ご意見・ご感想

経済の新常態顕が構造的な積極的要素を示す

発表時間:2015-11-10 | 字体拡大 | 字体縮小

著者:唐瑋婕 | 出所:文匯報

  経済の新常態顕が構造的な積極的要素を示す

  ――「大衆創業、万民革新」と公共製品、公共サービスの増加がこれから経済成長の新しい原動力になると見込まれる

  自国が経済構造の調整する圧力に臨み、世界経済の回復の過程がまた「もうろうとしてはっきりしないという大きな背景の下、中国経済は第3四半期に「GDP同時期比6.9%伸びという成果を出した。これは6年来GDP伸び率が初めて7%を下回ったが、総じて言えば、マクロ経済の情勢が依然として好調に向かっており、経済の新常態の下、成長のギアチェンジ、構造の調整、動力の転換はすべて秩序立って進み、「大衆創業、万民革新」と公共製品増、公共サービス増の「ダブルエンジン」がこれからの経済発展の新しい原動力になると見込まれる。

  成長率は依然として合理的な区間にある

  これは中国がGDPの四半期ごと計算する新しい基準の導入後、統計局が初めてGDPを公表した。各四半期を見ると、第1四半期にGDP伸び率は同時期比7.0%、第2四半期に7.0%、第3四半期に6.9%であった。

  7%を下回った状況について、国家統計局スポークスマン盛来運が次のように考えており、国際と国内の要因が積み重ねて、第3四半期に経済の減速する圧力が大くなり、これはGDP伸び率はある程度下落した主な要因であると。

  もしも国内の視角から見れば、現在中国は依然として構造調整の肝心な段階にあり、在来産業は「在庫減」だけでなく、確実に「過剰生産能力が解消され」、鋼鉄、セメント、建築材のなど生産能力過剰の業界はすべて成長率が下がったと見られている。

  盛来運が、伸び率がいくらか下落したが、これまでの3つの四半期、新規就業が年間の計画目標を超過達成し、25歳~60歳までの就職適齢人口の調査失業率がずっと安定を保った。消費者物価は1月~9月までわずか1.4%上昇し、住民所得は比較的速い伸び率を保たれ、GDPの伸び率より高かった。こうした指標は当面中国経済は全体としてやはり比較的安定しており、今なお合理的な区間にあると物語っている。

  構造調整は着実に進めている

  専門家は次のように見ており、昨日公表されたデータを見ると、中国経済の構造適正化が着実に進んで、多くの素晴らしい積極的な要素が現れた。

  その中で、今年の3つの四半期、第3次産業の付加価値は250779億元に達して、8.4%伸びた。前年度の、同期比3.8%伸びた第1次産業、同期比6.0%伸びた第2次産業と比べて、サービス業は比較的に速い伸びを実現し、工業の主導からサービス業の主導へ転換する傾向は更に明らかになる。第3次産業のGDPにを占めるウェートは51.4%で、昨年同期比2.3%高くなり、第2次産業のそれを10.8%上回った。事実上、第3次産業のGDPに対する寄与率が引き続き上昇し、これはある程度経済構造のパターン転換は依然として進んでいることを反映し、しかもより合理的な方向に向かっている。

  それ以外に、需要構造から言うと、3つの四半期の純輸出、消費と固定資本形成のGDPに対する寄与率がそれぞれ-1.8%、58.4%と43.4%である。その中で、消費のGDPに対する寄与率は前年同期比9.3%伸びた。これについて、国務院参事官夏斌は次のように表示し、「経済の減速に伴って、一部の産業、企業の問題は浮き彫りになるにもかかわらず、この過程でわれわれは改革、創業、リスク防止を強調し、比較的良い効果を収めた」。

  新しい原動力の育成、成長が加速される

  特に取り上げるべきは、中央の一連の「大衆創業、万民革新」政策の推進した下、中国の新産業、新業態、新製品、ニューエコノミー、新しい原動力の育成は加速された。1月~9月まで、オンライン小売り額の伸び約40%、新製品、新エネルギー自動車の販売はすべて倍増した。工業構造の中で、1月~9月までハイテク産業の付加価値の伸び率は10.4%となり、一定規模以上の工業の伸び率を4.2%上回った。これらのデータは中国の経済が良好なパターン転換と高度化の勢いを呈することが十分に立証されている。

  盛来運は次のように言い表し、投資の伸び率、輸出の伸び率は下落しているにもかかわらず、消費の伸びは比較的安定し、3つの四半期の社会消費財小売総額は物価変動の原因を差し引くと実質10.5%伸び、しかも月を追って高まり、住民の消費構造のグレードアップに関わっている一部の業界、例えば観光、保健、衛生、教育、医療などの伸びはすべて非常に速かった。その他に、「大衆創業、万民革新」の更なる推進に従って、新しい原動力の育成、成長が加速されることは、中国経済の成長の原動力の源となり、それに産業構造と消費構造のパンターン転換が加わって、ある程度の時間をかければ、中国経済の持続的に安定したより速い成長の維持を促進することができると。

関係論文