ご意見・ご感想

我が国の経済発展が新時代入りを深く突っ込んで理解する

発表時間:2018-03-29 | 字体拡大 | 字体縮小

著者:李義平 | 出所:「人民日報」(2018年3月7日)

  習近平同志は第13期全国人民代表大会第一回会議内モンゴル代表団の審議に参加した際、次のように強調し、我が国の経済はすでに急速な成長の段階から質の高い発展段階に転換した。もしこれまでの思考にとどまって出口が見付かり難いだけでなく、良いチャンスを逃してしまう。これは新時代の経済発展を推進するカギを明示した。急速な成長段階から質の高い発展段階に転換することは、我が国の経済発展が新時代に突入する基本的な特徴である。我が国の経済発展を新たなレベルへの躍進を推進するには、必ずこの基本特徴を深く突っ込んで理解してとらえなければならず、思考方式と発展パターンを刷新し、供給側構造改革の深化に力を入れなければならない。 

  改革開放初期、我が国の経済規模が比較的に小さく、基礎が薄弱で、経済発展の余地が大きかったし、要素のコストが低くて、後発性の利点が明らかで、急速成長を実現する客観的な条件と環境が備わっていた。わが党はこれらの有利な要因をいち早く有効に活かして、経済の長期にわたって二桁の成長の推進を維持してきて、大きな発展の成果を上げた。長期にわたり努力した結果、我が国は世界の第2大経済国として発展してきた。経済発展は人の成長と同じようなものである。もし経済の急速な成長の段階は身丈が大きく成長する段階だと言えば、それでは、質の高い発展の段階はトレーニングして、ボディづくり、筋肉発達の段階であ。改革開放40年間の発展を経て、我が国の経済発展は新時代に入って、直面した客観的条件と環境は大きな変化が生じた。一方では、我が国の経済実力、科学技術の実力、国防の実力、総合的国力は世界の上位に入って、主要な社会矛盾はすでに人民の日増しに増大する素晴らしい生活の需要と発展の不均衡・不十分の矛盾に転化した。他方で、経済構造の不合理、ローエンドの生産能力の過剰、資源・環境の制約が強まり、人口の紅利(ボーナス)が少なくなり、経済発展の後発の利点が少しずつ減っている問題が表面化し、差し迫って適切な措置を講じて際立った問題を解決しなければならず、質の高い発展する要求に基づいて、経済のパターン転換・高度化、持続的に健全な発展を推し進めるべきである。 

  質の高い発展を推進するには、必ず習近平「新時代の中国の特色ある社会主義」経済思想を指導としなければならなず、供給側構造改革を深める。経済の発展は経済成長とは異なっている。経済の成長は通常経済総量の増加を指していうが、経済発展の内包はより豊富である。質の高い発展は一般的に言った製品の質的向上を含むだけでなく、産業のレベルの向上、製品構造の最適化、産業分布の合理化、資源配置の最適化、資本の限界効率の向上を含んで、現代経済体系を構築し、経済発展の持続可能性を強める。したがって、必ず供給側構造改革という主軸をしっかりととらえなければならず、全要素の生産性の向上を通じて革新駆動の発展戦略を実施して発展の質を高める。習近平同志は次のように深く指摘し、「国際経験から見ると、国家の発展は根本的には供給側による推進にたよらなければならない。度重なる科学技術・産業革命が、度重なる生産力の向上をもたらし、予想できないほどの供給能力を創出した」。我が国の経済発展の中の深層にある構造的な矛盾と問題を解決し、質の高い発展を推進するには、必ず供給側構造改革の深化に依拠しなければならず、絶えず実体経済を強大化にする。革新駆動の発展戦略の実施に大いに力を入れ、絶えず産業構造の調整・最適化をはかり、製品の質を高め、新しい経済成長分野を育成し、真に経済発展の質的変革、効率の変革、原動力の変革を実現する。 

  我が国の経済が急速な成長段階から質の高い発展段階に転換するのは経済発展の客観的な法則によるものであり、質の高い発展の推進は我が国の主要な社会矛盾の変化に適応し、期限どおりに小康社会の全面的完成と社会主義現代化強国建設の全面的完成の必然的な要求である。質の高い発展を推進するには、われわれに経済成長率を一方に追求するこれまで思考とやり方の中から解き出すよう求めて、単に経済成長率を追及する従来のパターンがすでに果てに行きつき、資源の効果的配置にマイナスになるだけでなく、人民の素晴らし生活への需要を満すことができなくなり、必ず発展の方式を転換しなければならず、立ち後れた生産能力を淘汰し、さらに発展・革新に有利な制度的取り決めと各方面の条件を生み出すべきである。したがって、科学的かつ合理的な指標体系、政策体系、標準体系、統計体系、業績評価体系、治績評価体系を構築し、真に市場に資源の配置の中で決定的な役割を発揮させ、政府の役割をよりよく発揮させ、我が国の経済発展の質と効率を絶えず高める。 

(作者部門、中国人民大学)

関係論文