ご意見・ご感想

特赦再開に関してプロの解釈:法に基づく国家ガバナンス理念を発揚、囚人に優しくしてあげる伝統を体現

発表時間:2015-09-24 | 字体拡大 | 字体縮小

著者: | 出所:人民網

人民網北京8月24日のニュース(劉茸)今日、12届全国人民代表大会常務委員会の第16次の会議で全国人民代表大会常務委員会より提案した一部の服役犯人を特赦するの決定草案を審議した。草案により、中国人民抗日戦争並びに世界反ファシズム戦争勝利の70周年を紀念する為に、2015年1月一日前に受刑してる、釈放しも社会に危険性がない4種類の犯人に対して特赦を実行する。 

この4種類の犯人は:一は中国人民抗日戦争、中国人民解放戦争を参加した服役してる犯人。二は中華人民共和国が創立した後、国家主権、安全及び領土を保衛ため、対外戦争に参加した服役してる犯人、しかし、その中に汚职、贿赂を犯した、人民安全に危害した暴力性犯罪、国家安全に危害した及びテロ、暴力団がらみ等暴力犯罪組織に関わる主犯と常習犯は、特赦しない。三は七十五歳以上、重症心身障害且つ一人で生活できない服役してる犯人。四は罪を犯した時18歳不満、3年以下の有期懲役と判決あるいは余る刑期の1年以下で服役してる犯人、しかし、その中に故意殺人、強姦などのひどい暴力性犯罪、テロ活動の犯罪、麻薬販売の犯罪した犯人を、特赦をしない。 

新中国が創立した後、憲法によって、国家より既に7回に特赦を行った、それぞれ1959年、1960年、1961年、1963年、1964年、1966年、1975年に実行した、つい最近のは一回はすでに40年間すぎた。現行の憲法により、全国人民代表大会常務委員会にて特赦できる可否を決定し、国家主席にて特赦令を配布する。 

全国人民代表大会常務委員会法制工作委員会の主任李適時にて草案を作った時に以下より述べた、中国人民抗日戦争並びに世界反ファシズム戦争勝利の70周年を紀念する際に、一部の服役してる犯人を特赦するのは、憲法より規定される特赦制動を革新的な実践として、重大な政治的な意義と法治的な意義があり。共産党及び国家の立場から見て、共産党が執政の自信と制度の自信を持つことが表せ、国家が開放的な、民主的な、文明的な、法治的な大国のイメージを確立できる。法律に基づいて国家ガバナンスは徳に基づいて国家ガバナンスと組合わせ、法に基づく国家ガバナンス理念を発揚、囚人に優しくしてあげる伝統を体現、且つ、憲法制度を守り、憲法権威を尊重する社会雰囲気を形成に有利だ。実際の効果から見て、人民群衆の愛国情熱を呼び起せ、特赦の感化効果を生かせば、社会の調和と安定を促進する事ができる。 

李適時の紹介により、 “判定したらすぐ釈放を”の情況起こせないように、草案にて特赦対象を2015年1月1日の前に服役している犯人を限定される。特赦の実行に関して、草案にて施行決定を開始してから、上述の条件を満足服役してるに対し、法律に基いて人民法院より裁定を出したら、すぐ釈放する。 

李適時の紹介より、決定草案の起草は全体的な構想には三つの部分を注意しなければならない:一つは特赦範囲を厳しく管理。中国人民抗日戦争並びに世界反ファシズム戦争の勝利70周年を記念する事はテーマである事を強調しなければならない、特に中国人民抗日戦争、中国人民解放戦争と新中国創立してから国家の主権、安全及び領土保全を保衛する為の対外戦争を参加した服役してる犯人を特赦範囲には入れるべき。同時に、人道主義精神を体現する為に、七十五歳以上、重症心身障害且つ一人で生活できない服役してる犯人、及び未成年の時犯罪した、軽刑を判決された或は余る刑期が短い服役してる犯人を特赦範囲に入れるべき。二つは慎重に穏当である事。特赦対象の身分を互いに張合えない事を強調、特赦条件の客観性を重視する。当面、腐敗反対闘争の情勢が厳しくて複雑なこと及び人民群衆の安全性を考えれば、国家の政治安全を守る事を考慮すれば、草案には、汚职、贿赂を犯した、人民安全に危害した暴力性犯罪、国家安全に危害した及びテロ、暴力団がらみ等暴力犯罪組織に関わる主犯と常習犯を特赦しない事を明確にした。三つは法律に基いて行う事。特赦の政治性と法律性はとても強く、法律に基いて行うさえ、一番最高の社会効果を収める事が出来る。決定草案の作成、発表、実行、すべて厳しくて憲法と法律に基づいて執行しなければなりません。 

関係論文