ご意見・ご感想

中国特色のある社会主義が新時代に入ったことの

発表時間:2018-02-07 | 字体拡大 | 字体縮小

著者:戴木才 | 出所:『光明日報』(2018年01月08日)

  「長期的な努力によって、中国特色のある社会主義は新時代に入った。それは中国発展の新たな歴史的方向だ。」と習近平総書記が党の十九大報告で指摘している。中国特色のある社会主義が新時代に入ったという重大な論断は、中国特色のある社会主義発展の歴史的ロジック、理論的ロジックと実践的ロジックによって決定されたことで、近代以来幾多の困難を乗り越えてきた中華民族が立ち直り、裕福になり、強くなるという偉大なる飛躍を迎え、中華民族の偉大なる復興を実現する明るい見通しを迎えたこと意味し、科学社会主義が二十一世紀の中国で強い生機と活力を煥発し、世界で中国特色のある社会主義の偉大なる旗を高く揚げることを意味し、中国特色のある社会主義道路、理論、制度、文化が発展し続け、発展途上国が現代化へのルートを拡張し、世界で発展を加速させながら自国の独立性を保ちたい国と民族に斬新な選択肢を与え、人類問題の解決に中国知恵と中国方案を提供したことを意味している。 

  中国特色のある社会主義が新時代に入ったことの歴史的ロジック 

  歴史は時代の発展を描く客観的な記録だ。歴史の絵巻を開けば、中華民族は五千年以上の文明歴史を持ち、輝かしい中華文明を作り出し、人類のために優れた貢献をし、世界で偉大な民族になった。しかし、鴉片戦争後、中国は内憂外患の暗い境地に陥れ、中国人民は戦乱が頻繁に起こり、山河が滅裂し、人民が安心して暮らせない苦難を経験してきたため、民族独立と人民解放の実現、国家裕福と人民裕福の実現は近代以来、中国が直面する二大の歴史的任務になった。この歴史的任務は、中華民族が立ち直り、裕福になり、強くなることを要求している。中国共産党の百年にわたる困難に満ちた奮闘歴程は、立ち直り、裕福になり、強くなるという歴史的ロジックを充分に現れている。 

  中華民族の偉大なる復興を実現するために、無数の仁愛のある正義の人たちはどんな困難にも屈せずに、前の者が進めば後の者もこれに続いて進んで、洋務運動、戊戌の変法、辛亥革命など、人を感動させ涙にむせばせるような戦いと様々な試みをしてきた。しかし、そのいずれも失敗した。このプロセスにおいては、中国共産党だけは正確な理論を指導に、中国革命の道を見つけ、最終的に偉大な勝利を獲得した。それに基づいて、中国の基本的国情に相応しい社会主義の基本的制度を構築し、社会主義建設を推進し、中華民族の歴史が始まって以来の最も広くて深い社会変革を完成し、現代中国のすべての発展と進歩のために根本的な政治前提と基本制度の基礎を確かめ、中華民族が近代の衰弱から運命の逆転、繁栄・裕福になるという偉大なる飛躍を実現した。この時期に、社会主義基本制度は確かに、中華民族が立ち直り、裕福になり、強くなるために根本的な制度基礎を打ち立てたが、歴史的段階からみれば、中国はまだ遅れを取り、立ち直ろうとする発展時期にあった。 

  新中国が成立して以来、社会主義建設道路を探索する成功と失敗の両方の経験を総括したうえで、中国共産党は、中国特色のある社会主義という国家を強く、人民を裕福にする強国富民の道を切り開いた。改革開放は、現代中国の運命を決定する肝心な一歩で、現代中国で最も鮮明な特色で、その実質は社会主義制度の自己改善と発展だ。立ち直ったうえで、中国は中国特色のある社会主義道路で奮闘し続け、全世界に知られる「中国奇跡」を作り出した。この時期に、物質文化の面では、共産党は確かに中華民族が裕福になり、強くなるために堅実な社会基礎を打ち立てたが、歴史的段階から見れば、中国はまだ立ち直りから裕福になる発展時期にあった。 

  党の十八大以来、習近平氏を中核とする党中央は、現代世界と現代中国発展の動向を科学的に把握し、実践要求と人民の願望に順応し、一連の新理念・新思想・新戦略を提案し、一連の重要な方針政策を実施し、一連の重要な措置を実施し、一連の重要な仕事を推進し、長期的に解決しようとしても解決できない難問を解決し、過去にやりたくてもできなかったことを成し遂げ、党と国家事業の歴史的変革を推進した。歴史的成果は全方位的、創始的なもので、歴史的変革は深層的、根本的なことだ。これらの歴史的成果と歴史的変革は、中国発展は新たな歴史的起点に立ったことを意味し、中国特色のある社会主義が新時代に入ったことを意味している。立ち直り、裕福になったうえで、この時期は、中華民族が偉大なる復興を実現する明るい見通しを迎え、中華民族が裕福になることから強くなる発展時期に入ることを意味している。 

  中国特色のある社会主義が新時代に入ったことの理論的ロジック 

  思想は時代の発展を指導する行動指南だ。中華民族近代以来の二大歴史的任務を探索、完成するために奮闘してきたプロセスにおいて、中国共産党だけがマルクス主義の基本的原理と中国の基本的国情を結合した正確な指導思想を見つけ、中国のような歴史が長く、人口が多く、衰弱で貧しい大国がいかに中国革命闘争の勝利を獲得するか、新民主義革命がいかに社会主義建設へ転換するか、どんな社会主義を建設するか、社会主義をいかに建設するかという重要な問題に対して科学的かつ時代性のある回答を出し、科学的回答が時代課題の解決、時代発展の需要に相応しいマルクス中国化理論成果を形成し、中国社会主義革命と建設、改革開放の偉大なる事業が新たな境界を切り開くように指導した。中国共産党の百年ぐらいの苦難に満ちた奮闘歴程は、立ち直り、裕福になることから強くなることへの転換の理論的ロジックを充分に現わしている。 

  毛沢東思想は中国革命の性質、対象、任務、動力に科学的に回答し、新民主主義革命から社会主義までの二段階戦略を提出し、無産階級が指導し、人民大衆に属し、帝国主義、封建主義、官僚資本主義に反対する新民主主義革命の綱領を作成し、中国革命が偉大なる勝利を獲得したように指導し、社会主義建設を初歩的に探索し、中華民族が遅れをとることから立ち直ることへの転換に思想指導と行動案内を提供した。 

  改革開放以来、中国特色のある社会主義の偉大なる実践の中で、鄧小平理論、「三つの代表」重要思想、科学発展観を始めとする中国特色のある社会主義理論システムは、「社会主義とは何か、社会主義をどのように建設するか」「どんな党を建設するか、党をどのように建設するか」「どんな発展を実現するか、どのように発展するか」という時代的課題に鮮明な回答を出し、そして解決した。それは、中華民族が立ち直ることから裕福になることへの転換に思想指導と行動案内を提供した。 

  党の十八大以来、「新時代にどんな中国特色のある社会主義を堅持、発展すべきか、中国特色のある社会主義をどのように堅持、発展すべきか」という重要な時代的課題をめぐって、習近平氏を中核とする党中央は、マルクス主義の基本的原理と中国の実際との結合を堅持し、難しい理論探索を行い、重大な理論革新成果を成し遂げ、習近平新時代の中国特色のある社会主義思想を形成した。習近平新時代の中国特色のある社会主義思想は、中国特色のある社会主義を堅持、発展し、その総任務が社会主義の現代化と中華民族の偉大なる復興を実現することだで、小康社会の全面的な建設に基づき、二段階に分けて発展し、21世紀の中頃までに富強・民主・文明・調和・美しい社会主義現代化強国のを完成し、中華民族が裕福になることから強くなることへの転換に思想指導と行動案内を提供した。 

  中国特色のある社会主義が新時代に入ったことの実践的ロジック 

  実践は時代の発展を推進する真の力だ。中国のような生産力が遅れて、商品経済が発達しない条件で社会主義を建設することは、社会主義を建設、発展する他の国とは異なるに違いない。中国の基本的国情は、中国社会主義制度の発展と改善が長期的な歴史過程であることを決定下。我々は、中国が今もなお、そしてこれからも長期にわたって社会主義の初級段階にあるという基本的国情を正視し、この初級段階を越えてはならない。また、社会主義初級段階の発展プロセスでは、若干の具体的な発展段階を経験しなければならない。異なる時期には異なる段階的特徴が現れる。社会主義の初級段階という実際から出発し、中国共産党は三段階発展戦略、「二つの百年」奮闘目標を提案し、実践の面中華民族が引き続き高速成長し、繁栄・富強に向けて発展し続けるように推進し、立ち直り、裕福になることから強くなることへの転換の実践的ロジックを充分に現れている。 

  新中国が成立して以来、中国社会主義革命と建設の約30年にわたる発展は幾多の曲折がある発展歴程を経験し、輝かしい成果もあれば、重大な挫折も、深刻なミスもある。しかし、それは、中国特色のある社会主義道路を切り開くために根本的な政治前提と制度基礎、国際環境基礎と経済発展基礎を確かめ、貴重な歴史的経験を積み重ね、中華民族が立ち直り、裕福になるために堅実な基礎を打ち立てた。それに基づき、共産党は、中国の国情に相応しい社会主義道路の探索という任務を提案し、社会主義現代化建設に取り組み、国家富強と人民裕福の実現を推進している。 

  改革開放以来、中国は世界情勢と発展の変化に影響を齎すような重要な発展途中大国になってきた。「改革開放の初期、我が党は自分の道を歩み、中国特色のある社会主義を建設すると呼びかけていた。その時から、我が党は全国各民族の人民をけん引して奮闘し続け、中国の経済実力、科学技術実力、国防実力、総合的国力が世界前列に仲間入りするように推進し、中国の国際地位が空前に上昇し、党の姿、国の姿、人民の姿、軍隊の姿、中華民族の姿がかつてない変化をするように推進してきた。中華民族は斬新な姿で世界の東方に高くそびえ立っている。」と習近平総書記が指摘している。中国経済総量は2010年に世界の第二位になり、2016年に中国の国内総生産は744127億元に達し、1978年の204.15倍になり、中国の基本的な裕福と強くなり始めたことを現わした。 

  党の十九大は小康社会の全面的な完成に基づき、中華民族の偉大なる復興という青写真と願望を目指して、2035年までに社会主義現代化を全面的に実現し、21世紀の中頃までに中国を富強・民主・文明・調和・美しい社会主義現代化強国に建設するという戦略的配置を明確に提案した。中国特色のある社会主義は新時代に入った。それは、中国社会主義が位置する歴史的段階に対する判断を変えるのではなく、中国社会の主な矛盾がすでに人民の日増しに増大するすばらしい生活への需要と不均衡・不十分な発展の間の矛盾に変化したことに気づくことを要求し、人間の全面的発展、社会の全面的進歩をより良く推進することを要求している。このような全局に関わる歴史的変化は、党と国の仕事に対して数多くの新しい要求を提出した。中国特色のある社会主義は新時代に入り、我が党が全党、全軍、全国の各族人民に対して中華民族の富強を実現する動員令を出したことを意味し、我が党が中華民族が立ち直り、裕福になり、強くなる新征途を開始したことを意味し、中国が立ち直り、裕福になり、強くなる偉大なる飛躍を実現することを意味している。 

(著者:教育部中国特色のある社会主義理論システム研究センターの特別研究員)

関係論文