ご意見・ご感想

再生可能のエネルギーを発展、エネルギー及び生態安全を守る

発表時間:2015-09-28 | 字体拡大 | 字体縮小

著者:陳元 | 出所:《求是》2015年第18期

 環境、気候、生態、持続可能的など問題が日に日に厳しくなってきた現在は、新型のクリーンエネルギーをに、伝統の化石エネルギーの依存から抜け出す事は、すでに世界経済のモデルチェンジの為に大切な力になった。中国のような人口の大国、発展途上国、エネルギー多消費の大国をとして、クリーンの再生できるエネルギーの開発は、更に重要的な現実意味と戦略意味があり、我が国に対してエネルギー安定供給、生態建設、技術進歩、人民生活などの各方面には重要な推進作用が有る。

 一、エネルギー独立及び自給を促進、エネルギー安全及び経済安全を守る

 我が国がすでに全世界の第二大経済体になった、経済の急速発展及び13億人口により、エネルギーの消費が巨大的になってきた、エネルギーの供給は需要との矛盾が日に日に厳しくになった。特にここ数年来オイルガスの輸入量は急速に増加した、輸入依存度が何度も新高値を更新した。2014年、全国エネルギーの消費総量は約42.6億トンの標準石炭で、その中に石炭の消費量66.0%だった、水力発電、風力発電、原子力発電、天然ガスなどのクリーンエネルギーはただ16.9%だった;当年、原油輸入の約3.1億トン、輸入依存度は59.6%に達した、天然ガスの輸入は約590億立方メートル、輸入依存度は32.2%に達した、全て歴史上の新高値になった。それ以外、原油輸入のルートは単一で、75%ぐらいの石油輸入はマラッカ海峡を通さなければならなく、運送の安全保障が難しい。中国が台頭になってきた上で、西洋世界が中国に対しての抑制も激化になって行った、周辺の情勢は日に日に複雑で、地縁政治の変化によりエネルギーの供給体制更に脆弱になる。エネルギーの安定供給は経済安全更に国家安全と関わってる、エネルギー供給体制が弱くになったら、国際社会に更に大きな役割を果たすには邪魔だった。

 エネルギーの安全問題を解決には、国家がエネルギーの戦略上について調整しなければならない。一方では、エネルギーの独立が基本方向にして、存分に天然の自然資源を利用しながら、再生資源を開発する同時、消耗を減らし、国の経済安全に有利のエネルギーの保障体制を構築する。エネルギーの独立は二つの内容があり、一つは大幅に節約、消耗を減らす;もう一つはエネルギーは大幅に自給でき、国際市場の依存度を減らす。短期から見て、エネルギーが全く独立するのがまだ現実的ではなく、依然にグローバル化の傾向に立脚、対外エネルギーの合作を強化、海外供給を安定させ、中国を中心として、中国の為のエネルギーの保障体制を構築為に努力する。中長期から見て、最大限度にエネルギーの輸入と化石エネルギーの消耗を減らしながら、積極的に化石のエネルギーを代替できる再生資源を開発、たとえば光エネルギー、風力エネルギー、バイオマスエネルギーなど、エネルギーの自給が、更に信頼できる、継続できる、更に耐衝撃力及び強靭性を持たせる。これも当面には世界のエネルギー戦略の基本的な方向である。米国を例にして、ニクソン政府の時代、世界のエネルギー危機のダメージを受け、米国が“エネルギー独立”の発展道を求め始めた。ここ数年、大規模にシェールガスの開発利用のおかげで、米国のエネルギー独立は重大な進展を得られた。データにより、シェールガスの影響で、現在米国はすでにロシアを越えて、世界最大の石油と天然ガスの生産国になった、エネルギーの自給率は9割になってきた。オイルガスの価格メリットによって米国の制造業は更に競争力が高くなった。推定によって、毎年、シェールガスは米国の制造業に110億ドルぐらいのコストを節約した。制造業の回復は、米国の

 再工業化戦略の実施や、就業と経済の成長に有利だった。実際に我が国の国情から見て、エネルギーを輸入する場所はほとんど政局が不安定なので、いつも動乱を起こしてた、エネルギーの輸入が不安定な要素になった。再生資源の潜在埋蔵量が巨大、クーリンな再生資源の開発に力にいれる事は、エネルギーの独立戦略については一つの重要なルートだと思う。バイオマスエネルギーを例にして、農村は毎年大体8億トンのわらがあり、10億トンの鳥獣の糞便と40億トンの尿液がある、ほとんど利用してない。例えば、毎年利用していない2億トンのわらと8億トンの鳥獣の糞便をエネルギーに転化させたら、メタンガスの生物天然ガスは686億立方メートルを換算できる、およそ2014年の全国天然ガスの消費量の37%になる、輸入量の1.2倍、天然ガスに基本的に自給できるようになれる。また都市の糞便や汚水、有機廃物などすべて計算したら、十分に利用できれば、数量が更に大きくて、生物の天然ガスは1000億立方メートルまでに生産するのが可能性が有る。

 一方、積極的に分布式の再生資源を開発、ローカルでのエネルギー自給能力を高める。エネルギーの利用と供給方法から見て、未来、エネルギーの供給が分布式とネットワーク式と合わせ、互いに補充する供給が基本モデルになり、再生可能資源は分布式を主体にする。我が国は農村と町の地域が広大で、住民も分散していて、分布式のエネルギーは都市より更に条件を備えてる。バイオマスエネルギーの使用は分布式と合わせて、大幅に農業生産、エネルギー抽出と最終エネルギー消費の閉ループ制御及びグリーン循環を実現すれば、農村、町と都市は、それぞれエネギー自給でき、電力、石油、天然ガスのなど国家エネルギーのネットワーク対しての依存を減らせる。エネルギーシステムは災害抵抗力が高める、エネルギーの安定供給を保障する事に対し、全局的な意義がある。

 二、生態環境の開発過度を補う、グリーンの持続可能性な発展を実現

 長期に粗放型の発展が生態環境に対してひどい汚染と破壊をもたらした、生態の悪化、環境の過度開発が持続可能な発展は厳しくなった、人民達もすごく文句が持っていた。これらの汚染は、不合理のネルギー消費仕組みと関わっていた。エネルギーの消費には、大部分は石炭、石炭が燃やしたら大量に二酸化硫黄、二酸化炭素や煙やほこりを排出、煤煙型大気汚染を形成した。それ以外、農村で養殖廃棄物がそのままに排出、農作物のわらを燃やしと廃棄、工業汚水の処理が下手で土壌、水と空気にひどい汚染を与えた。その中に、わらの燃やしよりスモッグに12%の粉塵と5%の窒素酸化物を“貢献”した。牧畜の大小便をむやみに排出や病死した牧畜は処理無く捨てた事により病原菌が広めるのをもたらして、人間と家畜の健康に悪い影響を与えた。

 生態を回復させ、開発過度の環境を補う為に、必ずエネルギー政策を調整しなければならない。この中に、石炭代替の為に更に石油、天然ガスを輸入すれば可能だが、長期から見たら、生態の改に有利だが、エネルギーの安定供給には役立たない。石炭設備を改造する事によって、工業の省エネ・廃棄物削減を促進できる。この仕事はすでに初歩的な効果を得た、いくつか大型の石炭発電所の排出はほぼゼロになって来た、しかし全面的に広めるのは更に時間を掛かって努力しなければならない。根本的に言えば、グリーンの再生可能な開発しないと、特にバイオマスエネルギー、徹底的にエネルギーよる環境汚染問題を解決できない。

 バイオマスエネルギーは一つの大切なクリーンエネルギーとして、生態上の効果はとても著しい。推計するによると、バイオマスエネルギーを利用できれば、大幅に有害物質の排出を減らすことができる、全国から見て毎年二酸化炭素の排出を5000数万トンぐらいを減らせる、全世界に対して気候変化の対策にはとても大きな貢献だと思う。農村のメタンガスの開発通して、“養殖+メタンガス+栽培”の良性循環を形成すれば、有機物が田を戻せば化学肥料や農薬の使用量を20%ぐらい減らせる。もし農村のわら、人間と家畜の糞便、生ごみ、メタン液体の残り、生活廃水、更に都市パイプの汚泥等はすべて有機的にエネルギーや無菌、無毒、無害な有機的な肥料に分解できて田に戻せる事ができたら、大量に化学肥料を使う事を減らせるし、土壌改良、また無公害のグリーン農産物を提供できる。現在、農村は毎年5000数万トンの化学肥料を使っている、大量に石炭、石油と電力資源を使う同時に、土壌硬化、酸化、肥沃度低下と農村汚染等を引き起こしながら、水を富栄養化にさせる。強力にバイオマスエネルギーを開発すれば、根本的に環境の過度開発の局面を転換させることには有利だ、汚染のマイナス要因、マイナス資産を訂正できたら、エネルギーの利用は改めて大自然を復帰し、生態循環の積極的なとプラス資産になって行く、青々とした山と川のような生態建設に貢献する。

 三、農民性格を改善、都市と農村の一体化を推進

 全面的に小康社会(いくらかゆとりのある社会)作り上げる目標を実現する為に、弱みが農村、特に貧困地区だ。農村の全面的な小康を実現する為に、一つの基本任務は農村の生産生活条件を改善する事だ、農民の水、電気、ガスの問題を解決しなければならない。現在、農村には一人当たりエネルギーの消費水準が低くて、優良品質のエネルギーの割合が低い、新農村と新型都市化の建設の推進に従って、農村のエネルギーの需要量が大幅に増やして行く。農村にはをバイオマスエネルギーの開発を加速し、廃棄物の再利用、不利を有利に、等通して、廃棄物よる汚染を低減、農村の環境を美化、また、地の状況に応じたやり方をできて、現地で農民の就職問題を解決できる。再生資源の開発を農村の特色産業にすれば、さらに農業の産業チェーンを完備、農村の産業仕組みを合理化、エコ農業の発展を促進、農業経営収益を向上、農村の就職レベルをアップ事にはメリットが有り、農業産業のモデルチェンジの力になれる。

 これ以外、農村のバイオマスエネルギーの開発により、また投資促進や、社会資本は農村建設にの参与を誘致や、農村インフラへの投入を増加にも役立てる。現在、北京徳清源会社にて延慶でわらのエネルギー化の処理テスト行ってる、良い経済効果、生態効果と社会効果を取った、1ムーのわらより大体46立方メートルの高純度メタンガス、250キログラムの有機肥料を生産できて、26キログラムの汚染物質を減らした。このモデルを全国範囲で広めば、毎年3.28億トンのわらを処理することが可能、投資金額は2.9兆元に達成できる、その中に、バイオマスの天然ガスの工事に1.7兆元、村レベルの天然ガスパイプの建設に1.2兆元を投資する。当面、経済下がりの圧力が大きい状況で、新しく有効な投資ブームを発掘する事には積極的な意味があり、短期とも長期とも本当にメリットがある。

 四、科学技術の進歩を加速、技術のノーハウを先に占拠

 新エネルギーの開発する事は今回の産業革命に対し重要な方向と突破口だ。新エネルギーの開発と利用する技術レベルに言えば、我が国と先進国はほとんど同一のスタートにいる、先手を取れる方が不败の立场に立てる。ここ数年、我が国は太陽エネルギー、風力エネルギーなどの新エネルギーの開発と利用する技術レベルはどんどん高めてる、ある分野がすでに国際レベルより先進になった。バイオマスエネルギー領域では、中国の特別メタンガス技術はだんだん熟していて、材料投入とガス抽出の設備も急速に普及されてる、いくつかの肝心な技術は難関を突破し、産業化を実現できた。その他に、生物科学技術領域で新しい成果も取った。たとえば、バイオベースでカダベリンを合成する技術によりバイオマスで石油をポリアミド56を合成できるようになった、二酸化炭素の排出は大幅に減らし、密度が低い、弾力性の回復率が高い、難燃性などの優れる性能が持ってる、国家の知的所有権を持っている。また、バージニア理工大学の張以恒教授で開発した体外でを生物合成技術より、トウモロコシのわらからのブドウ糖とキシロースより水素に転化する事が成功した、生産高は理論の最大値に達した。将来には、バイオマスエネルギー開発利用は更にいくつか重点技術を突破する為に努力するべきだ。たとえば:バイオマスの発酵効率をまた向上できるだろう、更に向上できるはず、効率高い触媒酵素を通して、原料中のセルロース、リグニン等できるだけ多くのメタンや水素に転化させる;植物光合成の転化率また向上できないか、植物遺伝子の改善により、光合成スピードを加速する事で、倍に二酸化炭素を吸収させ、土地で“エネルギー栽培”を実現する;バイオマス原料の出所をこれ以上広めるできないか、成長周期が速い植物や家庭ゴミ、人畜の糞便、都市の汚水と汚泥などの有機物全部エネルギーの源にさせる。グリーン生態、省エネ・廃棄物削減に対し“四つのゼロ”の目標があるべき。一つはゼロの汚染排出、二つは水資源のゼロ排出、三つは保温エネルギーのゼロ消耗、四つは昼間照明のライトがゼロになる。

 何れにしても、我が国がバイオマスエネルギの開発は大切な戦略意義があり、機が熟していた、発展余地が広い。現在、目の前の問題は、技術、資金ではなく、肝心なのが認識だ。関連部門がこの仕事に対して更に関心を持つべき、バイオマスエネルギーの開発は今後の一つ重要な戦略の方向をとして、“十三五(第十三目の五年計画)”に目標を制定すべき、完璧なインセンティブメカニズムを創立し、資金、税収、補助金などの方面で技術研究開発、発電電気の価格、重点プロジェクトと模範地区の建設、工事維持に補助を強化する;法治と管理監督を強化、市場進出許可をゆるめ、特別許可の経営権が要る市場を整頓、ソーラ発電を電気ネットへの加入、生物天然ガスを天然ガスネット及び自動車用ガスの領域に加入する事をサポード、全国的な大きな市場をバックアップとして再生バイオマスエネルギーの発展普及させる;肝心な領域での技術難関の突破を加速、方案を完備させ、資源を統合、集中的に成熟モードを広める;投資と融資のシステムを完備、政府、企業、金融機関、家庭農場など広範に参与させ、多方受益の運営システムを構築、徐々にバイオマスエネルギーの開発利用の産業化レベルを高め、エネルギーと生態安全を保障するために力になる。

(作者:全国政治協商会議副主席)

関係論文