ご意見・ご感想

「インターネット+」、安定成長・構造調整の新しいエンジン

発表時間:2015-10-26 | 字体拡大 | 字体縮小

著者:王益民 丁芸 | 出所:「求是」

  我が国の経済発展は新常態に入り、経済成長の駆動力が大きく変わっている。「インターネット+」行動計画を実施するのは経済発展の新しい優位と新しい原動力を促す重要な対策措置であり、インターネットと在来産業の融合を効果的に推し進め、経済の安定成長を推進し、産業構造の高度化を促進することができる。

  一、「インターネット+」は経済成長・構造の合理化の新しい動力となる

  「インターネット+」はインターネットと在来業種の融合・発展の新しい業態であり、インターネットと数多な業種の融合は、実体経済のイノベーション能力を効果的に高め、逐次我が国の経済成長・構造の合理化の新しい原動力となる。

  「インターネット+」は再びインターネットの産業革新をもたらしている。インターネット業界の内部は変革が起こっており、インターネットの使用形態は絶えず広げ、新しいメディア、モバイル・ネットワーク、モノのインターネットなどにより、インターネットの応用範囲がかつてないほど引き上げられ、社会化のネットワークと大規模な双方向型協力が絶えず革新する余地を広げるであろう。ますます多くのインターネットは次第に日常生活と融合するようになる。「インターネット+」の理念が絶え間なく広げられ、応用されるに従って、ますす多くのインターネット企業はインターネットを利用して社会大衆に日常生活サービスを提供し始めた。ネットワークによる飲食、娯楽、家政サービス、生活の現地化O2O(オンライン・オフライン電子商取引)など人民大衆の日常生活と密接に関わっているインターネットの応用は、すでにインターネット産業の主要な成長点となった。

  「インターネット+」による在来産業体系の再編。モバイル・インターネットワーク時代の到来に従って、それぞれの在来産業はすべてインターネットと深い融合の道を探求している。インターネットはすでに技術的道具から次第に重要な生産要素となった。融合する過程で、在来業種にはインターネットの遺伝子が注ぎ込まれ、これは全く新しい産業組織体系の変革する過程となり、迅速にモデルチェンジする企業がインターネットと高度融合の産業新業態が生まれる。「インターネット+」行動計画は重点的にクラウドコンピューティング、モノのインターネット、ビッグデータを代表とする情報技術と現代制造業、生産的サービス業などの融合と革新を促進し、新興業態を発展させ、新しい産業の成長点を形成する。

  「インターネット+」により地域の資源の合理化。インターネットが迅速に発展する環境の下で、地域経済の境はすでに伝統的地理(学)の空間範囲を越えて、地域経済の発展は絶えず延びて、動態化、開放的特徴が現れる。「インターネット+」は地域経済発展の空間を極めて大きくし、地域経済の発展のために新しい発展のきっかけを提供した。インターネットが浸透性が強く、産業チェーンが長く、関連度が高いなどの特徴があり、地域産業構造のために広大な発展空間を広げ、多くの新興産業を促し、地域経済の新しい成長点を形成した。インターネットと在来産業の結合は、地域的産業障壁の制限を打ち破って、在来産業を全国と世界市場に向かわせるであろう。

  二、「インターネット+」の推進過程に直面する試練

  発展の観念が立ち後れる。「インターネット+」は在来業種とインターネットの融合だけではなく、インターネット思考と伝統的発展観念との融合でもある。一部の政府部門、企業は「インターネット+」に対する理解は深くなく、「インターネット+」により引き起こされた変革に対して進んで寄らないことは、すでに「インターネット+」の発展における最大のボトルネックとなった。もしその観念を転換せずに、インターネット思考を確立しないなら、この時代の発展に乗り遅れるであろう。

  インフラが立ち後れる。「インターネット+」の前提はインターネットを社会のインフラとして広範に普及されること、現在我が国のインターネット・インフラはまた向上させる必要がある。インターネットのデータ通信が料金が高く、スピードが遅いことがすでに「インターネット+」発展のボトルネックとなって、インターネット・インフラの普及度合いが高くないことはある程度「インターネット+」時代の情報伝播、商品の流通と新興産業の発展に悪影響を及ぼしている。

  管理監督方法が立ち後れる。インターネット企業は、生産、生活の分野での急速な発展により、政府の管理がいまだかつてなかった試練に直面している。1、管理監督制度が立ち遅れていて、すでに「インターネット+」環境下での新興業態の発展、新しい需要、、新しい変化に適応できなくなり、管理監督の盲点が現れやすくなる。2、管理監督の手段が立ち後れて、現行の管理監督は依然として人力による管理監督を主として、便利で有効な技術化手段に欠け、管理監督の範囲、管理監督の効率と効果にかなりの程度影響を及ぼし、それによって監督管理の抜け穴につながりがちである。

  三、「インターネット+」発展のための環境づくり

  観念を転換し「インターネット+」に適応すべきである。「インターネット+」の時代、在来産業はインターネット思考を持って自らの改造を完成しなければならない。現在国内の多くの在来業界の「インターネット+」はただ電子商取引プラットホームを設置する段階にとどまるてい。「インターネット+」は融合、共有、改良と向上を意味し、在来業種は新しい技術を利用し、業界を改め、新しい商業モデルを形成すべきである。各級政府の管理部門にとって、「インターネット+」の時代はすでに到来したので、「インターネット+」思考で絶えず改革・革新し、諸般の取り組みをより良く「インターネット+」の時代に適応する必要である。

  「インターネット+」に適応する管理監督制度を創立しなければならない。「インターネット+」の環境下で市場に適応する管理監督の枠組みを制定し、「インターネット+」の発展のために公平で、規則に合う外部環境を創りあげる。1、既存の管理監督法律と管理監督制度を改正し、充実化させ、それを「インターネット+」の時代の需要に適応するようにする。2、管理監督の手段を刷新する。人力による管理監督を主とする伝統的な管理監督方法から情報化技術とインターネットのプラットホームで支える新型の管理監督方法へ逐次パターン転換をはかる。3、多段階管理監督の枠組みを構築する。党と政府部門とインターネット企業、科学研究機関、業種機構およびインターネット利用者の参与と協力を絶えず深め、広げ、共に多段階の管理監督の枠組みを形成する。

  「インターネット+」の環境のために開放的なプラットホームを建てる。「インターネット+」と在来業種の融合の初期において、プラットホーム戦略は重要な選択である。1、大型のインターネット企業が開放的なプラットホームを建てるべきであり、それによって各方面がこのプラットホームの上で深度協力することができ、利益を共有し、伝統的な企業の発展のために各種の資源を提供する。2、インターネット企業は業界の需要を位置づけ・分析すべきであり、例えば過度に人力に頼る業界、新製品とサービスを創りだす業界、ユーザーの需要が大きく変動する業界など、絶えずプラットホームの機能を整える。3、インターネット企業は、経済モデルの共有に従って核心価値と制度の面で極致の誠実・信用を確立し、「インターネット+」のためにウィンウィンの局面を創りだし、経済の持続可能な成長を促進する。

  「インターネット+」の発展のために必要な政策支援を提供する。「インターネット+」行動計画を順調に実施するには、国家が関連政策による支持を至急必要である。1、「インターネット+」の発展のために良好な環境を作る。インターネット、情報化関連分野の法律法規をを更に充実化させ、「インターネット+」環境下での市場主体が法律に基く経営、政府部門が法律に基く管理する発展の環境を形成する。2、公共データの開放戦略を研究・制定する。政府の公共情報とデータを社会に開放し、社会・公衆がいち早くに公共情報を得られ、使うことができるよう確保する。3、インターネット企業に対する優遇政策・措置に力を入れる。政府は財政支援の度合いを大きくすべく、工商登録、インターネット企業のパターン転換、グレードアップなどの面で適度に傾斜し、サポートする。企業の技術研究開発の展開を励まし、産・学・研(企業・大学・科学研究機関)成果の生産力への転化を促進し、積極的に新興の情報サービス業態を広げ、モバイル・ネットワーク産業を発展させる。4、「インターネット+」の人材育成体系を構築する。大学の「インターネット+」の人材育成体系を確立し、国家レベルと省・部レベルの「インターネット+」の重点分野の実験室、工学技術センターを支援し、国家が支持し、大学が育成し、社会が参与する重層な、複合型人材育成体系を構築する。

  「インターネット+」により在来産業のグレードアップを推し進め、起業・革新を促進し、経済発展パターンを転換する。在来産業と「インターネット+」の融合・発展する過程において、「インターネット+」のインフラを不断に整え、同時に財政、税収、信用貸付け、科学技術補助金などの経済政策を実施し、伝統的な企業の「インターネット+」への産業革新を支援する。伝統的産業における「インターネット+」の新しいモデルを探求するの小・零細企業を重点的に支援・孵化し、財政租税の優遇、審査・認可の手続きを簡素化し、政策の助成などの手段によって、大衆起業、万民革新の局面の形成をサポートすること、これによって革新を経済成長の新しい原動力になる。

  (作者部門、国家行政学院電子政務研究センター)

関係論文