と中華民族の偉大な復興を実現することができる。マクロ的なレベルの質の高い発展を実現には、主として次の幾つかの面にしっかりと取り組むべく、第1、革新・調和・グリーン・開放・共有という発展理念を徹底的に実行し、経済の全体の安定した健全で持続可能な発展を実現し、保っていく。現在の我が国の発展の不均衡・不十分の問題を直視しなければならず、特に発展の質と効率があまり高くなく、革新能力があまり強くなくて、実体経済のレベルの向上が待たれており、生態環境保護の任務がきわめて困難などの問題が抱えて、それをの解決するための道を求めるよう努めるべきである。第2、経済の全体への投資と収益のコスパを高め、諸項目のコスト特に各段階の管理コストを着実に引き下げる。重点は市場に資源の配置の中で決定的役割を果たさせ、より良く政府の役割を発揮させ、企業の生産原価と行政管理コストを引き下げる。第3、マクロ経済管理の面で、発生しうる市場リスク、外部的リスク、特に金融リスクなどの各種類の経済リスクなどに対する早期判定・識別能力を強め、いち早く有効な措置をとり、リスクの形成を避け、リスク衝撃を解消するかその速度を緩める。第4、経済分野の重大な突発的事件、特に外部の重大な突発的事件に対応する能力をいっそう強める。重大な突発的事件に対応する能力には主に以下のようなものを含んでおり、物質的能力、例えばエネルギー、食糧、外貨準備高などの面での突発的事件への対処能力、政策の反応能力、例えば情報の探し集め・処理能力、突発的事件への対策予備案の備蓄などが含まれる。リスクの早期判定・識別と重大な突発的事件への対策する面で、マクロコントロールのレベルは国家の経済発展の全体の質的な重要な体現である。

  民生事業の質の高い発展。経済の質の高い発展の最終目的は人民の素晴らしい生活の需要を満すためである。経済は質の高い発展へ転換するには、必ず民生事業の質の高い発展を実行しなければならない。これは主として次のように現れて、第1、教育、医療、養老、社会保障などの社会公共製品の数量と質は住民の全体の需要を満すことができる。第2、比較的十分な就職の機会を創りだすことができ、基本的合理な所得分配の体制・仕組みを形成して、住民の全体の所得の安定的向上につながり、中所得階層は絶えず大くなり、基本的に貧困を撲滅する。第3、社会の気風は積極的に向上し、文化事業は盛んに発展して、人々の精神生活は日増しに豊かになり、社会の文明度は絶えず高まって、社会的雰囲気は公平・公正・民主・調和がとれるようになる。第4、グリーン発展の理念が人々の心に深く根付き、生態環境は十分な保護され、住民の生活環境が美しく住みやすくて、人と自然は調和がとれている。

  質の高い発展を実現する道筋をとらえる

  質の高い発展は富強・民主・文明・調和の美しい社会主義現代化強国を築き上げる重要な基礎である。質の高い発展段階への転換から真に質の高い発展を実現するまでには、たゆまぬ努力する過程が必要である。習近平の新時代の中国の特色ある社会主義思想を指導として、市場経済の法則に従って、市場資源に配置の中で決定的役割を発揮させ、より良く政府の役割を発揮し、我が国の経済の質の高い発展の絶えざる新しい進展を実現するよう推進する。

  確固不動として改革を全面的に深化させる。我が国の経済発展は新時代に入って、改革は更にきわめて困難な任務に直面し、後へは引けない決意を持つべきである。必ず中国の特色ある社会主義制度を堅持し充実させなければならず、絶えず国家統治(ガバナンス)体系と統治(ガバナンス)能力の現代化を不断に推し進め、断固として時代にそぐわない一切の思想と体制・仕組みの弊害を取り除き、利益の凝り固まった既得権益の垣根を突き破り、人類の文明の役立つ成果を吸収して、系統的で整った、科学的で規範的な、効果的に機能する制度体系の構築を速め、わが国の社会主義制度の優位性を十分に発揮させなければならず、質の高い発展のために確固とした制度的基礎を打ち立てる。社会主義市場経済体制をいっそう充実させ、生産・経営者のサービスの改善と開拓・革新する原動力を不断に強め、中国製造から中国創造へ、中国スピードから中国の良質へ、製造大国から製造強国への転換を実現する。

  供給側構造改革を積極的に推し進める。マクロ経済運営における主要な矛盾は総供給と総需要の矛盾である。長い目で見ると、と総供給と総需要の矛盾の双方において、供給側は主要な方面で、供給側の問題をしっかりと解決してこそ、根本からマクロ経済の質の高い発展を推進することができる。したがって、供給側構造改革の推進は質の高い発展を実現するのに決定的な意味がある。

  マクロコントロールを革新・改善する。ミクロ的なレベルであれマクロ的なレベルであれ、質の高い発展の実現はすべて良好かつ安定した大きな環境が必要であり、マクロコントロールを革新して改善するのがこのような大きな環境づくりに重要な保証を提供するのである。これまでの経験から明らかなように、マクロコントロールの取り組みにとって、安定しつつ進歩を求めることを堅持するのは必勝の法器である。現在、革新とマクロコントロールの改善を行うには、国家の発展計画の戦略指導的役割を発揮し、我が国の経済発展の主要な矛盾の変化に適応することを堅持し、時機を見て決めるべく、正しく対処する。

  対外開放を積極的に拡大し、深化させ。質の高い発展の重要な現れは国際競争力が向上することである。扉を閉じて保護主義を実行したり、国際市場で競争に頑張ったり勇気がなければ、国際競争力を高めることはあるまい。国際競争力は製品の市場占有率と輸出入の実力に表れるだけでなく、更に自国の製品の標準を国際業界基準として現れる。質の高い発展を実現し、国際競争力を高めるには、必ず対外開放の基本国策を堅持しなければならず、あくまでも門戸を開いて建設を進めるべきである。「一帯一路」の国際協力を積極的に推し進め、全面的開放の新しい枠組みの形成を加速すべきである。

  生態文明建設の推進を加速させる。緑の山河を守ってこそ、緑の山河が金山・銀山になることができる。生態文明建設は質の高い発展の重要な条件であり、良好な生態環境そのものは質の高い発展の成果である。生態文明建設は後世の人々のために今われわれが成し遂げるべき事業である。われわれは社会主義の生態文明観をしっかりと確立して、人と自然の調和がとれた発展の現代化建設の新しい枠組みを形成するよう推進する。

  理論革新の引率と促進する役割をより良く発揮させる。経済学の教科書の中で、ミクロ経済学は主に経済効率をめぐって展開して、マクロ経済学は主に総量の分析へ焦点を絞る。どのように現代的な経済分析技術を運用し、ミクロ的なレベルとマクロ的なレベルの上で経済発展の質的問題を研究し詳しく述べることは、新しい時代が提起した経済理論革新の課題である。こういう理論的革新は必ず我が国の質の高い発展を推進する偉大な実践に根を下ろしなければならないし、我が国の経済の質の高い発展段階への転換するために貢献をなすべきである。

(作者部門、中国社会科学院)

関係論文