ご意見・ご感想

新時代の高質な発展の輝きを作り出し

発表時間:2018-05-10 | 字体拡大 | 字体縮小

著者:黄守宏 | 出所:『人民日報』(2018年04月02日)

  閉幕したばかりの第十三回全国人民代表大会第一次会議は、李克強総理が国務院を代表して行った『政府工作報告』(以下は報告と略称する)を審査・通過した。報告書は、習近平新時代の中国特色のある社会主義思想と党の十九大精神を深く貫き、習近平氏を中核とする党中央の重大な政策と配置を貫き、過去の五年間の仕事を系統的にまとめ、2018年に経済社会の発展を推進するための全体的な要求、政策動向と重要任務が今年の政府工作を順調に行うための綱領性書類だということを明確に提出した。 

  過去の五年間、中国は人民を誇らせ、世界を羨ませるような偉大な成果を獲得した 

  過去の五年間は中国発展のプロセスにおけるごく平凡でない五年間だ。国内外の数多くの矛盾が重なり、各チャレンジとリストが相次いできて、改革開放以来遭遇していなかった問題もたくさんあった。習近平氏を中核とする党中央の指導の下で、各方面の共同な努力を経て、中国経済社会の発展は歴史的成果を成し遂げ、歴史的変革を経た。 

  五年間、中国経済の実力は新しい段階に上がり、国際総生産は54兆元から82.7兆元に増加し、実際の上昇幅が40%を超え、世界経済に占める割合が11.4%から15%に上昇し、世界経済成長に対する貢献率は30%を超えた、財政収入が11.7兆元が17.3兆元に上昇し、48%成長した。経済構造が重大な変化をし、消費貢献率が54.9%から58.8%に上昇し、サービス業の割合が45.3%から51.6%に上昇し、経済成長が投資、輸出によって促進されるものから消費、投資、輸出の三者によって促進されるものになり、第二次産業によって促進されるものから第二次産業と第三次産業の両者によって促進されるものになった。革新駆動型発展は著しい成果を成し遂げ、重要な科学技術革新成果が次々と現れ、新技術、新製品、新産業、新業態が高速成長し、革新的指数が世界ランキングにおける位置が大幅に上昇した。改革開放が重大な一歩を歩みだし、主要分野改革の主体枠組みが基本的に確立され、「一帯一路」建設の成果が著しく、対外貿易と外資利用構造が最適化され、規模が世界前列に位置している。人民生活が引き続き改善され、貧困人口が6800余万人も減少し、貧困発生率が10.2%から3.1%に低下し、都市・農村の新規雇用が五年間連続で1300万以上を保ち、失業率が低く、住民所得の年間平均成長率が7.4%で、住民所得の成長率が経済成長率を上回り、農村住民所得の成長率が都市・農村住民所得の成長率を上回り、世界で最多の人口を持つ中所得層を形成している。住民消費価格は年間平均で1.9%上昇し、国際に認められる物価上昇幅の約2%という理想的なレベルを保っており、世界最大の社会保障ネットワークを編み出している。スラム区と危険住宅の改造で1億人以上の人が新居に引っ越しした。生態環境の状況が徐々に改善され、国内総生産のエネルギー消耗、水消耗が20%以上低下し、主要汚染物の排出量が引き続き低下している。過去五年間は全方位的、創造的な成果を成し遂げ、深層的、根本的な変革を発生し、中国の発展史で素晴らしい一章を残した。目を世界に向けてみれば、中国経済発展は卓然として一頭地を抜いている。 

  国内外の複雑な環境において、過去の五年間、中国が巨大な成果を成し遂げたことは、習近平氏を中核とする党中央が比類のない指導力、創造力、影響力を持つことを説明し、習近平新時代の中国特色のある社会主義思想の強い威力を十分に表し、すべての困難が中国の発展と前進を阻止することができないことを再び現した。 

  発展を推進する中、中国は習近平氏を中核とする党中央の政策と配置に従い、新発展理念を貫き、根気よく活力をかきたて、動力を注ぎ、潜在力を釈放してきた。一、安定の中に進歩を求める工作の総基調を堅持し、マクロコントロールの革新と改善に取り組むことだ。世界経済の回復が低迷し、国内経済の下押し圧力が引き続き増加する厳しいチャレンジに直面し、中国は伝統的な粗放型発展の古い道を歩むのではなく、粗放な灌漑法のような強い刺激を与えるのではなく、経済発展の新常態に適応し、把握したうえで構造的矛盾と総量問題を解決し、区間調整に基づいて定向的コントロール、時機コントロール、正確なコントロールを強化してきた。ポジティブな財政政策を強化し、増加した財政赤字を税費の減免に使い、5年間で市場主体の負担を3兆元も軽減した。中性・安定な貨幣政策を保ち、実態経済への支持を強化しながら、緩すぎる貨幣供給がもたらす後遺症を防止してきた。苦労と努力によって、中国経済は安定の中に好転することを実現し、成長と品質、構造、効果・利益が互いに補完し合うような良好な局面を現した。二、供給側の構造的改革を主線とすることを堅持し、経済構造の最適化とグレードアップを促進することだ。改革の方法によって構造の調整を推進することを堅持し、「破り」「立ち」「下げ」という三つの面で工夫してきた。「三去一降一補」を着実に推進してきた。「インタネットプラス」「中国製造2025」などの戦略を実施し、振興産業を育成、壮大し、伝統的産業を改造、グレードアップさせてきた。政策の簡素化と権限の委譲、権限委譲と管理の結合、サービス改革の最適化を推進し、制度性取引コストと生産経営コストを削減してきた。三、改革開放と革新を推進することを堅持し、市場の活力と市場の創造力を促進することだ。改革を全面的に深め、システムとメカニズムの弊害を動揺せずになくしてきた。大衆創業、万衆革新を展開し、各種の市場主体が五年間で70%以上増加した。開放型経済の新しいシステムの構築を加速してきた。革新型駆動発展戦略を深く実施してきた。区域協同発展と新型都市化戦略を実施し、新しい成長極、成長帯が高速成長している。四、人民を中心とする発展思想を堅持し、民生の保障と改善に取り組むことだ。正確な貧困扶助、正確な貧困脱離を全面的に推進してきた。雇用を積極的に拡大してきた。教育、文化、衛生、体育、社会保険などの事業の発展を推進し、基本公共サービスの均等化を促進してきた。環境汚染の管理を強化し、良質な生態製品の提供に取り組んできた。 

  改革と革新の精神で新時代の高質な発展を促進する 

  国内外の形勢を綜合的に分析したうえで、需要と可能に応じて、報告は今年発展の主要な予期目標を提起した。去年と比べて、これらの目標は全体的に変わっていないが、一部が調整された。今年、国内総生産は約6.5%上昇する見込みで、去年の所期目標と同様なレベルを保つ。それは、高質な発展の動向を示し、小康社会の全面的な感性という目標と要求に一致している。今年は始めて、全国都市・農村失業率の調査を所期目標に取り入れた。それは、この指標が出稼ぎ労働者などの都市非戸籍人口を考慮に入れ、雇用状況をより全面的、正確に反映することができるからだ。 

  2018年は党と国家事業発展のプロセスにおいて重大な意義を持つ一年だ。今年の仕事を順調に展開するためには、習近平新時代の中国特色のある社会主義思想を真面目に貫き、安定の中に進歩を求める総基調を堅持し、マクロコントロールを引き続き革新させ、改善し、マクロ政策の連続性と安定性を維持しなければならない。ポジティブな財政政策は力を集め、効率を強化し、安定な貨幣政策は適切な強度を保たなければならない。政策の協調とつり合いを強化し、合理的な経済運営を支持し、経済構造の最適化とグレードアップを推進する。改革開放を強化し、新時代の高質な発展がより大きな新しい成果を成し遂げるように推進する。 

  供給側の構造的改革を深く推進する。新興産業の集積を強化し、伝統的な産業の改造とグレードアップを加速させることによって、新動力をよりよく、より速く壮大する。製造強国の建設を加速させ、先進的製造業の発展を推進し、品質向上行動を全面的に展開し、中国製造の品質革命を展開する。市場化、法治化、手段化によって過剰化した生産能力を解消し、後れを取った生産能力を淘汰する。ビジネス運営環境の改善と民衆の用足難問題の解決をめぐって、「行政簡素化と権限委譲」、「監督・管理の強化」、「サービスの最適化」改革を深める。企業の税金と費用の負担をさらに低下させ、一年間で企業と個人のために8000余億元の税金を減免し、市場主体のために3000余億元の非税金負担を軽減した。 

  革新型国家の建設を加速させる。国家革新システムの建設を強化し、基礎研究、応用基礎研究とオリジナル革新を強化し、革新的成果の転化と応用の加速を推進する。科学技術の革新を推進するためのかぎは、科学技術人員の積極性を引き出すことにある。革新の促進を阻止するような古い法則を修正、廃止し、革新活力の釈放を妨害するようなこまごました煩わしい礼法やしきたりを廃止する。大衆創業、万衆革新のレベルを向上し、各種の革新的主体の潜在力を釈放し、中国革新の「加速度」を出す。 

  基礎的肝心分野の改革を深める。国有資本を強く、よく、大きくするためには、国有企業の改善、合併と中央企業の株式制度改革を推進しなければならない。民営企業の発展を支持し、各種の隠れた障壁を動揺せずに破る。剤案件を保護し、契約を守り、市場を統一し、平等に交換し、公平に競争することを基本的な導きとし、財産権制度と要素市場化配置メカニズムを改善する。財政システムの改革を深め、中央と地方の財政事権と支出責任を合理的に区分し、地方税システムを改善し、個人所得税を改革する。実体経済能力にサービスを提供能力の強化、特に小微企業の融資難問題、融資高問題の解決をめぐって、金融システムの改革を深める。社会システムの改革を推進する。生態文明体制を改善する。 

  三大攻略戦を動揺せずに展開する。一、重大リスクの防止・解消は明らかな進展を成し遂げた。金融リスクの防止を強化し、金融違法犯罪活動を厳しく取り締め、市場化・法治化・債権の株式転換と企業の合併を加速させ、金融への監視・管理を強化する。地方財務リスクを防止、解消し、各レベルの地方政府の主体責任を果たし、既存財務を積極的、穏便に処置し、地方政府の借金・融資メカニズムを改善する。二、正確な貧困扶助を強化する。今年は農村の貧困人口をさらに1000万人以上減少し、貧困地区に対する正確な支持を強化し、特別貧困民衆に対する正確な扶助を強化する。三、汚染防止を推進する面でより大きな成果を収めた。青い空を守る防衛戦を固め、水・土壌の汚染防止を深く推進し、生態システム保護と修復を強化する。 

  農村振興戦略を実施する。農村振興計画を作成し、農業の供給側の構造的改革を推進し、農業構造の調整を強化し、新型経営主体を育成し、一次、二次、三次産業の融合的発展を促進する。農村改革を全面的に深め、第二回土地請け負いが満期になってから30年延長する政策を実施し、住宅基地の所有権、資格権、使用権の分置改革を探索する。農村の各事業の全面的な発展を推進し、農村管理システムを改善する。 

  区域協調発展戦略を着実に実施する。区域発展新構造の構築に着目し、古く、少数民族、辺鄙、貧困地区への支持を強化し、京津冀協同発展戦略、長江経済ベルトの発展、西部開発、東北振興、中部台頭、東部の先行発展戦略を実施し、広州・香港・マカオ・大湾区の発展計画綱要を作成、実施する。新型都市化の中心は人にあり、報告は人間という中心をめぐって、新型都市化の品質の向上をめぐって、新型都市化の品質向上に対して具体的な配置を行う。今年、都市に定住する人口は1300万人増加した。公共交通、市場、駐車場などのサービス施設を先に発展させ、「城中村」、古いコミュニティの改造を系統的に推進し、細分化サービス、ヒューマニゼイション管理を強化する。 

  消費を積極的に拡大し、有効な投資を促進する。内需の拡大は中国発展の戦略基点だ。消費が経済発展に対する基礎的役割を強化し、消費環境を改善し、消費の新業態と新モデルを発展させ、社会力のサービス供給の増加を支持する。供給構造の改善に対する投資の肝心な役割を発揮し、民間投資を促進する政策措置を実施し、安定、透明、公平な投資環境を構築する。 

  全面開放の新構造の形成を推進する。「一帯一路」建設の推進を重点に、国際生産能力の協力を拡大し、西部、内陸と沿岸都市の開放を強化する。外商投資の安定な成長の促進をめぐって、国際一流のビジネス運営環境を建設し、市場参入を大幅に緩和し、外商投資の利便化レベルを向上する。外貿が安定の中に好転する態勢を固めるために、報告書は輸出入を促進する措置を提起しながら、輸入を積極的に拡大することを要求している。中国は平等な協商によって貿易の紛争を解決し、貿易保護主義を反対し、自国の合法的な権益を動揺せずに守ることを、報告が強調している。 

  民生レベルを保障、改善する。報告は、民衆が最も関心を寄せ、悩むことにフォーカスし、民生を保障、改善する一連の重要な措置を提起した。雇用と創業を促進し、大学卒業生などの重点グループの就職活動を展開する。住民所得増加の促進と税金の減免という二つの面から、住民所得レベルの向上に関する措置を提起した。それには、すべてのグループに利益をもたらすような政策もあれば、特別なグループに対して作成した措置もある。公平かつ高質な教育を発展する面においては、教育投入を困難地区と弱い関節に傾け、農村学生の中途退学率を削減し、都市の「ビッグクラス定員」を解消し、中小学生の課外負担が重いなどの問題を解決することを強調し、学齢前教育への教育資源の供給の強化、高等教育構造の改善に対して要求を提起した。健康中国戦略を実施する面においては、「防止」と「管理」という二つの面から配置を行い、基本医療保険と大病保険保障レベルの向上、分級診療と家庭医者の契約締結サービスを推進し、食品・薬の監視管理方法を革新させ、全民スポーツを展開することが含まれている。民衆の住宅問題をよりよく解決し、多主体供給、多ルート保障、租借・購買両立の住宅制度の構築を加速させることが要求された。また、報告は、民生保障を強化し、共建・共管・共有の社会管理構造を構築するなどの仕事を配置している。 

(著者の所属:国務院研究室)

関係論文