ご意見・ご感想

改革開放の再出発 中国にも世界にも有益

発表時間:2018-05-08 | 字体拡大 | 字体縮小

著者:倪建軍 | 出所: 光明日報(2018年4月12日)

  習近平主席は2018年ボアオ・アジアフォーラム年次総会で基調演説を発表し、各国人民が心を合わせて協力し、手を携えて前進し、人類運命共同体の構築を推し進め、平和・安全・繁栄・開放・包摂的で美しいアジアと世界の建設に努力する;中国が改革開放を堅持し、開放拡大の重大な措置を引き続き打ち出し、アジアと世界各国が素晴らしい未来を共に築くなどと強調した。基調演説によって、アジアと世界発展の方向が表明され、世界経済にプラスのエネルギーが注入され、平和協力・開放包摂・変革革新の発展環境づくりに有益だとされた。 

  今年は中国改革開放から40周年で、共産党の十九大精神の徹底した実施をスタートさせる年でもある。今回のフォーラム「開かれた革新的なアジア、繁栄し発展する世界」をテーマとする。ボアオ・アジアフォーラムは中国とアジアの成長・繁栄、更に、比較にならない中国改革の原動力と影響力を見守ってきた。習主席は40年にわたり、みんなが心を合わせれて困難を克服し、錬磨と奮進をし、適宜な環境の下で、国民一丸になり、自らの手で国家と民族発展の壮麗な史詩を書きだした、40年を通じて、中国人民は終始にわたり、胸襟を開き、世界と抱き合い、改革開放の基本政策を堅持し、開放の扉を開いて、建設に取り組み、閉鎖・半閉鎖から全方位開放への偉大な歴史的転換を実現し、世界経済成長の主要な動力源・スタビライザーとなり、人類平和・発展という崇高な事業に、中国の貢献を捧げた。 

  中国・アジアの成長・繁栄に伴い、ボアオ・アジアフォーラムの独特な位置づけと影響力が明らかになってきた。歴史の潮流に順応し、人類福祉向上の目的から、習主席は人類運命共同体の構築を提唱し、アジア地域の人民も逐次に挑戦に対応するために、アジア・人類運命共同体の意識を持ってこそ、コンセンサスに一致し、アジアの協力をよく推進できると認識した。 

  「開放の扉が閉ざされることはなく、大きく開かれるばかりだ!」習主席はスピーチで、4大開放措置を打ち出した。それぞれは:市場参入条件の大幅な緩和、より魅力的な投資環境の創造、知的財産権の保護の強化、積極的な輸入拡大。これは世界に明らかなシグナルを発した:改革を更に掘り下げ、拡大を引き続き拡大する。全面開放の新たな局面の形成を推進し、開放範囲・レベルを更に開拓し、開放の構造・体制・メカニズムを完備させ、ハイレベルの開放で高品質の発展を推し進める。 

  国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は「習主席は演説の中で、金融・保険・自動車などの分野をさらに開放し、貿易の壁を引き下げ、公平な経営環境を提供すると述べた。これらの非常に具体的な措置は、中国の開放が革新的で包括的であることを示した。この40年間の改革開放の成功を踏まえた上で、中国がこれからも引き続き成功を手にすることを信じている」と話した。国際世論によると、中国一連の措置は中国が改革開放を揺るぎなく推進すると表明し、中国にも世界にも有益で、中国と世界の共同発展・繁栄を力強く推進すると認識した。 

  現今の世界に、平和協力・開放包摂・変革革新の流れに直面し、開放・包摂・責任感のある中国の行動は冷戦思考、ゼロサムゲーム、傲慢で独善的な覇権主義・保護主義的な行いへの最も有力な反撃である。 

  40年の改革開放は中国を変え、アジア・世界・中国の関係を改変した。中国は世界経済成長の主要な動力源、スタビライザーとなった。日本経済研究センターの予想によると、2030年までに、1%の中国需要増加によって、ASEAN経済成長効果は33億ドルで、2015年の倍に相当する;1%の中国需要によって、日本に対する経済けん引効果は46憶ドルで、2015年より60%も高くなった;東南アジアと日本に対する中国1%需要の経済けん引効果は米国効果の1.4倍であるとされた。 

  中国の着実な提唱は、アジア地域に新たな発展チャンスを絶えずにもたらした。習主席はスピーチの中で、「一帯一路」イニシアチブの提唱者が中国だが、そのチャンスと成果は世界共有のものだ;「一帯一路」をグローバル化に順応する最も広範な国際協力プラットフォームを建設し、各国人民に恩恵を与えると指摘した。目下、アジア地域の諸国は「一帯一路」のチャンスと成果を獲得し、ジャカルタ―バンドン高速鉄道・中国ラオス鉄道などの重大プロジェクトが順調に推進されている。人類運命共同体の理念に基づき、「一帯一路」建設と同時に、中国は中国―ASEAN(10+1)、ASEAN-中日韓、瀾滄江―メコン川協力、東アジアサミット、アジア協力対話など、地域間協力枠組みを深く発展させ、「東アジア地域包括的経済連携」(RCEP)交渉の早期妥結を目指し、積極的にアジア・太平洋自由貿易圏(FTAAP)の建設を推進し、アジアと人類運命共同体の基礎を確実なものにし、多くの実りを結ぶよう力を入れている。 

(作者所属:中国現代国際関係研究院) 

関係論文