ご意見・ご感想

着実に実践してこそ夢はかなえられる

発表時間:2014-10-20 | 字体拡大 | 字体縮小

著者: | 出所:『中華民族の偉大な復興を目指す中国の夢  習近平』

  中華民族の偉大な復興の実現という、栄えあるも困難きわまる事業を成し遂げるには、幾世代にもわたる中国人がともに努力していく必要がある。「空理・空論は国を誤り、着実な実践こそ国を興す」。われわれの代の共産党員は必ずや先人の事業を受け継いで後人のために発展の道を切り開き、わが党をよりよくし、中華民族のすべての人々を結束させてわが国をよりよくし、中華民族の発展をいっそう促し、中華民族の偉大な復興という目標に向かって引き続き勇往邁進していかなければならない。

  「復興の道」展を見学した際のスピーチ

  (二〇一二年十一月二十九日)

  二〇一二年十一月三十日付『人民日報』に掲載

  よく練り上げた構想を実施に移したら、実現するまでやり続け、確実に成果をあげなければならない。われわれはそのために、釘打ちの極意を身につける必要がある。釘は、金槌で一打ちしただけではしっかりと打ち付けることはできない。しっかりと深く打ち付けるには、何回も打ち続ける必要がある。一本打ち付け終わったらもう一本というように一本ずつ打ち込んでいけば、最後には必ず丈夫なものができる。だが、あっちを一打ち、こっちを一打ちというようにむやみやたらに打っていては、一本もまともに打ち付けられないであろう。われわれは「自分の代で成し遂げられなくても(未来の成功につながるなら)かまわない」という気構えをもつべきである。

  「中国共産党第十八期中央委員会第二回総会における談話」

   (二〇一三年二月二十八日)

  滔々たる時代の流れを受けとめ、人民大衆のより良い生活への切なる期待を受けとめるべきわれわれには、ほんの少しの慢心や気の緩みも許されない。われわれは、いっそう努力を積み重ね、勇往邁進して、中国の特色ある社会主義事業を引き続き前へ推し進め、中華民族の偉大な復興という中国の夢の実現に向けて引き続き奮闘していかなければならないのである。

  「第十二期全国人民代表大会第一回会議におけるスピーチ」

   (二〇一三年三月十七日)

  二〇一三年三月十八日付『人民日報』に掲載

  絶えず労働を尊んで、絶えず労働者に幸福をもたらさなければならない。労働は富の源であり、幸福の源でもある。誠実な労働によってこそ、世の中の美しい夢は実現され、発展の過程のさまざまな難題は乗り越えられ、人生のあらゆる輝きはもたらされるのである。中華民族を育み、中華民族の輝かしい歴史をつくってきた労働は、必ずや中華民族の明るい未来をも切り開くであろう。「勤勉に働けば、この世に難事はない」。それゆえわれわれは、労働こそ最も栄誉あり、最も気高く、最も偉大で、最も美しいものであるという意識をしっかりうち立て、全人民が労働の情熱をさらに燃やして潜在的創造力をいっそう発揮し、労働を通してよりよい生活をつくり出すようにしなければならない。

  「全国模範労働者代表との座談会における談話」

   (二〇一三年四月二十八日)

  二〇一三年四月二十九日付『人民日報』に掲載

  「千里の道も一歩から」と言われる。わが国の発展の前途はたいへん明るいものであるが、道中常に順風満帆ということや、青写真が一挙に現実化することや、夢が一夜にしてかなうことはありえない。「すべての物事は苦難から生まれる」のである。麗しい未来であればあるほど、並々ならぬ努力を払わなければならない。

  「全国模範労働者代表との座談会における談話」 

  (二〇一三年四月二十八日)

  二〇一三年四月二十九日付『人民日報』に掲載

  夢は学習から生まれ、事業は実践から始まる。知識や情報がどんどん更新されている今日の世界では、学習を少し怠っただけでも時代遅れになってしまう。誰かが言ったように、人間一人ひとりの世界を一つの円に例えるなら、その半径は学習であり、半径が大きければ大きいほど、その人の世界は広がるのである。

  「欧米同学会設立百周年記念大会におけるスピーチ」(二〇一三年十月二十一日)二〇一三年十月二十二日付『人民日報』に掲載

  中国の夢の実現は、結局のところ全人民の勤勉な労働にかかっている。棚から牡丹(ぼた)餅のように、ひとりでに実現することはないのである。それゆえ、とくに広範な青少年の教育を強化しなければならない。幼いときから、勤勉に、誠実に、創造的に働くことの大切さを身につけさせる必要がある。自分に甘く、楽ばかりして苦労や努力を嫌い、運や他人の力で得をしようとするような性根の曲がった子に育ててはならない。青少年の教育の強化は、中華民族の発展に直結する長期的な大計である。しっかりと取り組まなければならない。社会全体でわが国の労働者階級の優れた資質を大いに発揚し、模範労働者やその他手本とすべき人々の優れた行いを多くの人々に知らせ、労働こそ最も栄誉あり、最も気高く、最も偉大で、最も美しいものであるという意識を人々の間にどんどん広めて、全人民が労働の情熱をさらに燃やして潜在的創造力をいっそう発揮し、労働を通してよりよい生活をつくり出すようにしなければならない。

  「中華全国総工会の新指導陣との座談会における談話」

  (二〇一三年十月二十三日)

中共中央文献研修室 編 

    中共中央マルクスエンゲルスレーニンスターリン著作編訳局 訳 

関係論文