ご意見・ご感想

中国が平和的発展の強国の道を歩んでる

発表時間:2015-10-28 | 字体拡大 | 字体縮小

著者:李向陽 | 出所:《人民日報》

  経済規模が世界の第二位になってから、中国的な強国の道はどのように歩んで行くのは、世間より注目されてる。歴史上の大国の崛起と比べて、平和的発展の道を歩む事は中国特色がある強国の道であった、我が国基本的な国情と国際環境に従って決まった事だ。平和的発展の道を歩み、中国が他の大国特に保守創大国のとの関係に関わる以外、周辺国家との関係にも関わってる、中国が多国間協力との扱い、地域協力での立場にも関連してる、非常に複雑なシステムだ。

  新型大国関係:“トゥキディデストラップ”を避ける抜け道

  西方世界の歴史を見渡し、新興の大国の崛起は一般的には既存覇者に対して挑戦があったので、既存覇者がこの挑戦を応対していた。この状況になったら、両者の間に戦争を避けられなかった。古いギリシアの歴史学者トゥキディデスよりこのような現象に対しての概括は“トゥキディデストラップ”と称させられてる。中国の経済が急速に発展するのに伴って、中米は“トゥキディデストラップ”に陥るかどうか?これは中米の両国の未来の運命に関わるだけではなく、世界構造はどの方向に進めて行く事とも関わってる。

  “トゥキディデストラップ”に陥る事を免れるため、新型の大国関係を作り上げる事は必然だ、その核心内容は衝突ではなく対抗ではなく、互いに尊重しながら協力し合って共に発展する事だ。もし衝突ではなく対抗ではなくのが新型の大国関係のアンダーラインにすれば、互いに尊重しながら協力し合って共に発展する事は目標だ。この目標を実現するため、協力空間及び共同利益を拡大するために、お互い一緒に見つける事が必要だ。

  新型の大国関係に関する理念の基礎の一つは、経済のグローバル化及び相互依存になった国際背景だ。歴史上、大国関係の核心内容は植民地と市場を奪い合う事なので、排他性が目立つ特徴だ。冷戦の時期になっても、植民地を奪い合う目標が無くなったが、排他性も消えてなかった。東方と西方は二つの平行的な国際市場だけではなく、互いに対立した二つ大きい政治、軍事グループだった、ただ核抑止力があったから弱い平衡を維持してた。経済グローバル化時代に入って、中国は米国を主導とする西方世界と全面的に対抗関係が存在してなかった、お互いは貿易と生産要素の流通を通じて形成した国際産業チェーン(価値の鎖)は有機的に関連させた。新型大国の理念のにもう一つ基礎は中国がすでに全面的に経済グローバル化と現行の国際体系を入ってたのだ。約30年間の改革開放の実践により、これは中国自身の利益にも合ってる。

  中国より提唱した新型の大国関係は中米双方と関わるだけではなく、一系列の新型の大国関係だ。その中に、先進国と関わってる、例えば中欧関係、新興国家とも関わってる例えば中ロ関係、中国とインドの関係等等。このような多重の新型の大国関係は世界の構造が多極化に発展の傾向に適応、また中国は他の大国の関係も更にバランスになり、更に安定にさせられる。当然、新型の大国関係を作り上げても、中国と他の大国の間に、対立か競争等を全部無くなるではなく、中国が国際秩序と国際規則に対し正しい利益訴求を諦める事ではない。しかし、中国が競争に入るのか、利益を図るのか、全て平和、協力の手段を使い、決して戦争ではない。

  親誠惠容(親密、誠実、互恵、包容):周辺環境を安定させる基礎

  周辺の安定は中国の平和的発展に対して特殊な意味がある。まず、平和と安定の周辺環境は中国内部を安定させる条件の一つだ。中国の周辺国家は政治、経済、社会、文化、歴史、宗教などの方面で多様性がある。従来性脅威を保障するか非従来性脅威伝統を保障するか、周辺を安定させるのは中国にとって最も優先だ。次に、中国が周辺国家とすでに緊密な経済を作り上げた。一番目立つのは引き続き高くなった貿易、投資の依存度及び絶えず深くなったアジア国際産業チェーンの事だ。三つは、中国と周辺国家は世界経済の最も活力がある地区だ。未来とても長い時期に、この地区の経済増加速度と潜在力は他の地区が比べならないので、 “世界経済の重点が東になる議論”を認める人も多くなった。最後に、上述の背景に基づいて、ここ数年来世界の大国はアジアの戦略を調整していた、例えば米国の“アジアへのリバランス”の戦略、インドの“東へ”の戦略、日本の“価値観外交”などを調整している。即ち、全ての大国はこの地区への国際秩序に影響ために極力努めている。この意味では、中国と周辺国家の関係は中国と他の大国の関係がこもごも入り交じったのだ。

  周辺環境を変化してた事に対し、2013年と2014年、習近平同志はあいついで親誠惠容の理念とアジア新安全観について述べた。二つは内在には一致性がある:後者は前者の安全領域で自然的な延伸と見なす、共通の目標は平和安定な周辺の環境を作り上がる事だ。親誠惠容の理念は平等、共栄を核心にして、歴史上で大国の崛起の際に出した周辺外交の理念と異なる。例えば、米国が崛起した際に“モンロー主義”を実行した、その孤立主義はヨーロッパ国家がアメリカの事務に参入してはいけない事を明確した。これは実際にアメリカ大陸を自分の裏庭にさせた、ヨーロッパ大国と勢力圏を区別したのだ。冷戦の時期にソ連はイデオロギーを基礎にして、社会主義陣営の名義を掲げて、ソ連を中心とした周辺体系に作り上げた。これも米国と同じように勢力圏を区別していたのだ。

  親誠惠容は一つ幻の概念ではない。一つ崛起してる大国として、中国と周辺国家は二国間だけではなく、数多くの地区でも、公共製品の提供を通じてお互い和睦、お互い安全、お互い富裕の政策を推進してる。たとえば、中国経済の急速発展のチャンスも周辺国家に利用させてる、これは正しい義利観を持っている表現だ。もう一つの例は、“一帯一路”の建設に従うお互いの交流、お互いの流通は、アジアのインフラ建設投資に欠けた部分を補填する事には有利だ;提唱した全方位の経済協力により、地区内を安全リスクを除去或は緩和する事には有利だ、例えばイスラム過激派勢力、テロリズム等、同時に新型の地区の経済協力構造を建築できる。

  開放包容:地区と多国間協力を推進する基本原則

  大国にて地区と多国間協力を推進する事は、自身が全世界の管理を参与するのが内在需要共に、国際社会に公共製品を提供する道だ。

  過去の10年間、国際経済の領域は一つ重大な変化があった、それはWTOを代表する多角的な主義からにして自由貿易区を代表する地区主義に代わっていったとの事だ。すべての大国は対外経済協力の重点を地区主義に転向した、地区主義はすでに国際経済発展の主流になった。一方、圧倒的な多数の国家が多角的な主義はを地区主義よりに更に経済のグローバル化が発展するのに有利と認めてた。多角的な主義と地区主義の関係について、地区経済一体化の理論と実践から確定性の解答がなかった:地区主義が発展するのは一体多角的な主義の発展には障害物がまだ踏み板なのか?前者は自由貿易区の排他性の特徴より全世界の範囲内互いに分離する貿易区に形成する可能性があるので経済のグローバル化の発展を妨害する;後者は自由貿易区の雪だるま式にどんどん拡大して、経済のグローバル化を深く発展するのを推進する。だから、大国より提唱した自由貿易区は多角的な主義に有利の踏み板で障害物ではないのを強調してる、例えば米国より薦めてるTPP、TTIPなど。

  中国は積極的に多角的な主義の理念を提唱した同時に、開放包容の原則を守って地区経済協力を参与と推進してる。2014年行ったAPECの北京トップ会議で、中国より新しい道でアジア太平洋自貿易区を実現する提案を出した。この提案の特徴は最初からAPECのすべての成員を組み入れてた、米国のTPPは初歩段階で一部の成員を外で排除していた。米国のやり方は明らかに地区主義を踏み板として多角的な主義を推進する事に有利ではない。

  中国より提唱する“一帯一路”の建設は、更に開放包容の原則を実行していた。新型の地区経済協力の建築として、それは古いシルクロードをきずなにして、他の国家の参与を制限してない;お互い交流、お互い流通を基礎にして、貿易の投資自由化と全世界の産業チェーンを深化させるために条件を提供する;厳格な規制化を参入する条件ではなく、多元化の協力体制を特徴にする。“一帯一路”の仕組みで、強制的に一つの規制を参入するじゃなく、各国は自身の発展に合う合作体制を選べる。これは明らかにアジアと沿線国家の発展する多様性に適応する。

  運命共同体:中国は世界方向と一緒になる

  西方より主導した工業化過程は人類社会の進歩に積極的な影響があったのが明らかだ、しかし、この工業化過程にはただ世界15%ぐらいの人口を豊かにさせてた。人類の割合多いの発展途上国が工業化、経済グローバル化に参入した事に従って、現在の経済グローバル化の規則と制度の手配からの弊害だんだん明らかになってきた。中国を代表する新興の経済体の集団崛起は現在の秩序を打ち倒す事は目標ではないが、改革させたい要望が必要だ、合理だ。

  最大の発展途上国として、中国は平和的発展の過程で現行の国際秩序に対する立場より自身利益を情願する事を反映し、同じく広大な発展途上国の利益情願を代表してる。この情願の核心を纏めたら、利益共同体、責任共同体と運命共同体との事だ。この三つは有機的な全体だ:利益と責任は互いに補完し合って、利益と責任の基礎の上で人類が共に発展する運命共同体を形成できる。

  利益共同体、責任共同体と運命共同体を建築する事は、十分に平和的発展の道の要求を体現している。大国関係、周辺関係、多角と地区の提携領域では、中国はすべてこの理念実行してる。ここ数年来、《中米の気候変化の共同声明》から全世界の気候変化に対する議論まで、アジアの新安全保障観から《南シナ海各方面の行為宣言》まで、積極的に地区の全面的な経済のパートナー関係の協定を支持する事からアジア太平洋自由貿易区を提唱したまで利益共同体、責任共同体と運命共同体の理念を体現している。特に“一帯一路”の“五つの通”(政策の疎通、施設の聯通、貿易がスムーズに流通、資金融通、人心共通)、全面的に中国が利益共同体、責任共同体と運命共同体の建築に力を入れてる立場が現れてる。

  中国の特色がある和平的発展の強国の道を探求する事は、“強くなったら覇道になる”の歴史モデルを打ち破るでしょう、“トゥキディデストラップ”に陥るも避けられる。これは世界の各国に対し共な情願ではなく、中国自身の利益にも合っている。

  (作者は中国世界経済学会副会長)

関係論文