ご意見・ご感想

中国は世界の発展のために新しい貢献を

発表時間:2018-02-28 | 字体拡大 | 字体縮小

著者:張軍 | 出所:「人民日報」(2018年01月25日)

  高速成長から質の高い発展へと切り替る中国は、世界経済のために多くのポジティブエネルギーを提供している  

  2017年、世界経済が10年の低迷を経た後、景気が好転していく勢いが現れた。国際機関の統計によると、2017年に世界経済が3.7%伸び、世界の約120の経済体は同時に経済成長がを実現し、世界経済は2010年以来の最も良い情勢が現れた。この成果を得たのは容易なことではない。国際社会はあまねく、中国が世界経済の回復のために際立った貢献をしたと認識している。 

  確かに、過去1年来、中国の経済は特に好調を見せた。 

  中国の経済成長は世界経済に力強い原動力を注ぎ込んだ。2017年、中国のGDPは82兆7000億元に達し、2016年同期比6.9%増えた。年間で実現した経済の増加分が、1つの中等規模の経済大国に相当する。中国は開放型経済づくりに力を入れ、2017年の対外投資が1200億ドル、貨物の輸入が12.46兆元、各国のために広々とした市場のチャンス、投資のチャンス、発展のチャンスを提供した。中国の海外旅行者数が延べ1億2900万人に達し、各国の消費を力強く牽引した。活力に満ちあふれた強靭的な中国経済は、引き続き世界経済成長の重しと原動力を演じる役割りを果たしている。 

  中国は経済のグローバル化の発展を積極的に導いている。2017年の初め、各方面が経済のグローバル化に困惑に陥った時、習近平主席はダボス世界経済フォーラムで基調演説を発表し、経済のグローバル化をいっそう開放的・包摂的・互恵的・均衡的・ウィンウィンな方向に発展するよう導いて、人の心を安定させ、自信を高めて、重要なリード的役割を発揮した。中国は自ら発展した実践を結び付け、20国グループ、APECなどのプラットフォームを活かして、開放型世界経済の構築を推し進めて、デジタル経済とイノベーション発展を提唱し、地域協力と自由貿易区整備を促進して、世界経済のために知恵を貢献した。 

  中国は国際協力のためによく受ける公共製品を提供した。中国の提起した「一帯一路」提案は、現在世界範囲で最も人気のある国際公共製品の一つである。現在、100余りの国家と国際機関が異なる形式で「一帯一路」建設に参与し、80余りの国々と国際機関は中国と協力協定を締結した。「一帯一路」国際協力サミットフォーラムが270項目余りの実りの多い成果を結んだ。多くの相互連結プロジェクトが参与国の発展する環境を改善し、地域協力の余地と潜在力を拡大した。「一帯一路」は共同協議・共同建設・共同享受の理念をもって、グローバル統治(ガバナンス)の充実化のために新しい方向を示し、国際協力のために新しいモデルを提供した。   

  中国は世界の難題を解決する案を提供した。中国は国連2030年持続可能な発展アジェンダの実行を非常に重視し、実際行動で世界の挑戦に対応して共同発展を実現するために貢献している。中国は人民を中心とする発展の思想をしっかりと貫徹して、人民の生活水準と質がひき続き高めた。2017年もまた1000数万の貧困人口が貧困から脱却して、2020年の現行の標準下で農村の貧困人口が貧困脱却する目標に向けて着実に邁進している。中国は気候変動の挑戦に積極的に対応し、生態文明の建設の推進に力を入れ、汚染の予防・対策に著しい進展を遂げ、空が更に青く、水は更に清らかになった。中国は発展方式の転換に力を入れ、供給側構造改革を推し進め、各国の発展の道を探求するために役に立つ参考を提供した。急成長から質の高い発展へと切り替る中国は、世界経済のためにますます多くのポジティブエネルギーを提供した。 

  党の第19回全国代表大会は小康社会の全面的完成の決戦に勝利し、社会主義現代化国家の全面的建設に向けた新たな征途についた。中国は互恵ウィンウィン開放戦略を遂行し、開放型世界経済の建設に力を尽くし、新型国際関係づくり、人類運命共同体の構築を推し進めている。中国は自分の担った責任をよくわきまえて、尽くすべき責任をはたしているのである。同時に、素晴らしい世界を建設するには、各国の共同努力が必要で、各国がまず自国がすべき事をしっかりと行う必要である。目はただ他の人だけを注視する人がいて、他国の発展の紅利(ボーナス)を享受するとともに、さまざまな「脅す」と「罠」の大げさな宣伝に熱中して、これは無責任なやり方である。ダボスで行った世界経済フォーラムのテーマが「分化の世界の中で運命共同体の構築」である。われわれは、各国はみなこの課題を深く突っ込んで考え、共に努力して、世界の発展する正しい方向をしっかりととらえるよう望んでいる。 

(作者部門、外交部)

関係論文