ご意見・ご感想

新時代の経世済民(世の中をよく治めて民を救う)思想の輝く一里塚

発表時間:2018-04-12 | 字体拡大 | 字体縮小

著者:馬建堂 | 出所:『人民日報』(2018年3月22日)

  党の第18回代表大会以来、習近平同志はマルクス主義の政治家、理論家として突っ込んだ洞察力、鋭い判断力とを強烈な歴史的責任感を持って、新時代の中国の経済をとう判断するか、経済活動にどう取り組むかなどの重要な問題にふみこんで答え、新しい発展の理念を主要内容とする習近平「新時代の中国の特色ある社会主義」経済思想を形成した。この国情に立脚し、世界に目を向け、未来をリードする経済思想は、マルクス主義の真理の輝きをきらめき、中国の特色ある社会主義政治経済学の最新の成果であり、改革開放以来、特に新時代の中国の経済建設の実践した経験を深く総括されたものであり、新時代の経済活動にしっかりとして取り組む根本的なものさしであるとともに、人類の発課題を解決するために中国の知恵と中国の案を貢献した。 

  党の経済活動に対する集中・統一した指導を強化することを堅持する 

  党の第18回代表大会以来、習近平同志を中核とする党中央は大勢を見きわめ、全局面をはかり、実益のある事をやり、安定しつつ前進を求める活動の基調を堅持し、我が国の経済発展の大局をみごとに制御し、我が国の経済実力はまた新たな段階に躍進し、社会主義現代化事業は正しい方向に沿って力強く前進した。これらの成果を獲得されたのは、まったく党中央の経済活動に対する集中的・統一的指導を堅持し、習近平「新時代の中国の特色ある社会主義」経済思想の科学的な指導によるものである。 

  党・政・軍・民・学の各方面、東・西・南・北・中の全国各地は党が一切を指導する。党の指導は中国の特色ある社会主義最も本質の特徴であり、中国の特色ある社会主義制度の最大の優位である。わが党は執政党であり、経済活動は党が治国理政(国政運営)の中心的な活動である。経済活動にしっかりと取り組むこと、これについてわが党は避けて通れない責任をもち、果たすべき責務があり、党中央は経済活動に対して必ず元締として、全面的な指導を実施しなければならない。党の経済活動に対する集中的・統一的指導を強化すること、これは衆知を集め、共通認識を形成するのに有利であって、各方面に働きかけ複合力を形成するのに有利である。2017年の中央経済工作会議において、習近平同志は次のように強調し、党の経済活動に対する集中的・統一的指導を強化することを堅持し、我が国の経済が正しい方向に沿って発展することを保証する。新時代・新任務、新チャンス・新挑戦に直面して、「四つの意識」をしっかりと確立し、自覚して党中央の権威と集中的・統一的指導を守り、習近平「新時代の中国の特色ある社会主義」経済思想で経済活動を指導することを堅持し、党の経済活動に対する集中的・統一的指導を強化することを堅持し、党の経済活動への指導能力とレベルを全面的に高めてこそ、小康社会の全面的完成の決戦に勝利することができ、勢いに乗って社会主義現代化国家の全面的建設に向けた新たな征途につくことができる。 

  人民を中心とする発展の思想を堅持する 

  「政治を為す道は、人心への順応を基本として、民生の富裕化を根本とすること」。民生は終始習近平同志が極めて関心を寄せることである。発展は人民のために、人民に頼り、発展の成果は人民が共有すること、これは、習近平「新時代の中国の特色ある社会主義」経済思想がずっと貫く「ガイドライン」である。習近平同志は次のように指摘し、人民を引率して素晴らしい生活を創り出すことは、わが党の終始一貫した奮闘目標である。必ず人民の利益を最高に置かなければならず、改革と発展の成果はより多く、より公平に国民全体に恩恵をもたらして、国民全体の共同富裕化の実現に向かって不断に邁進する。「小康を実現できるかどうか」は、肝心なのは農家の生活の富裕化」「住民の所得増を経済成長と同調にするよう推し進める」「緑の山河は金山・銀山にほかならない」「人々に新鮮な空気、清潔な水、安全・安心の食物、住み良い環境を提供し」「人民の健康を最優先にする発展することを戦略的地位に置く」などにかかっている、習近平同志のこれらの重要な指示はすでに深く人々の心に行き渡らせ、経済社会の発展を引率する重要な指針となった。 

  人民を中心とする発展の思想は人民が発展を推進する根本的な力だという唯物史観を十分に体現し、マルクス主義が人の自由・全面的な発展に関する思想の継承と発展であり、中華民族の優れた伝統文化に対する伝承と発揚であり、中国の特色ある社会主義の本質的要求を反映している。党の第18回代表大会以来、わが党は人民を中心とする発展の思想を徹底的に実行し、多くの人民に恵みをもたらす政策措置が実行され、都市と農村住民の所得増は持続的に伸びつつあり、貧困脱却堅塁攻略は歴史的な重要成果を上げ、人を本とする新しいタイプの都市化は順調に推し進め、生態環境整備は明らかな進展を成し遂げ、国家の主人となる十数億の人民はより多くより公平に改革と発展の成果を分かち合っている。現在、中国の特色ある社会主義は新時代に入って、われわれは人民を中心とする発展の思想を「五位一体(経済建設・政治建設・文化建設・社会建設・生態文明建設)」の総体的配置と「四つの全面(小康社会の全面的完成、改革の全面的深化、全面的な法に基づく国家統治、全面的な厳しい党内統治)」の協調的推進という戦略的配置の中で貫いて、終始人民の素晴らしい生活への需要を奮闘目標として堅持し、不断に人民の日増しに増大する素晴らしい生活への需要を満し、不断に社会の公平・正義を促進し、有効な社会統治、良好な社会秩序を形成し、人民に獲得感、幸福感・安全感をもたらし、それを更に充実させ、更に保障され、持続することができるようにする。 

  大局に立脚し経済社会の発展の法則を把握することを堅持する 

  経済活動をしっかりと行い、まず現在の発展段階に対して正しい判断を行い、発展の法則を正しく把握する。党の第18回代表大会以来、習近平同志は我が国の経済社会の発展の法則を正しく把握し、経済の発展段階の発展・変化と経済の動きを深く突っ込んで見通し、我が国の経済発展が新常態に入ったという重要な判断を下した。習近平同志は次のように指摘し、現在、我が国の経済発展が成長速度の変化、構造の最適化、原動力の転化の三大特徴が現れている。新常態に適応し、把握し引率すること、これは現在と今後一時期に我が国の経済発展がの大きいロジックである。我が国の経済発展が新常態に入る趨勢的特徴に適応し、それを把握し、高速成長の再現という旧い思考の論理と方式・方法を徹底的に捨てて、変化の中から一新するよう求め、変わる中で前進を求め、変わる中でブレックするー突破をはかることを堅持し、発展の質がより高い、効率がより良い、構造が更に最適化され、優位が十分に放たれた発展の新しい道を歩み出す。 

  経済の発展は新常態に入ったという重要な判断は、我が国経済の発展の現在、どんな段階と歴史的位置にあるかという問いかけに答え、新段階の経済の動きの客観的な法則を示し、われわれが国際金融危機を科学的に対応し、経済の下触れる圧力に耐え抜き、経済が終始合理的な範囲内で推移するよう確保するために、重要な役割を発揮した。これを踏まえて、2017年の中央経済工作会議では「中国の特色ある社会主義が新時代に入り、我が国の経済発展も新時代に入って、基本的特徴は我が国の経済はすでに高速成長の段階から質の高い発展を目指す段階へと切り替わっているという重要な判断を下し、更に経済社会の発展法則に対する認識を深め、質の高い発展を推進するのが当面と今後の一時期の発展構想の策定、経済政策の制定、マクロコントロールの実施における基本的な要求を明確した。 

  新しい発展理念は質の高い発展を引率することを堅持する 

  理念は行動の先導である。党の第18回代表大会以来、習近平同志を中核とする党中央は革新、調和、グリーン、開放、共有という新しい発展理念を打ち出し、わが党の発展に関する理論を新しい境界に引き上げた。五つの発展理念は互いに通じあい、促進しあい、内在的につながる集合である。その中で、革新は発展の原動力の問題を解決し、調和は発展の不均衡の問題を解決し、グリーンは人と自然の調和のとれる問題を解決し、開放は国内外連動の問題を解決し、共有は社会の公平・正義の問題を解決する。経済発展の新常態への適応から、新しい発展理念で質の高い発展の引率にまでは、習近平同志を中核とする党中央の経済社会の発展の法則に対する新しい認識を集中的に体現している。 

  新しい発展理念は習近平「新時代の中国の特色ある社会主義」経済思想の主要内容であり、新時代に質の高い発展を推進する戦略的ガイドラインであり、中国が世界の発展のヒノキ舞台で発する中国の声である。質の高い発展とは、よりよく人民の日増しに増大する素晴らしい生活の需要を満たす発展、新しい発展理念を体現する発展、革新を第一の原動力とする発展、調和が内生的な特徴、グリーンが普遍的な形態、開放が必ず通らなければならない道、共有が根本的な目的となっているのである。質の高い発展を推し進めることは、必ず我が国が「中所得の罠」のみごとな克服を推進し、必ず我が国が更に世界の舞台で中心的役割を果たすように推し進め、必ず世界の発展思想の宝庫における中国の元素を極めて大いに豊かになるであろう。 

  供給側構造改革の推進を経済活動の主軸とすることを堅持する 

  1ポイントを押さえれば、事がうまく運ぶ。主要な矛盾と矛盾の主要な面をつかむこと、これはマルクス主義・唯物弁証法の重要な方法論である。新時代に入って、旧来の発展パターンの下での旧い問題と新段階に発生している新しい問題が互い折り重なって、単に需要側の「3つの馬車(投資・消費・需要)」に頼ってはすでに発展の原動力の問題を効果的に解決しにくくなり、更に質の高い発展の問題を解決しにくくなって、差し迫って供給側に力を入れなければならず、需給のミスマッチングと重要な構造的アンバランス問題を解決する必要である。習近平同志は指摘されるように、供給側構造改革の最終の目的は需要を満すことであり、重点方向は供給の質を高め、根本的な道は改革を深めるのである。供給側構造の改善を重点方向としなければならず、生産側から着手して、供給体系の質と効率を高め、有効な供給とミドル・ハイエンドの供給を拡大し、供給側の構造の需要変化に対する適応性を強め、我が国の経済をより高い質、より効率、より公平で、更に持続することができる方向へ発展するよう促進する。 

  供給側構造改革は現在我が国の経済における多くの難題を解決する良い方法であり、我が国が良質・高効率・多様化の供給体系を形成するカギであり、構造の最適化と改革・革新を一体化したシステム設計である。「「三期重複(成長速度の変換期、構造調整の陣痛期、過去の刺激策の消化期の同時到来)」から「新常態」までから供給側構造改革までは、実践し・探求し、認識を深める過程であり、経済情勢を「どう判断するか」の問題を解決するとともに、「どうのように取り組むか」のために方向を示した。ここ数年来、われわれは供給側構造改革を主軸にすることを堅持し、過剰生産能力の解消、過剰在庫の消化、過剰債務の縮減、コストの引き下げ、脆弱部分の補強に努め、実体経済の振興に力を入れ、品質戦略の実施を深め、革新駆動による発展を推進し、国有経済の活力、制御力と影響力を強め、非公有制経済の活力と創造力を引き出し、経済発展のために強大な原動力を不断に注ぎ込んだ。現在、供給側の構造改革を主軸とすることを堅持するべく、現代化経済体系を建設し、我が国の経済がより高級な形態、分業がより最適化、構造がより合理的な段階へ進展・変化し、質の高い発展を不断に新しい進展を成し遂げるよう促進する。 

  戦略的不動心を保ち、レッドラインの思考を堅持する 

  レッドラインの思考力とは、客観的現実に基づいて最低の目標を設定し、最低の点に立脚し、最大の期待値を獲得する能力である。現在、我が国は「中所得の罠」を克服し、高所得国へ邁進する歴史段階にあり、経済、政治、文化、社会、生態および軍事などの各方面のリスクは重なり合って、直面する矛盾と問題が鋭くて複雑である。習近平同志は何度も強調されたように「『レッドラインの思考』の運用に長じて、万事は悪い所から準備し、努めて最善の結果を勝ち取り、こうしてこそ備えあれば憂いなし、事にあっても慌てないことができ、しっかりと主動権をとることができる」。事実は立証されたように、物事の発展について最も悪い結果をあらかじめ判明してこそ、万事は最悪の所から準備してこそ、レッドラインをしっかり守ることができ、努めて最も良い結果を勝ち取ることができる。戦略的不動心を保ち、レッドラインの考えを堅持するには、リスク防止を際立つ位置で置き、「図之於未萌(芽生えていないうちに図り)、慮之於未有(発生しないうちに考えておく)」、なるべく重大なリスクが現れないように努めて、たとえ重大なリスクが現れたとしても耐えられ、耐え抜くことができる。 

  重大なリスクを防止・解消することは党の第19回代表大会の定めた三大堅塁攻略戦の一つであり、我が国の経済が持続的に健全に発展する重要な保障であり、「二つの百周年」の奮闘目標と中華民族の偉大な復興という中国の夢を実現する必要条件であり、レッドラインの考えを創意的な運用でもある。経済分野の重大なリスクを防止・解消するカギは金融リスクを予防し解消することであり、系統的リスクの発生するレッドラインをしっかりと守ることである。習近平同志が経済・金融の安全を非常に重視し、金融の安全を守ることが我が国の経済社会の発展の全局に関わる戦略的、根本的な大きな事柄だと思い、「金融が安定すれば、経済が安定する」と強調している。金融の安全を捉えば経済のリスクを防止するカナメを捉えた。党の第18回代表大会以来、われわれはレッドラインの考えを堅持し、金融のリスクの防止を更に際立つ位置に置き、「流動性の逼迫」と為替レート・株式市場の異常な揺れ動くリスクを適切に対応し、適時に金融の重大事件・案件を処理し、国家の経済安全を守った。新時代に、われわれは習近平同志の要求にしたがって、本源への回帰、構造の最適化、管理監督の強化、市場志向など金融関係の仕事を行う重要な原則をしっかりと把握し、リスク防止のトップダウン設計を強化し、根本と末端うまく処理して枝葉末節と根本の関係、国際と国内の関係を上手に処理すれば、必ず系統性のリスクが発生しないレッドラインをしっかり守ることができ、国家の長期安定と人民が落ち着いて暮らし、自分の仕事に励むことができることを確保する。 

関係論文