ご意見・ご感想

世界パターンの変動中に中国新常態を把握

発表時間:2015-09-28 | 字体拡大 | 字体縮小

著者:李偉 | 出所:《求是》2015年第18期

 世界経済パターンを深く調整と我が国の経済発展は新常態に入り、我が国の経済社会の発展については内部と外部の環境が重大な段階性変化を発生したと明示したる。正確に世界経済パターンの新しい特徴、新しい傾向を把握、新ラウンドの全世界経済の調整の中に新しいチャンスを捉え、徐々に新しい優位を確立;新常態を認識、適応、引率して、発展方法を転換、経済構造を最適化の中に経済増加の動力を安定に転換させる事は、高速に発展とハイエンドレベルに踏み出す為に非常に大切だ。

 一、世界パターンの調整中に新しい優位を確立

 過去の30年間は、世界経済領域には一連の重大な変化が発生した、深く世界経済パダーンを変わられた。その中に最も著しい特徴は、発展途上国と先進経済体の経済増長が明らかにバラツキが出た、発展途上国の増長スピードが先進経済体の倍になった、経済規模は全世界の比重が1980年の25%から2014年の39%になった。この間には、我が国が核心効果を生かした、増やした14パーセントの中に、我が国より約11パーセントに貢献した。

 2008年に国際金融危機が発生した後、傾向性が根本的に変化が無かったが、新しい特徴を現した。世界経済の増長スピードが基本的に下がった同時に、先進経済体と発展途上国の内部で増加スピードのバラツキが出て来た。先進経済体の中に、米国の経済先に回復でき、より強い安定性を表した、EUと日本内部の経済仕組みが根本的に矛盾を解消していなかったので、相変わらず危機に脱却していなかった;発展途上国の中にインドと中国の経済増長がロシア、ブラジル、南アフリカなどより良かった。異なる経済状態により配布した違う政策に基づいて、世界経済の変動を激化させ、国際環境が更に複雑になった。

 昔、我が国が労働力、土地などのローコストのメリットにより、開放規模を拡大に通して積極的に世界経済に溶け込んで、全世界の産業移転のタイミングをを捉え、先進国の資金、技術、管理などの優位と互いに結合して、急速に増長の奇跡をできてた。当面、我が国が頼ってた内部と外部条件に深く変化が発生した、以下の三つは特に重視しなければならない。

 外部の需要が低迷してた。国際金融危機が爆発した後、世界経済の増長速度が緩めて、国際競争は激化させ、保護貿易主義が出て来た、貿易の増加速度は大幅に下がった。2012―2014年間に、全世界の貿易増長速度は連続3年3%より低くなった、年間平均増長速度はただ2.4%、危機の前の7%ぐらいの平均水準よりは相当下がった。危機の前5年間、貿易量の増長速度はおよそGDP増長速度の2倍で、しかし現在すでに1:1ぐらいに下がった。貿易自由化がほぼ互恵になった、地域貿易では排他性の案件が増えて来た。

 伝統てきな比較優位が速めに弱くなった。元々我が国の最大比較優位は労働力のメリットだが、人口構造の変化に従って、人口ボーナスがますます消えていって、労働力コストは引き続き上昇し、周辺の国家と比べて、メリットが無くなった。たとえば、インド、インドネシアの労働力コストが約我が国の1/2で、ベトナムの労働力コストは約我が国の1/3で、カンボジアの労働力コストは約我が国の1/4になった。

 新技術革命は分業分担の仕組みに深く影響を与えた。スマート製造、新素材、3D印刷、クラウドコンピューティングなど新技術により“先進国の技術+発展途上国の労働力+高収入国家の市場”の伝統の分担仕組みが変えていて、バリューチェーンの一体化、生産の分散化、マーケティングのグローバル化が新しい傾向になってる、制造業のハイエンドにある米、日、ドイツ、英、仏など国の競争力が明らかに強めた。

 多い挑戦に直面してたが、我が国が非常にやりがいがある重要な戦略タイミングにある判断が変わらずに、新しいチャンスを捉える条件や能力が持って、徐々に新しい優位を確立する事ができる。

 我が国は巨大な市場規模があり、パートナーに対して強い吸引力が持ってる。経済の増長速度は緩めたが、2014年に経済増分は8000数億ドルに達した、世界銀行のデータにより、この増分は中等先進国のトルコなど国の2014年年間GDP総量より上だ;我が国が毎年品物の輸入額は2兆ドルぐらいで、およそ世界の第10番位の経済体の経済規模に相当した;すでに世界第2番位旅行輸出国になって、2014年に海外旅行した人が1億人以上、海外での消費金額は1648億ドルに達した。このデータにより、我が国がまた潜在力がある市場を持って、パートナーに対し非常に魅力がある。

 我が国の労働力の素質が継続的に向上していて、人力資源が豊富だ。毎年の大学以上学歴の卒業生は700万人以上、またテレビ大学と成人高校で継続教育を受ける人が200数万人がいる。グローバル会社の採用要求に満足できる人が相当の量があり、これは何故グローバル会社が研究本部を中国に設立する理由になった。高素質の人材がいる事がすで国際競争に参与する新しい優位になった。

 新興市場を開拓する方が我が国より強い優位がある。たくさんの新興経済体が工業化、情報化と都市化に進める事を加速していて、インフラ建設と産業園区の開発はとても大切だ。我が国はこれらに関してはで豊富な経験を蓄積していた、完備な工業体制と産業一本化能力ができてた。同じの発展段階があるので、消費と技術ほぼ一緒から、新興市場を開発する事には更に強い競争力を備えてる、この優位が我が国が産業仕組み調整とモデルチェンジやアップグレードを安定に進捗する事には非常に有利だ。

 危機より実体経済へのダメージは我が国がローコストで海外の買収合併にチャンスを与えた。国際金融危機から実体経済へのダメージが異常に厳しくて、先進技術と国際ブランドが持ってるたくさんの外国企業が資金鎖を切断した問題が出て来た、経営もすごく困難になった、確実に実力があるパトーナーが必要になった、これは我が国の企業が大規模に“外に踏み出す”チャンスを与えた。例えば吉利がボルボを、三一重工がプツマイスタープツマイスターを、Lenovoがモトローラモバイルを買収等、チャンスをつかんで成功した実例だった。

 二、新常態の状況で新動力を育つ

 関係の研究によると、経済はずっと急速に成長する事が不可能だ、追いかける経済はほとんど一時期の急速に成長した後、経済の増長スピードはすべて明らかに反落してた。例えば、追い掛けたモデルと産業進捗が我が国と似ていた日韓など東アジアの経済体は、同じようにこのような経歴があった、経済の増加スピードは平均的に30%ぐらい反落した。我が国が現在一人当たりGDP(購買力の公定価格の推計によって)は前世紀70年代初めの日本、90年代初期の韓国の水準とほぼ同じ、当時の日韓などとおなじような後発工業化の経済体が、急速な成長から高速な成長に、中速さえに反落するタイミングにあった。後発経済体が発展するルールに従って、我が国の経済増加が減速する特徴非常に明らか、工業化が追いかける特徴の高成長期と違って、当面、経済運営はますます新しい特徴と規則を現してる。

 需要の構造と動力は以前と違った。一つは輸出の牽引作用がを弱まった。国際金融危機のダメージを受け、世界経済の増加が低迷になった、外部の需要が小さくなった。同時に、要素条件が変わったので、伝統のローコスト優位はが弱めた、出口は二桁数字の増加がすでに歴史になった、一桁数字の時期に入った、輸出より経済の牽引作用が明らかによわくなった。二つは継続的に金額高い投資ができなくなった。30年間の急速成長のお陰て、我が国の多くの伝統工業領域はすでに飽和になった、多くの代表性の工業製品の生産額はピーク値に達した或は接近した、生産能力過剰の問題が厳しく、投資効率が低くなった。都市と町の平均住宅が一軒以上になった、不動産市場が傾向性の調整が必要、新たに操業する投資がピーク値をオーバした。インフラの主要な構築と幹線建設は基本的に完成させ、投資がまだ余地があったが動力が足りなくなった。三つは消費構造のアップグレードが加速、集中的な暴発力は弱くなった。以前、住宅、家電、自動車を主な動力とした模倣式の暴発的な消費がほぼ終わって、個別性、高品質、安全、健康を求める新しい消費が出て来た。

 供給条件が大きく変わった。一つは労働力の供給仕組みが変わった。2012年から、我が国の労働年齢人口が減らし始めた、予測では“十三五(第十三目の五年計画)”の時になれば年間平均200万人ずつ継続的に減らす可能性ある。ルイス・ターニング・ポイントすでに現れてる、農村余剰労働力の移転潜在力も大幅に下がってた。二つは投資率が下がった。2015年上半期、全国の規模以上の工業企業に対し利潤が同時期と比べて0.7%反落、企業利潤の下がりは投資に対し直接な影響を与えた同時、投資率も下がって来た。三つは土地資源の制約は日に日に強めた。我が国が国土がかなり広くて、しかし開発利用できる土地資源が有限だ。ここ数年間以来、工業化、都市化、インフラ建設の急速進捗により耕地との対立も厳しくなった、土地の価格が上昇した事で、地区の住宅価格、家賃がかなり高くなって来た、住民生活と企業の生産経営に対して明らかな影響を与えた;地区の空気、水、土壌など汚染問題が厳しくて、環境容量はいよいよ極限になった。四つは全要素の生産率の増加速度が下がった。1978―2008年、全要素の生産率は年間平均3.7%増加してた、しかし2009年から増加スピードは明らかに反落した、2009年−2014年の年間平均増加率はただ1.5%だった。現在、直接に国外から技術導入の案件は少なくなった、要素が農業から非農業への移転から効率向上に対する効果も弱まってた。技術に追いかける特定規則に束縛されてる一方、元の生産性向上させられた継続できなくなった事を判明できた。供給条件が大きく変わったから、人民達が良い安全な環境を期待してる事を回答しながら、グリーン、低炭層、循環発展の要求も満足しなければならない。

 資源の配置方法は速めに全般的に調整が必要だ。先行国家より熟している経験、技術と産業発展ルートを活用できるから、後発国家として、全力で政府の資源配置力と合わせて、追い掛けながら巨大なエネルギーを放出できる。しかし多くの領域が引き続き世界最前線の技術に接近する事に従って、既存の技術や経験がますます少なくなってきたので、市場主体の能動性と手さぐり能力を更により良く生かさなければならない。同時に、マクロコントロールの中に総的な需要管理の効果も弱まって、供給政策の効果をより多くを発揮し、良好な環境と制度条件を創造する為に努力しなければならない、市場にて資源配置の中に決定的な効果を生かし、政府の役目を果たしたら、十分に市場の活力、潜在力と創造能力を発奮させられる。

 新常態を適応する為に新構想と新方法が必要、経済の中にの巨大な潜在力をアクティブ、積極的に新しい動力を開発しなければならない。一つは我が国の工業化、都市化の過程がまだ終わっていない、地区別のバラツキが大きい、発展の用地がまたある。2014年都市と町の人口は54.8%で、先進国の平均水準よりかなり低くて、2.6億の農村人口を市民にさせなければならないし、2億の貧困人口(世界銀行の標準により)は貧困から脱却しなければならなくて、1億の都市スラムに住んでる家庭が新しい居場所に引っ越すのが必要、これらにより巨大な需要量がある。二つは市場経済体制の改革潜在力が巨大で、多くの領域がまだ開放不足、参入不平等の問題があり、市場にての資源配置の役割をまだよく生かしてない。三つは我が国が全世界に一番完備な工業体制と産業一本化能力を持ってる。関連統計によると、我が国は世界で唯一の国連工業分類カタログに全部産業が持ってる国家だ、またたくさんの部分は全世界でもトップになってた。四つは我が国がすでに世界で最大のインターネットとモバイル・ネットワークの経済体になった、新ラウンドの情報技術産業より旧式産業を駆動、改造する中に、我が国の経済は比べるものがないメリットを持ってる。五つは我が国が全世界でも最大な、成長が一番速い、潜在力が巨大な国内市場をもって、産業の発展と革新の為に最も良い容量を提供できる。六つは国家の実力が強める事に基づいて、全世界向け積極的に次回の分業に参与し、新たの国際経済秩序の調整、改善に対して自発的に提案、参与及び推進する事に通して、更に高いレベル、更に高いグレードの開放の中に新しいチャンスを得て、経済発展のために更に広大な空間、更に有利な外部環境を作る為に努力する。体制仕組みの改革を促進、継続的に対外開放を拡大、これらの潜在力を全部現実化させて、今まで無い巨大な発展力を釈放できる。

 三、新たの開放状況で新常態を適応と導く

 目の前の世界は変革してる世界で、国際体系、国際秩序、国際力の対比が大きく調整されてる、中国と世界の関係も大きく変わって、国際社会との互い連携とインタラクティブが昔よりかなり緊密になって来る。総合的に判断できるのが、我が国は依然に大きくやりがいがある重要な戦略チャンス期間にあり、その中に一番のチャンスは自分自身が継続的に発展し更に強くなる。新しい歴史条件で、どのように国際市場と国内市場、国際資源と国内資源、国際ルールと国内ルールを考えて、活用し、積極的に開放型経済の新体制を作り上げ、経済発展の新常態を適応と導く為に努力しなければならない。

 積極的に経済を更に高いレベルにさせる。実践から見て、追い掛ける後発国家が高成長した後、経済の増加速度が反落したら以下のような二種類の結果があった。一つは高収入基準を越え、経済は熟していたから反落、例えばドイツ;もう一つは高成長した、有効に戦略を調整できず、変わった新条件と新情況と合わせなくて、経済が急に止まり、後退までになった、社会トラプルを引き起こし、長期に “中等収入の窮境”に陥った、例えば一部分のラテンアメリカの国家やソ連、東ヨーロッパ国家等。目の前の新常態が経済が更に高いレベル、分業が更に複雑、仕組みが更に合理的なステップへ進展する為に避けておとれない道である事を認識しなければならない。また、経済は急速の成長ステップが終わったら、当然に高中速になるはず、産業仕組みが当然にアップグレードできるはず、経済リスクが当然に消化できはず、経済が当然に次のステップになるはずと勘違い事ができない、即ち、新常態が違うステップの調整がただ唯一の結果になる事ではなく、経済は更に高い、更に熟してるステップにさせる為に、積極的に努力しなければならない。

 経済発展の品質と収益を高める為に力を入れる。新常態に入って、増加速度は下がったが、品質収益は向上する用地が巨大、発展する事が第一の任務として、品質収益を向上する為に努力すれば、生産効率を更に向上、更に公平、公正、共有の発展のために有利だ。以前の発展モデルは明らかな“スピード収益型”の特徴があり、つまり企業利潤の状況が高スピードに頼ってた、一旦スピードが落ちたら大幅の損が出て来た。国際経験による、増加速度が下がっても企業が絶対利潤を取らない事ではなかった。我が国なら全要素生産率の源の仕組から見て、農業とサービス業より制造業は高い、投資品制造業への投資が他の制造業より高い、生産性サービス業は他のサービス業より高い、可貿易部門は非貿易部門より高い。お互いの効率バラツキは先進国の平均水準より大きいから、我が国が産業革新と生産効率アップの用地がより大きいだ。経済発展が新常態に入って、改革開放の為に、経済発展の品質と収益を高める事を中心として、規模とスピードだけ求める粗放的なモデルを改善、経済発展が自覚性と主動性へ転換するのを加速、経済仕組みをうまく調整しなければならない。

 自由貿易試験区の開放プラットフォームを活用する。引き続き経済仕組みを最適化にする事は新時期では一番の任務だ。現在、我が国のサービス業がGDPの比重がまだ高くない、国際競争力はまた弱い、サービス業の発展するためにゆとりがある環境を創造するべき、サービス業の国際競争力を高める事を加速しなければならない。国内に対し、サービス業の自主権を拡大するために、積極的に改革を深めるのが必要、国外に対し開放規模を拡大しなければならない、効率よく外部資源を利用し、国内で改革を促進する。当面、サービス業の領域に対して、先進的な開放と管理パターンはまだ良く理解できてない限り、自由貿易試験区より国外のサービス業の開発経験を良い参考ができるはず、まず、自由貿易試験区で先に先に試みて、次は、全国向けに広める。自由貿易試験区の建設は二つの効果を生かさせなければならない:一つは見本役割、全国の改革開放のために、“投資前の内国民待遇+ ネガティブリスト”の管理パターンを探求;二つは先導役割、地方特色と合わせて、開放の基地を作って、地域のグロース・ポール役割を生かす。

 積極的に、実に“一帯一路”の建設を促進する。“一帯一路”は習近平総書記より2013年に提議した重大な国際協力の提案だった、この提案が沿線国家の発展要望と良く合わせて、関係国家も積極的応援して頂いた。“一帯一路”が幅広くて、協力内容が豊富で、合作方式と方法が多くて、互恵とウィンウィン、、開放収容の理念で親和力が持ってる、新時期で我が国が対外開放を拡大、国際協力を展開の為の大きいなプラットフォームになった。このプラットフォームを良く利用し、トップデザインを良くさせ、システムを完備、自由貿易区に関する協議と交渉を加し、積極的に沿線国家のインフラを相互に接続させる事と、経済貿易の協力を促進し、新興市場を開拓、産業分布を合理化させ、全体的に国際及び国内の二つの市場、に種類の資源、二種類のルールを正しく運営する能力を向上する。

(作者:国務院発展研究中心センター主任)

関係論文