ご意見・ご感想

中国経済増加の“三つの新動力”

発表時間:2015-10-28 | 字体拡大 | 字体縮小

著者:陳勇鳴 | 出所:学習時報

  中国の経済増加は昔の三つの動力(投資、消費、出口)から徐々に三つの新動力(新型投資、新型消費と“一帯一路”)になって行く。

  新型投資は経済増加の重要な推進力だ。

  新型投資と言うのは主に公共消費型の基礎投資と産業のモデルチェンジ及びアップグレードだ。以下のような三つがある:一つ目は公共の消費型基礎投資だ、高速鉄道、地下鉄、都市の基礎建設、災害の防止及び抵抗能力、農村のごみと水処理、空気の品質改善、公共の保障性住宅の建設など事だ。投資内容は情報、電力、オイル、ガス、ネットワーク、クリーンエネルギー、エネルギー及び鉱物資源の保障、生態環境保護、交通運輸、食糧水利、健康及び老人サービス等。重大プロジェクトに入れるかどうか基準としては:経済社会の発展に対して全局性、基礎性、戦略的な意味があるか、新しい経済成長点の形成に有利か;産業仕組み調整、弱い産業の強化と建設を推進できるか、公共製品とサービス供給の発展に有利か;国家の産業政策に合わせるか;ある程度の基礎を備えた上で、更に力を入れれば早く進めるか。二つ目は既に生産能力を持ってる緑化及び産業のモデルチェンジとアップグレードの事だ。五つのエネルギー高消耗業界(有色金属、鋼鉄、電力、化学工業、建築材料)だけ、一回の高い汚染、高いエネルギー消耗の生産能力をアップグレードすれば、約10年が必要だ、毎年GDPに1%の増加を貢献できる。いよいよ高齢化時代になるから、我が国は脳疾病の負担が恐らく毎年1兆元までになる可能性が高い。“健康な脳”を目標として、重点研究はアルツハイマー等神経発育疾患、精神類の疾病、神経退化性の病変の予防と治療。同時に人工知能の発展を推進、最前線技術をねらって、肝心領域に早く配置等、例えば知能インタラクション領域、自動運転領域、ビッグデータの分析予測技術と知能医療診断、知能無人機など技術。三つ目は養老産業には大量に投資する事が必要だ。養老産業は高齢化に従って出てくる一つの新興産業で、老人に製品あるいはサービスを提供、衣服、食品、住宅及び交通手段等、且つ精神文化などの各方面の需要を満足できる総合的な産業体系との事だ、老人用品の製造業、小売業、養老用の不動産産業、在宅養老サービス業、養老保健医療のサービス業、養老保険の資産管理、養老教育のサービス業、精神文化の娯楽業、養老業に就職する人員の育成訓練等。目の前は、企業の生産能力過剰、企業の稼働時間短縮、一方、社会には老人用品が必要だが、生産企業がない、だから養老産業を発展する事は、中国の生産能力を解消する事にとって最も肝心なところだ。

  公共消費型の基礎建設に使う資金は財政投入、地方借金及び政府が社会資本との協力(PPP)で募集できる。技術革新、産業革新、産業生態革新、モデル革新との“四つの新の企業”を育つ事によって、モデルチェンジ及びアップグレードを実現する。新世代の情報技術が制造業との組み合わせによって、3Dプリント、モバイル・ネットワーク、クラウドコンピューティング、ビッグデータ、バイオロジカルエンジニアリング、新しいエネルギー、新素材などの領域に新しい発展を推進する。情報物理システムの知能装備、知能工場などの知能製造に基づいて生産方法も革新してる;ネットワークのオプション、共同開発、大規模の個性化オーダー、精密にサプライチェーン管理、生命周期管理、電子ビジネスなど産業の価値体系を作り直している;ウェアラブル知能製品、知能家電、知能自動車などの知能完成品によって引き続きに制造業の新しい領域を開拓して行く事によって、制造業のモデルチェンジ、アップグレード、革新及び発展に力をなれる。

  経済モデルチェンジには新型消費が最も肝心だ。

  新型消費は、文化、レジャーだ、観光、健康、教育、情報、環境保護と新しいエネルギー等との事だ。現在、我が国の文化産業がただGDPの3%、米国は25%、日本は20%、ヨーロッパは13%だ。世界観光機構より発表した《2015全世界の観光のリポート》の内容により、中国は2012年から、連続3年世界最大の出国顧客源になった、2014年海外旅行人数は1.16億人になった延、海外の消費高は1650億ドルがあった。2014年全国ネットでの小売り高は27898億元、同時期と比べて49.7%増加した、全社会の電子ビジネスの取引額は16.39兆元、同時期と比べて59.4%増加した。新型消費の実現には、“インターネット+”によってルートの革新が最も大事だ。“インターネット+”の概念:インターネットの革新成果が経済社会の各領域と組み合わせて、技術進歩の推進、効率の向上及び組織の変革によって、実体経済の革新力と生産力を向上させて、更に幅広くて、インターネットに基づく基礎施設及び革新要素がある経済社会発展の新しい形態を形成させる。二度目グローバル化の科学技術の革命と産業変革の中に、インターネットが各領域との融合の発展は将来性と無限な潜在力があるので、既に時代潮流になった、各国の経済社会の発展に対し戦略的と全体的な影響がある。“インターネット+”と“+インターネット”が似ているところがある一方、違うところもある。似ているのは二つとも情報化と実業の融合との事だ。違うところは三つがあり:一つは“インターネット+”は一つの産業をプラスとの事、“+観光”、“+土地不動産”、“+交通”、“+服装と飲食”のようだ、最後にプラスしたのがおそらく一つの業態、一つの業界になる。“+インターネット”は伝統の業界、伝統の企業を主体として、インターネットの力を貸して改良性の革新を行う事だ。主には、伝統業界が既存業務を基づいて、インターネットの技術と理念を活用し、ユーザーに提供するサービスの効率と品質を向上させる。“インターネット+”が転覆性革新で、“+インターネット”は常規性の革新だ。二つはメリットが異なる。“インターネット+”が新技術、体制及び仕組みのメリット、広範な社会支持を持つから、爆発的に増加する可能性が高い、インターネット技術を基礎として、その上で優待価格、便利な操作、心地良い体験、莫大な消費者を勝ち取りやすい、“+インターネット”が容量優位、業界標準優位と大衆に信頼される優位を持つ。三つは主体が異なる:“インターネット+”の主導者はインターネットの企業で、“+インターネット”では融合過程に主に主導役目を生かすのは伝統の企業だ。 “+インターネット”を適応する業界は農・林・畜産・副・水産業、ガス、電力、水利、制造業、公共衛生、公益事業、教育、公益、金融、物流などで;“インターネット+”を適応する業界は情報サービス、通信サービス、交通、アミューズメント、観光、小売、飲食、コンサルタント、不動産産業等だ。

  新型消費ルートの拡大はサービス業の体制改革、都市の経済構造のモデルチェンジと関わってる。だから、まずは政府行政の管理体制改革を加速、先に試す先に進める、禁止されてない分野全部試行すべき;国家機関の体制改革を加速、経営と非経営を区別すべき;科学技術教育の体制改革を加速、科学技術教育への投資を増加すべき;サービス企業の所有制度の改革を加速、サービス業の開放を拡大すベキ;税収の体制改革を加速、経済構造調整の最適化とサービス業の発展を促進すべき。次は政策支持の力度を増大、サービス業を発展させる誘導資金を設立、物流、水上運輸、文化、会議・展示、観光、情報サービス、専門のサービスなどを重点としてサポードすべき、且つ、この中の重点プロジェクトに対し貸付利子補給を与えるべき。三つは消費基礎施設の完備を加速すベキ、“七通一平“(通路、通電、通水、通信、通気、排水、土地を平らにならす)と“大、雲、平、移”(ビッグデータ、クラウドコンピューティング、クラウドサービズ、取引のプラットフォーム、メディアのプラットフォームは、支払うプラットフォーム、モバイル・ネットワーク)の建設を含んでる。

  “一帯一路”は内需の拡大に有利だ。

  “一帯一路”の戦略を進める事は、十分に国内の各地の比較優位を発揮する事は必要だ。一つは西北、東北地区。新疆が独特な位置優位と西へ開放には重要な窓口効果を発揮、中アジア、南アジア、西アジアなどの国家との協力交流の深化通して、シルクロード経済での重要な交通中枢、商業貿易物流と文化科学教育の中心の位置づけ、シルクロード経済ベルト核心区を設立する。陝西、甘粛の総合経済文化と寧夏、青海の民族人文の優位を発揮、西安は内陸型改革開放の新高地として、蘭州、西寧の開発開放を加速、寧夏の内陸開放型経済の試験地域の建設を推進、中アジア、南アジア、西アジア国家に向けの通路、商業貿易の物流中枢、重要な産業と人文交流の基地にさせる。内モンゴルがロシア、モンゴルと近隣の位置優位を発揮、黒龍江ではロシアとの鉄道通路と地区の鉄道網、また、黒龍江、吉林、遼寧はロシア露極東地区との陸海連合輸送の合作を完備させ、北京――モスクワの間のヨーロッパアジアの高速運送の回廊を作り上げ、北向ける開放の重要な窓口を出来上がる。二つは南西地区。広西はアセアン国家との陸海近隣の独特な位置優位を発揮、北部湾経済区と珠江――西江の経済地域の発展開を加速、アセアン地区の向かって国際通路に作り上げ、南西、中南地区の開放発展に新しい戦略支点を作り、21世紀の海上シルクロードとシルクロードの経済協力には接続の重要なポータルを出来上がる。雲南の地域優位を発揮、大メコン川地域の次経済協力新高地を作り上げ、南アジア、東南アジア向けの経済ラジエーションセンターを出来上がる。チベットとネパールなどの国家との国境貿易と観光文化協力を推進する。三つは沿海と香港・マカオ・台湾地区。長江三角洲、珠江三角洲、海峡西岸、渤海周囲など経済区は開放レベル高い、経済実力強い、経済ラジエーション等優位を利用、十分に深セン前海、広州南沙、珠海横琴、福建平潭など開放合作区効果を発揮、香港・マカオ・台湾との合作を深くさせ、広東・香港・マカオの大湾区を作り上がる。海外同胞と香港、マカオ特別行政区の独特優位効果を発揮、積極的に“一帯一路”の建設に参与、台湾地区が“一帯一路”の建設に参与させる事に適切に手配する。四つは内陸部。内陸の幅広い奥行き、豊富な人力資源、良い産業基礎の優位を利用、長江中流の都市密集地域、成渝の都市密集地域、中原の都市密集地域、呼包鄂榆の都市密集地域、哈長の都市密集地域など重点地区を基づく、地区間のお互い協力及び集中的に産業発展を推進、重慶は西部開発開放の重要ハードポイント及び成都、鄭州、武漢、長沙、南昌、合肥のなど内陸開放型経済の高地を作り上がる。“一帯一路”より基本建設、高速鉄道、エネルギー、農業、食品、観光、ハイテク、経済貿易のなど領域の中国企業が世界向け踏み出す事に巨大な投資の機会をもたらす。

  “一帯一路”戦略の推進には沿線国家間の二国間と多国間協力体制を構造しなければならない、内部と外部の調整が必要だ;中米BIT(投資保護協定)の実質的な交渉を加速しなければならない;海外投資法の制定を加速しなければならなくて、中国企業が海外投資中の運行、管理と資産安全を保護すべき;政府では中国企業が海外に踏み出す公共サービス・プラットフォームを早く作り上げる事が必要、中国企業が海外に進出しながら、各地の文化、人脈と法律法規を理解させる。“一帯一路”の実現にはたくさんの国家は政治や経済にはリスクがある事を注意しなければならない;実力がある中国企業の育成に力を入れ、中国企業本当にグルーバル競争に参与させて、グルーパル的な観察力が持ってる企業家部隊を育成する。

関係論文