ご意見・ご感想

「四つの全面」「国家統治(ガバナンス)現代化を推し進める戦略的配置

発表時間:2015-07-03 | 字体拡大 | 字体縮小

著者:杜飛進 | 出所:光明日報

国家統治(ガバナンス)の現代化は我が国の社会主義現代化の重要な内容であるだけでなく、社会主義の現代化を実現するする前提条件と重要な道でもある。党の第18期第3回中央委員会全体会議では「中国の特色ある社会主義制度を充実させ、発展し、国家統治(ガバナンス)体系と統治(ガバナンス)能力の現代化を推進すること」「改革を全面的に推し進める総目標として、習近平同志はうち出した「「四つの全面」の戦略配置の調和の取れた推進、トップダウン設計と具体的配置の上にも国家統治(ガバナンス)の現代化を実現する道筋を規定し、我が国の国家統治(ガバナンス)現代化の推進を速めるという偉大な征途をスタートしている。

「四つの全面」の戦略配置は国家統治(ガバナンス)現代化の法則に対する認識を深めている

「四つの全面」は国家統治(ガバナンス)現代化の道、モデルへの認識を深め、現代化は1つの経路しかないのではなく、道とモデルの選択は自国の実際から出発しなければならないとを明示した。現代化への追求は多くの発展途上国の共通願いである。前世紀50、60年代、欧米のいわゆる自由民主の現代化モデルが第三世界諸国に応用した際に挫折と失敗に遭遇した。それと異なって、わが党は創立した時から、中国人民を率いて自分の道に確固不動として歩んできた。習近平同志は次のように深く突っ込んで指摘し、ある国がどのような統治体系を選ぶかは、その国の歴史の伝承、文化伝統、経済・社会の発展水準によって、その国の人民によって決められるものである。わが国の今日の国家統治体系は、わが国の歴史の伝承、文化伝統、経済・社会の発展をふまえて長期にわたって発展し、徐々に前進し、徐々に改善し、内生的に進化した結果である。「四つの全面」の戦略配置は、正に我が国の社会主義現代化の実践経験に対する総括と昇華である。「四つの全面」の中でいずれの「全面」は、中国の特色ある社会主義を堅持し発展させる中核と方向を目指して、わが党の主張と不動心を十分に示した。「四つの全面」は目標、動力、制度、能力などの面から全方位に党と人民が中国の特色ある社会主義の道に沿って社会主義の現代化を実現する独特なモデルと独特な道の計画を立ててきた。

「四つの全面」は、国家統治(ガバナンス)現代化を推し進める複雑かつ総括的なシステム工学である。「四つの全面」の戦略配置を調和をとれて推進すれば、国家統治(ガバナンス)の現代化のを達する目標を規定しただけでなく国家統治(ガバナンス)の現代化を実現する具体的な措置を含み、深く掲示しました、国家統治(ガバナンス)体系は論理が厳密で、一環と一環が噛み合わせあう制度体系であり、諸般の建設事業が調和をとれて押し進め、お互いに協力し、はじめてトータルなシステム機能を発揮することができ、国家統治(ガバナンス)体系と統治(ガバナンス)能力の現代化を推進する効果を達することができる。国家統治(ガバナンス)能力は総合的能力で、党の執政能力の向上を重点として、各級の幹部、各方面の者の資質と才能を高め、党と政府機関、企業・事業体、人民団体、社会機構の行政・事務能力を高めて、はじめて先進的な国家統治(ガバナンス)能力を形成することができる。国家統治(ガバナンス)体系と国家統治(ガバナンス)能力は互いに補完し合う有機的な全体であり、国家統治(ガバナンス)体系は根本から統治(ガバナンス)能力の内容の達成できる上限を定めていて、国家統治(ガバナンス)能力は逆に国家統治(ガバナンス)体系の機能を影響し、国家統治(ガバナンス)体系と国家統治(ガバナンス)能力の現代化が相互噛み見合わせて、はじめて国家統治(ガバナンス)現代化はの複合力を形成できる。国家統治(ガバナンス)の現代化を国家統治(ガバナンス)体系現代化と国家統治(ガバナンス)能力の現代化の2つの面に分けて、制度づくりを終えるなら万事目出度いという半面的な認識を排除すること、これは中国の特色ある社会主義国家統治(ガバナンス)理念と実践の重要な革新と理念だけではなく、現代国家統治(ガバナンス)の理論を豊かにし発展させることであり、「四つの全面」戦略配置の科学性を十分に体現した。

「四つの全面」はどのように執政党、政府、市場と社会の関係などの国家統治(ガバナンス)現代化における根本問題に科学的な解答を提供した。「四つの全面」の戦略配置は執政党、政府、市場と社会の関係の処理に正しい原則と効果的な道を明確にした。政府と市場の関係の上で、公有制を主体として、多種の所有制の経済が共に発展する基本経済制度を堅持し、市場に資源の配置において決定的役割を発揮させ、より良く政府の役割を発揮することを明らかに提起し、体制・メカニズムの充実化の具体措置をうち出した。執政党、政府と社会の関係は、人民全体の根本的な利益と一致し、党と政府のすべての仕事がすべてもっとも広範な人民の根本利益を地道に実現し、しっかりと擁護し、うまく発展させることを出発点と立脚点にすることをふまえれば、根本から執政党、政府、社会の間の根本利益が一致する基礎の上で全体として調和する関係を保証した。具体的な表現として、人民の主体的地位に際立せ際立たせ、人民代表大会制度を根本的政治制度として、国家のすべての権力が人民に属することを堅持する。中国共産党の指導中核的役割を際立たせ、中国共産党の指導下の多党協力と政治協商制度、民族地域自治制度おび末端の大衆自治制度を基本政治制度として、党の指導を中国の特色ある社会主義最も本質の特徴であることを明確にしている。法律に基く国家統治(ガバナンス)という党が人民を指導し国家統治(ガバナンス)の基本方策を堅持し、党の指導と人民と主人公となること、政府の役割を効果的に発揮すること、社会主義の法治とが一致するである。

「四つの全面」の戦略配置は明確に中国の特色ある社会主義国家統治(ガバナンス)の現代化の理念、目標と道を明確した

小康社会を全面的に完成すること、これは中華民族の偉大な復興を実現するという中国の夢の肝心な一歩として、根本から国家統治(ガバナンス)の現代化の方向、道と重点の内容を規定した。2020年にまで小康社会の全面的完成、「四つの全面」の戦略配置の中における戦略目標の中核的地位にあり、その他の三つの「全面」はすべてこの戦略目標を中心としている。小康社会の全面的完成は国家統治(ガバナンス)の現代化のために方向、道、重点を指し示している。国家統治(ガバナンス)現代化の方向は小康社会の全面的完成という目標の方向づけを沿って、中華民族の偉大な復興の実現という中国の夢の方向に向かって、一連の完備した、安定で、役に立つ制度体系を充実化し、発展させ、中国の特色ある社会主義制度が更に熟していっそう定型化するよう促進する。国家統治(ガバナンス)の現代化への道は、中国の特色ある社会主義の道である。当面国家統治(ガバナンス)現代化の重点は、いっそう思想を解放し、社会の生産力を解放し発展させ、社会の活力を解放し強化し、各方面の体制改革と制度の実施能力向上を通じて、党、国家、社会の諸般事務の管理の制度化、規範化、手続き化を実現して、絶えず高まって中国の特色ある社会主義制度の効果的に国家統治(ガバナンス)能力を運用する。また次のことを、小康社会の全面的完成は中華民族の偉大な復興を実現するという中国の夢が密接に繋がり、中国の夢の段階的目標と現段階の実現方法であると見てとるべきである。それに応じて、国家の現代化する重要な構成として、国家統治(ガバナンス)体系と統治(ガバナンス)能力の現代化は小康社会の全面的完成の時に基本的に実現するべきである。

改革を全面的に推し進め、党は新しい時代の条件下で全国各民族人民を率いて新しい偉大な革命を行い、国家統治(ガバナンス)の現代化のために原動力と重宝を提供している。改革を全面的に推し進めることにより国家統治(ガバナンス)現代化を促進するには、党の第18期第3回中央委員会全体会議の「決定」で提起された6つの「しっかりと中心に据えて」、経済、政治、文化、社会、生態文明と党建設の各分野の改革を全面的に推進する。経済体制の改革は改革を全面的に推し進める重点であり、中核問題は政府と市場の関係をうまく処理すること、市場に資源の配置において決定的役割と政府の役割をよりよく発揮させる。基本経済制度を堅持し充実化することを通じて、現代市場システムの整備を加速させる、財政・租税体制改革などを推し進め、経済体制の改革による牽引する役割を発揮させる。同時に、国家統治(ガバナンス)現代化という要求に応じて、人民の主体とする地位の堅持に着眼して積極的かつ確実に政治体制改革を推し進め、より広範な、より十分の、より健全な人民民主を発展させる。党はあくまでも中国の特色ある社会主義事業の強靱な指導中核として党建設の制度改革を推し進め、現代化のマルクス主義政党統治(ガバナンス)体系を確立する。法治政府、革新政府、廉潔政府とサービス型政府づくりに着眼し、行政体制の改革を推し進め、現代化した政府統治(ガバナンス)体系を確立し、社会の活力を引き出し社会統治(ガバナンス)体制の改革の深化に着眼して、現代化した社会体系を確立する。

法律に基く国家統治(ガバナンス)を全面的におこない、現代社会統治(ガバナンス)する標識と基礎として、国家統治(ガバナンス)の現代化のために全方位的サポートを提供する。法律に基く国家統治(ガバナンス)を全面的に推進すること、これは国家統治(ガバナンス)分野の広範で深い革命であり、法治は経済社会の発展、人の現代化と国家統治(ガバナンス)にの現代化について特殊な作用があり、社会の力に関する統一調達、社会利益のバランス化、社会(親戚・人間)関係調節、社会行為の規範化する面で取って代わることのできない大きな効果がある。全面的に法律に基く国家統治(ガバナンス)に対して現代化する全方位的サポートする役割は、法律に基く国家統治(ガバナンス)は党は人民を率いて国家統治(ガバナンス)を行う基本方策と、法律に基く国家統治(ガバナンス)は党が家統治(ガバナンス)の基本方策である。我が国の憲法・法律は党の主張の人民の願いと統一する体現であり、最大限に社会の共通認識を反映することができ、強い凝集力がある。党は指導し、人民は主人公となり、法律に基く国家統治(ガバナンス)は有機的に統一し、社会主義の法治の巨大な優位性を示している。法律に基く国家統治(ガバナンス)を全面的に行うことは社会の公平・正義を実現する力強い保障である。法律は国家統治(ガバナンス)の重宝であり、法治は国家統治(ガバナンス)体系と国家統治(ガバナンス)能力の重要な依拠となり、法治の軌道上で国家統治(ガバナンス)の現代化を推し進めなければならない。当面、われわれは法律に基く国家統治(ガバナンス)、法律に基く行政統治(ガバナンス)、法律に基く社会統治(ガバナンス)の一体化建設を堅持し、科学的に立法し、厳格に法律を執行し、公正な司法、国民全体が法律を守ることを実現し、大いに国家統治(ガバナンス)現代化の過程を加速しなければならない。

党を全面的かつ厳格に統治(ガバナンス)することは、党はあくまでも中国の特色ある社会主義事業の強靱な指導中核という根本に取り組めば、国家統治(ガバナンス)の現代化のために根本保障を提供できる。党の執政能力は強いかどうか、党の指導核心とする地位は強固であるかどうか、経済社会の発展の各方面、各分野に影響するだけではなく、人民大衆の積極性、主体性、創意性は効果的に発揮することができるかどうか、人民大衆は主人公となるという地位は強固であるかどうかは、それぞれに主体の能力の建設に影響を及ぼしている。そのため、国家統治(ガバナンス)能力の重点は党の執政能力を高めることである。あくまでも党と人民大衆の血肉のつながりを保ち、あくまでも党は中国の特色ある社会主義事業の強靱な指導中核となるという高みに立って、党を全面的かつ厳格に統治(ガバナンス)するには、必ず以下の根本的な道筋と戦略的措置を堅持しなければならず、思想面においてメーンスイッチしっかりと押さえ、思想面の党建設と制度面の党建設がしっかり結び付けることを堅持しなければならない。風紀の育成を突破口にし、「四つの風潮(形式主義、官僚主義、享楽主義と贅沢三昧な風潮)」の問題を解決することから広げていき、党の作風の全面的な純潔化をはかる。幹部を厳格に律して、「三厳・三実」の要求に則って、指導幹部のこの「肝心な少数」に取り組み、全方位的に制度の檻をきつく括る。党を厳格に統治(ガバナンス)する系統性、先見性、創意性、実効性を強める。こうした措置対策は、党の執政能力を高めるとともに、国家統治(ガバナンス)能力の全面的向上を大いに促進するであろう。

「四つの全面」を指導として国家統治(ガバナンス)体系と統治(ガバナンス)能力の現代化を推し進める

「四つの全面」を指導として国家統治(ガバナンス)体系と統治(ガバナンス)能力の現代化を推し進めるには、戦略的措置を掌握するだけでなく、その精神的本質をとらえ、重点的に以下の3つの問題をつかめなければならない。

「四つの全面」は有機的な全体であり、調和のとれた推進を「四つの全面」実施の重点としなければならない。「四つの全面」の戦略配置を徹底的に実行するには、調和のとれた推進を重点としなければならず、その科学的内包を深く突っ込んで理解し把握すべきである。第1、「四つの全面」は中国の特色ある社会主義の根本属性と本質的な要請を体現し、その中を貫く趣は中国の特色ある社会主義を堅持し発展させることである。それは次のような不変の立場を深く体現し、つまりもっとも広範な人民の根本利益を地道に実現し、しっかりと擁護し、うまく発展させることである。第2、「四つの全面」の中で、小康社会の全面的完成は指導的な地位づける戦略目標であり、その他の戦略的方向づけを規定しただけでなく、この三つの「全面」を実施した上ではじめて実現することができる。改革を全面的に推し進めることと全面的な法律に基く国家統治(ガバナンス)は、「鳥の両翼」、「車の両輪」のようであり、小康社会の全面的完成が期限どおりに実現されるよう推し進め、全面的な党統治(ガバナンス)を厳格にし、深く突っ込んで発展させるようを推し進める。全面的な党統治(ガバナンス)を厳格にし、強靱な指導中核を鍛え上げること、これは、小康社会の全面的完成、改革を全面的に推し進め、法律に基く国家統治(ガバナンス)を全面的に行い、あくまでも正しい道を堅持し、正しい方向に沿って、各既定目標を実現する根本的な保証である。

第3、「四つの全面」はいずれの「全面」も一連の実際と結び付、過去を受け継いで未来を切り開き、果敢に革新し独自の特色を持つ戦略措置と戦略思想を含んでおり、「四つの全面」を調和をとれて推し進めるには、必ず全面的な推進と重点的な突破の実現を促進しあうようになければならず、系統性、全体性、協同性を重視しなければならない。第4、各地の情況が異なり、「四つの全面」を調和をとれて推し進める中で全局意識をもたなければなならず、国家が一つの碁盤のような中で自からの地位と役割を明確にするとともに、実際の情況と現地の発展するニーズと際立った問題に即して、その地方によって、創意的に仕事を推し進める。

「四つの全面」は我が国が発展した現実に基づいて打ち出されたものであり、深く突っ込んで「四つの全面」の精神の本質をとらえなければならない。今現在、2020年小康社会の全面的完成にまでわずか5年だけ残り、任務が重くて、時間が緊迫である。「四つの全面」の戦略配置を調和をとれて推し進めることは、国家統治(ガバナンス)の現代化の実現における意味がただものではない。「四つの全面」の戦略配置は現在の我が国の発展した現実の必要と直面する際立っている矛盾に提起されたものであり、わが党は中国の特色ある社会主義の法則に対する認識が新たな高みに達したと示している。われわれは発展に目を向けて「四つの全面」を見るべきである。「四つの全面」は小康社会の全面的な完成を戦略目標とするのは、それが前の事業を受け継ぎ未来を切り開く重大な戦略的意味を際立たせるためであり、現在は決定的段階において、それはさらにその共通認識を結束し、力を結集する役割を発揮することができ、精力を集中し難関を突発して、勝利を勝ち取る目標に達する。しかし小康社会の全面的完成は究極の目標ではなく、中国の夢とつながったので、改革を全面的に推し進め、全面的な法律に基く国家統治(ガバナンス)と党統治(ガバナンス)は進行形あるのみで、これで終わりということはないのであり、したがって「四つの全面」の精神は実質として中国の特色ある社会主義の道、理論、制度を堅持する戦略的手段を堅持し発展させることであり、中国の特色ある社会主義を発展させる戦略配置であり、中国の特色ある社会主義の「五位一体(中国の特色ある社会主義を建設する総配置を指し、経済建設、政治建設、文化建設、社会建設、エコ文明建設が含まれる)」の全体的配置と統一する。当然ながら、中国の特色ある社会主義の理論体系は一貫して時代とともに前進するので、「四つの全面」の戦略配置も中国の特色ある社会主義の理論体系の最新成果として自然と時代とともに進んでいて、それは必ず指導する実践の中で検証を受け、実践の発展・変化により豊かになり完全なものとなっていく。

「四つの全面」は弁証法的唯物論・史的唯物論の真理の輝きをみせ、方法論の意味をもっている。第1、科学的社会主義の基本原則を堅持し、中国の特色ある社会主義の道の正しい方向を堅持し、調和をとれて「四つの全面」の戦略配置の推進の最も根本的な方法論であり、必ずしっかりと守らなければならない最低ラインである。第2、世界のすべては物質に統一し、物質が意志を決定するという原理を創意的に運用し、我が国の社会主義の初級段階という現代の中国の客観的実際から出発し、我が国の異なった発展段階の新たな変化の新しい特徴を正しくとらえ、客観的実際から出発して今の状況を認識し、未来へ計画を立てることを堅持し、政策を制定し、事業を推し進める。第3、矛盾の運動という基本原理を創意的に運用し、当面党と国家の諸事業の発展の中で必ず解決しなければならない主要な矛盾をつかんで、問題意識を強め、問題による方向誘導を堅持することを強調し、全体的計画を重視し、「牛の鼻輪」を引っ張ることを重視し、二点論をものいうだけではなく、重点論をもものいうのであり、主要矛盾と矛盾の主要な方面を優先的に解決し、これによりその他の矛盾の解決を促進する。第4、「世界が普遍的な関連している」という弁証法的唯物論の基本観点を堅持し、トップダウン設計、全体計画をを強化し、「四つの全面」の間のいずれの「全面」の内部と各具体的措置対策の間で秩序のある関連、有機的つながりを形成し、相互噛み合わせて、さらに政策の方向づけの上で相互協力し、実施する過程で相互促進、実際において相乗効果が現れるようにする。第5、人民群衆は歴史の創造者である観点を堅持し、もっとも広範な人民の根本利益を地道に実現し、しっかりと擁護し、うまく発展させことを諸般の活動の出発点と立脚点とすることを堅持するとともに、客観的法則の尊重と主観的能動性の発揮との関係をうまく処理することを堅持し、しっかりと人民に頼って諸般の事業を推し進める。

関係論文