ご意見・ご感想

構造的改革、中国が出した根治の処方

発表時間:2017-07-13 | 字体拡大 | 字体縮小

著者:呉秋余 | 出所:『人民日報』

  世界経済成長が低迷する中、中国経済が安定な成長を保ったのは、構造的改革で方向を明らかにし、道を見つけたからだ。

  世界の注目を集める中国の構造的改革は再び評価された。近日、経済協力開発機構(OECD)が提出した『G20構造的改革の進展に関する技術性評価報告書』によると、中国の構造的改革は積極的な進展を成し遂げ、効果が著しい。G20の蔵相と中央銀行の総裁に認められたこの報告書によって、世界は経済の低迷を脱出する希望の光を見た。

  国際金融危機以来の実践では、頭が痛めば頭を治療し、足が痛めば足を治療するような経済刺激政策は、世界経済を沼から脱出させることもできないのみならず、伝統的な財政と貨幣政策のエッジ 効果を少しずつ減らしていく。当面、構造的問題は、世界経済が緩やかに回復する根本的な原因で、発達国の構造的改革の進展が全体的に遅れをとり、成長の内的動力が不足しており、世界経済の複雑性、不安定性、不確定性もさらに著しくなってきた。

  しかし、病気がひどくなると、手当たりしだいに医者に診てもらってはいけない。症状によって薬を決めることは難問を解決するための根治の道だ。経済新常態における新問題に直面し、中国は大規模な強い刺激政策をとらずに、当面経済の主要な矛盾の解決から、供給側の構造的改革の推進に力を入れてきた。OECDの報告書によると、中国人の一人当たりの所得の成長は、国際金融危機の前と比べて少し緩やかになったが、依然として高いレベルを持っている。世界経済成長が低迷する中、中国経済が安定な成長を保ったのは、構造的改革で方向を明らかにし、道を見つけたからだ。供給側の構造的改革という「秘本」は、世界経済の復興に根治の策を提供し、国際社会の普遍的な評価を得た。

  中国方案の成功は、成長方式の転換に由来している。飛行機が空中での旋回、メタンハイドレートの安定な採掘から、第四代高温ガス冷却炉の原子力発電技術まで、中国経済は投資によるけん引から革新による駆動の歴史的変換の段階にある。供給の質の向上を主要方向とする供給側の構造的改革は、重複で効果の低い過剰化した生産能力を大量に解消し、ハイテク、新興業態、新ビジネスモデルのために成長の階段を構築した。インタネット、ビッグデータ、クラウドコンピューティングの普及と応用によって、伝統的な産業は生命力を煥発し、新動力は主役としての役割を果たすようになった。2016年、不変価格購買力の平価レベルで判断すれば、中国動労生産率のレベルは2007年の国際金融危機の前より倍増し、経済成長の内的動力が強化していることを反映している。

  中国方案の成功は、経済構造の調整に由来している。新常態において、経済成長の転換に、構造的調整と動力の転換が相まっている。7%以下の経済成長率には、4年間連続で年平均1300万人以上の新規雇用が対応し、中国経済成長の向上を示している。2016年、中国第三次産業の成長率は7.8%で、GDPの51.6%を占め、前年同期比で1.4%向上し、サービス貿易額が始めて5兆元を超え、世界第二位のサービス輸入国と第三位のサービス輸出国となった。世界をみれば、中国が経済構造の成長を推進し、世界経済の重大なり利益となった。「一帯一路」建設の深い推進につれて、共同発展繁栄の時代の絵巻が日増しに明確になっていく。

  中国方案の成功は、改革の全面的な深化に由来している。改革は最大のボーナスで、発展を推進するための根本的なルートだ。政府機構の簡素化と権限の委譲は、行政の関与を大幅に減少し、全体的な経済効率を向上し、市場主体に対する制約を緩和した。税金と費用の減少は、毎年、市場主体のために1兆元以上を節約し、企業が軽装備で戦場に赴き、存分に腕前を発揮するように支援した。ネガティブリストは、業界の参入障壁を破り、投資貿易の利便化を促進し、自由貿易区は新しい改革開放の突撃らっぱを鳴らした。第十八回三中全会で描かれた改革路線図が順調に展開し、主要分野における「四梁八柱」の性格を持つ改革は基本的に実施され、中国の「改革」はより強い発展の動力を呼び起こしている。

  「改革の際にあたって、恐れるゆえに何もしなければ、潮時を逃すと害になる。」構造的改革は中国経済新常態の次の堅塁攻略戦で、より複雑な任務が待っている。評価に対して、しっかりと根を張った竹のように決してぶれたり手を抜いたりしない。困難を恐れずに改革を展開し、リスクを恐れずに回避せず、陣痛を恐れずに前に進み、供給側の構造的改革によって新常態をけん引することを堅持し、中国経済をより高質、より効率的、より公平、より持続可能な方向へ推進する。

関係論文