ご意見・ご感想

新しい発展理念と我が国の主要な社会矛盾の解決

発表時間:2018-03-16 | 字体拡大 | 字体縮小

著者:陳梓睿、彭璧玉 | 出所:「光明日報」(2018年2月5日11面)

  党の第19回代表大会の報告は我が国の生産力の発展の水準の向上、人民生活の需要のレベルと人民の生活を満たすことに影響する主要な要因に基づいて、我が国の主要な社会矛盾に対して新しい判断を下して、我が国社会の主要な矛盾がすでに人民の日増しに増大する素晴らしい生活への需要と発展の不均衡・不十分との矛盾へと変化していると指摘し、これは党の第19回代表大会の報告の重要な理論の刷新である。主要な社会矛盾の変化は全局に関わる歴史的な変化であり、党と国家の発展戦略、発展理念に対して多くの新しい要求を打ち出した。新しい発展理念の堅持は、新時代に中国の特色ある社会主義を堅持・発展する基本方策の一つである。新しい発展理念を堅持し、質のより高い、より効率的、より公平で、より持続可能な発展を実現することは、発展の不均衡・不十分の問題を解決し、人民の日増しに増大するすばらしい生活の需要を満すのに有利であって、我が国の主要な社会矛盾を解決するには必ず通らなければならない道である。 

  新しい発展理念は発展の不均衡の問題を解決するのに有利である。発展の不均衡は現在我が国の経済社会の発展に直面する際立った矛盾と問題であり、主に生産力のレベル、都市と農村、地域間、経済と社会、物質文明と精神文明などの面で発展の不均衡を表し、これは我が国の主要な社会矛盾の主要な方面である。新しい発展理念には発展の不均衡の問題を解決する方向付けと機能が含まれる。革新は発展を牽引する第1の原動力であり、現代化経済体系を建設するための戦略的サポートであり、革新・発展は発展の不均衡の問題の解決に対して重要な意味がある。中西部地区と東北などの旧工業基地が科学技術、産業形態と管理パターンの革新を通じて、始めて後の者が先の者を追い越すことができ、発展の優位を勝ち取って、追いつき追いこす発展を実現して東部地域との発展の格差を縮小する。調和発展は都市と農村、地域間の格差を縮小して発展の脆弱な部分を補強して、都市と農村、地域間、経済と社会、物質文明と精神文明の調和のとれた発展を促進する。党の第19回代表大会の報告の提起した農村振興戦略、区域間の調和発展戦略は、調和発展の理念の徹底であり、都市と農村の融合・発展の体制・仕組みと政策体系の整備・充実を通じて、農業と農村の現代化推進を加速し、都市と農村の調和発展を推進する。異なる地域の差別化発展戦略の実施により、更なる有効な地域調和発展の新しい仕組みを確立し、地域間の調和発展を推進する。党の第18回代表大会以来、内陸と辺境地域の開放が著しい発展を遂げたが、全体として依然として対外・開放の窪地(立ち遅れたところ)であり、労働力が豊富で、自然資源がに富んで、インフラが絶えず改善する優位がある。開放・発展の実施により、開放に力を入れて、沿海の開放を深化するとともに、内陸と辺境地区の窪地(立ち遅れたところ)を開放の進む地方にするようを推し進め、陸海国内外連動・東西双方向支え合う開放の枠組みを形成して、区域間調和発展の新しい枠組みを形成するのに有利である。発展共有の趣旨は異なる層の生活水準、所得レベル、社会保障水準の格差の縮小にあり、改革と発展の成果をより多く、より公平に人民の全体に恩恵をもたらし、階層間の発展度合いの均衡を実現するよう努めなければならない。したがって、新しい発展理念の実施は多くの面で発展の不均衡の問題の解決を促進する。 

  新しい発展理念は発展不十分の問題を解決するのに有利である。不均衡・不十分は区別して関わりのある2大問題である。一方は、発展の不均衡は主に構造についていうが、発展不十分は主に程度を言っており、二者の重点が異なる。他方で、発展の不平衡の原因は発展の不十分を含んでおり、発展の不十分は発展の不均衡を激化し、二者は密接につながっている。新しい発展理念は発展の不均衡の問題を解決するのに有利であって、発展の不十分の問題を解決するのにも役立つ。我が国の発展の不十分の問題は主として発展の質、革新能力、社会保障、公共サービスなどの面で現れている。新しい発展理念には発展の不十分の問題を解決する方向付けと機能が含まれている。革新・発展は経済の発展のために新しい原動力を提供し、経済発展の動力が投資による駆動、要素による駆動から革新による駆動への転換、経済構造の最適化に役立ち、技術革新で発展の質を高め、我が国の経済は高速成長の段階から質の高い発展の段階への転換を実現し、革新の程度とレベルを高め、我が国の経済発展の質的不十分、革新能力の不十分の問題を解決する。我が国の都市と農村の発展は不十分である原因といえば、農村の発展は不十分なことがその中の重要な原因であり、調和発展を通じて農村のインフラ、公共サービス体系を改善し、我が国農村の社会保障、公共サービスの発展の不十分の問題を解決するのに有利である。党の第18回代表大会以来、我が国の生態文明建設の成果は著しかったし、各地はグリーン発展理念を貫徹する自覚と主体性が著しく強くなったが、汚染の予防・対策の堅塁攻略戦は依然として小康社会の全面的完成の直面する重要な任務であり、我が国の生態環境の保護の不十分の問題を解決するには、グリーン発展の道をあゆまなければならない。対外開放の不十分も我が国の発展が直面する問題あり、開放・発展を通じて、特に「一帯一路」建設の推進に従って、より高いレベルの開放型経済を発展し、主動的に経済のグローバル化のプロセスに参与し、それを推し進め、世界経済ガバナンスの中で我が国の制度的発言権を高め、我が国の開放の不十分の問題を解決し、開放する空間の拡大に役立つのである。社会保障の不十分も現在我が国の経済社会の発展が直面する際立った問題であり、もし効果的に解決することができなければ人民の生活の質と福祉の水準に影響を及ぼすのであり、小康社会の全面的完成のプロセスを遅らせて、共有発展は社会保障の不十分の問題を解決する発展理念であり、共有発展を通じて社会保障の仕組みを次第に十全化し、都市と農村をカバーする社会保障システムを形成し、社会保障の程度とレベルを高めるのに有利である。新しい発展理念の実施は多くの面で発展の不十分の問題の解決を促進すると言ってよい。 

  新しい発展理念は人民の日増しに増大する素晴らしい生活の需要を満すのに有利である。経済社会の発展と生活水準の高まりに従って、人民は物質・文化生活物質文化生活への要求がより高いものになってきているだけでなく、民主・法治・公平・正義・安全・環境などの面での要求も日増しに増大しており、主要な社会矛盾はこの要求に順応して提起されたのである。新しい発展理念は発展の不均衡・不十分の問題の解決を推進すること、とどのつまり、人民の日増しに増大する素晴らしい生活を満すための必要である。具体的に言えば、革新・発展を通じて、理論革新、制度革新、文化革新を推進し、社会主義民主政治の制度化、規範化、手続き化を推し進め、人民が法律に基いて様々なルートで国家の事柄、経済・文化事業、社会の事柄を管理できることを保証して、文化事業と文化産業の発展を推進し、人民の民主・法治、文化関連の消費の面で日増しに増大する需要を満すのに有利である。調和発展を通じて、都市と農村、地域間の調和発展を実現するとともに、経済建設、政治建設、文化建設、社会建設、生態文明建設を調和をとって推し進めてこそ、全面的な、豊富で成長し続ける人民の需要をよりよく満すことができる。グリーンは人民の素晴らしい生活へのあこがれの重要な方面で、グリーン発展は自然を尊重し、自然に順応し、自然をまもることを求めて、断固として生産を発展させ、生活が富裕化し、生態が良好な文明な文明的発展の道を歩み、経済が発展するとともに、より多くの良質の生態製品を提供し人民の日増しに増大する優れた生態環境の需要を満し、人と自然の調和共生を実現する。開放・発展を通じて、海外からの導入と海外進出を結合することを堅持し、国家間、企業間の経済協力と文化交流を増進し、人民の日増しに増大する対外交流の需要を満すのに有利である。共有は中国の特色ある社会主義の本質的要請であり、共有発展を通じて、絶えず人民の福祉を増進し、社会の公平・正義を促進し、中国の特色ある社会主義制度の公平・正義に対する追求と保障を明らかに示し、人民の公平・正義に対する日増しに増大する需要を満すに有利である。したがって、新しい発展理念を堅持することは多方面から人民の期待とあこがれに応え、人民の日増しに増大する素晴らしい生活の需要を満すのである。 

  新しい発展理念は別に直接我が国の主要な社会矛盾に対して提起するものではなかったが、それは我が国の経済社会発展の直面する際立った矛盾に対して問題を打ち出したのであり、これらの際立った矛盾と問題は我が国の主要な社会矛盾の具体的な体現であるから、新しい発展理念は我が国の主要な社会矛盾を解決するのに重要な役割を果たしている。新しい発展理念は我が国社会の主要な矛盾を解決する発展理念であり、新しい発展理念を堅持することは我が国の主要な社会矛盾を解決するための内的要求であると言ってよいのである。 

(作者、陳梓睿、華南師範大学経済・管理学院博士院生、彭璧玉、華南師範大学経済・管理学院院長)

関係論文