ご意見・ご感想

革新で未来を成し遂げ、協力で共に勝ちを作り–科技部部長万鋼のインタビュー

発表時間:2015-10-19 | 字体拡大 | 字体縮小

著者: | 出所:人民網

  習近平主席はイギリスに対して公式訪問を行う事に従って、中英関係の“ゴールデン‐時代”を開く同時、中英の科学技術の協力に対しても新しい革新の楽章を始める。訪問する前夜、科技部部長の万鋼は本紙記者の取材を受けた。

  質問:近年以来、中英両国の科技分野の革新協力がどんな特徴が有りますか?

  答え:中英両国は非常に科学技術の革新協力を重視している。1978年両国の間に科学技術協力の協定を締結してから、中英の科学技術の革新協力すでに約40年間の歴史があったの。過去を振りかえって、両国の大学と科学研究機関など科学技術部門が参与して推進した事によって、双方の協力体制を引き続け広く開拓し、協力の成果は絶えず大量に出て来た、実績が多くて、協力モデルはどんどん革新していって、まさに発展しつつあります。

  中英双方は持続的に協力体制を広く開拓して来て、多分野、高レベルの科学技術革新プラットフォームを形成した。中英のトップレベルの人文交流の体制によって、中英共同科学基金を確実に推進し実行できて、科学研究の協力と人員交流を促進できた。中英の経済財政金融対話の体制によって、革新及び応用の分野に引き続き推進及び強化する事ができてた。1998年から定期的に中英科学技術協力連合委員会の開催で、科学技術の革新協力が絶えず前向きに発展するのを推進している。これら政府間のトップレベルの協力体制の建築によって、科学技術の革新協力を推進できた事ではなく、科学技術者の民間コミュニケーションをできている。

  中英双方は引き続き協力モデルを革新、着実に中英共同科学革新基金を実行している。2013年12月、イギリス首相のカメロンが訪中した間、李克強首相と両国政府を代表して中英共同科学革新基金を創立する事を宣言した。この基金は中英協力モデルの新しい探求として、中英科学技術協力分野のマイルストーンと呼ばれてる。約一年間以来、強力に中英両国基礎研究、革新協力、人材育成及び地区革新など領域の協力を推進して来た。今年9月に劉延東副首相は英国を訪ねた時、また中英共同科学革新基金をスタートさせる事に関して協議――研究及び創新の橋の計画合意書をを締結した、重点的に中英両国の大学、科学研究機関と企業の間に生産・学校・科学研究機関に向け革新協力を展開する。

  質問:中英両国の科学技術の革新協力がどんな成果を取りましたか?

  答え:ここ数年来、中英両国が全面的な戦略的パートナーシップの仕組みで、両国大学、科学研究機関、特にハイテク企業は革新協力に対して高い情熱を持っていて、著しい成果を取った。例えば、中国中車が英国パートナーと共に“中英軌道交通技術聯合研究開発センター”を創立、華為がイギリスサリー大学と協力して5G技術開発を展開している。これら企業の努力に基づいて、強力に肝心な領域で革新協力を推進できた。

  今回習近平主席が英国を訪問する時、中英双方が細菌の耐薬品研究、軌道交通技術、気候変化と低炭素技術、航空科学技術、SKA、天文学と高性能計算など領域の協力事項を確定する予定、更に応用向け生産・学校・科学研究機関の間のに協力を展開する。

  質問:次の段階では中国両国の革新協力がどんな重点に向け進めるでしょうか?

  答え:当面、科学技術と革新はすでに世界各国にとって経済競争力を向上するために重要な手段になった。双方がチャンスをつかんで、中英の科学技術の革新協力を深く深化し、積極的に革新協力のパートナー関係を作り上がるべき。

  中英間の革新政策の協力対話を強化する。積極的に高いレベルの革新協力対話を準備、定期的に発展戦略、科学技術の成果転化、科学技術の政策、知的所有権、衛生、農業、航空・宇宙など領域に対し革新協力の対話を行い、二国間の重要な革新政策の交流•協力プラットフォームを作り上がる。

  中英聯合実験室と聯合研究センターを設立する事を推進すべき。双方はすでに多数の領域で著しい成果がある科学技術を展開していた、数多くの聯合実験室あるいは聯合研究センターを建設する条件があり、人類の未来に共に発展基礎性、最前線性及び公益性の重点領域と継続的に長期研究を行うべき。

  中英の新技術開発と生産能力の協力を強化する事が必要。イギリスは科学の大国で、基礎研究の実力が持ってる;中国は制造業の大国で、安定に成長、仕組み調整、モデルチェンジをしなければならない状況を直面してる。両国は新技術開発の面で相補性が強く、更に多く、有効な技術協力体制とルートを探求すべき、更に科学技術の成果を転化させる事を促進、科学技術の協力から生産協力に持ち込み、共に第三方市場を開発、共に世界発展の難題と挑戦を応答すべき。

  ハイテクパークの交流と協力を強化すべき。科技園区を設立には両国とも成功な経験が持ってる、広大な協力スペーさがある。当面では、大衆の革新創業に力を入れ、中英間のGISを建築、創業したい要望がある青年に対しローコスト、全要素、便利化、国際化の創業サービス・プラットフォームを提供すべき、中英両国の科学技術の協力革新及び創業協力を深化させる。

  今回習近平主席が英国を訪問する事によって、中英間の革新協力に新しい動力をもたらし、両方の科学技術の革新に新しい分野を開拓する事ができるのが信じている。

  (記者:趙成)

関係論文