ご意見・ご感想

中国の夢を実現するには中国の道を歩まなければならない

発表時間:2014-09-25 | 字体拡大 | 字体縮小

著者: | 出所:『中華民族の偉大な復興を目指す中国の夢  習近平』

  中国の特色ある社会主義には、数世代の中国共産党員の理想と模索が載せられ、数多くの愛国志士の希望と期待が託されている。それは革命のために命をささげた数多くの先駆者の奮闘と犠牲の結晶でもあれば、全国各民族人民の奮闘と実践の結晶でもあり、近代以降の中国の社会発展の必然的な選択でもあれば、歴史と人民の選択でもある。中国の特色ある社会主義の偉大な実践により、わが国はみるみる発展し、わが国人民の生活水準はみるみる向上し、中華民族は時代の前進の流れに力強く一気に追いついて偉大な復興への明るい展望を切り開いた。そればかりでなく、中国人民と中華民族は世界の平和と発展に重要な貢献をすることもできた。事実が雄弁に物語っているように、中国を発展・安定させ、小康社会を全面的に築きあげ、社会主義現代化のテンポを速め、中華民族の偉大な復興を実現するには、中国の特色ある社会主義を揺るぐことなく堅持し、発展させていかなければならないのである。

  「第十八回党大会の精神を全面的に貫徹・実施するために特にしっかり取り組むべき六方面の仕事」

  (二〇一二年十一月十五日)

  『求是』誌二〇一三年第一号に掲載

  党と国家の長期にわたる実践が十分に立証しているように、社会主義こそが中国を救うことができ、中国の特色ある社会主義こそが中国を発展させることができるのである。中国の特色ある社会主義の偉大な旗印を高く掲げてこそ、われわれは全党・全国各民族人民を団結させ導いて、中国共産党創立百周年を迎えるまでに小康社会の全面的建設を、新中国成立百周年を迎えるまでに富強・民主・文明・調和の社会主義現代化国家の建設を成し遂げ、中国人民と中華民族のより幸福で麗しい未来を勝ち取ることができるのである。

  「中国の特色ある社会主義の堅持と発展をしっかりと中心に据えて第十八回党大会の精神を学習・宣伝・貫徹しよう」

  (二〇一二年十一月十七日)

  二〇一二年十一月十九日付『人民日報』に掲載

  中国の特色ある社会主義の道は、わが国の社会主義現代化を実現するうえでも、人民の麗しい生活をつくり出すうえでも、絶対に通らなければならない道である。この道は、経済建設をあくまで中心とする一方で、経済建設・政治建設・文化建設・社会建設・エコ文明建設およびその他諸方面の建設も全面的に推し進めていくものである。この道は、四つの基本原則(①社会主義の道、②人民民主主義独裁、③中国共産党の指導、④マルクス・レーニン主義、毛沢東思想、鄧小平理論)を堅持する一方で、改革開放も堅持していくものである。この道は、社会的生産力を絶えず解放し発展させる一方で、全人民の「共同富裕」も徐々に実現し、人間としての全面的な発達を促していくものである。

  「中国の特色ある社会主義の堅持と発展をしっかりと中心に据えて

  第十八回党大会の精神を学習・宣伝・貫徹しよう」(二〇一二年十一月十七日)二〇一二年十一月十九日付『人民日報』に掲載

  方向が道を決め、道が運命を決める。わが国の改革開放が大きな成功を収めることができた最大の理由は、党の基本路線を党と国家の生命線として、経済建設を中心とすることと、四つの基本原則、改革開放という二つの基本点とを、中国の特色ある社会主義の偉大な実践において首尾一貫して統一させ、閉鎖的で硬直したかつての道を歩むこともなければ、旗幟を変えるような邪道にそれることもなかったことにある。 

  「第十八期中央政治局第二回グループ学習会における談話」

  (二〇一二年十二月三十一日)

  中国の特色ある社会主義は、党と人民が九十年以上にわたって奮闘し、創造し、積み上げてきた根本的な成果であり、改革開放の三十年以上にわたる実践の根本的な総括である。それは、中華民族の偉大な復興の実現という近代以降の中華民族の最も根本的な夢の結晶であり、近代以降の人類の社会主義に対する純粋な憧れとたゆまぬ模索の反映でもある。

  「中央委員会の新人委員・委員候補のための第十八回党大会精神学習・貫徹セミナーにおける談話」

  (二〇一三年一月五日)

  中国の特色ある社会主義が絶え間なく発展していくにつれて、われわれの制度はますます成熟し、わが国の社会主義制度の優位性はますます顕在化し、われわれの進む道はますます広くなり、わが国の発展の道が世界に与える影響もますます大きくなると、われわれは確信している。われわれはまさにこうした道・理論・制度への自信をもって、真に「千磨万撃(せんまばんげき)にも堅く揺るがず、東西南北の風吹こうとも([竹は]様々な方角から吹きつける風に千度擦られ万度打たれても、しっかりとして揺るがない)」の境地を目指すべきである。

  「中央委員会の新人委員・委員候補のための第十八回党大会精神学習・貫徹セミナーにおける談話」

  (二〇一三年一月五日)

  中国の夢を実現するには、中国の道を歩まなければならない。中国の道とは、中国の特色ある社会主義の道のことである。この道は懸命に切り開かれてきた道である。それは、三十年以上にわたる改革開放の偉大な実践の中で導き出された道であり、中華人民共和国建国以来の六十年以上にわたる模索の積み重ねの中で導き出された道であり、近代以来一七〇年以上にわたる中華民族の発展の歴程を徹底的に総括する中で導き出された道であり、中華民族の五千年以上にわたる悠久の文明を受け継ぎ・伝え継ぐ中で導き出された道であり、そこには奥深い歴史的経緯と幅広い現実的基盤がある。中華民族はたくましい創造力をもつ民族である。偉大な中華文明をつくり出してきたわれわれは、これからも中国の国情にふさわしい発展の道を切り開いてしっかりと歩んでいくことができる。全国各民族人民は、中国の特色ある社会主義の理論と道と制度への自信を深め、正しい中国の道にしっかりと沿って邁進していかなければならない。

  「第十二期全国人民代表大会第一回会議におけるスピーチ」

  (二〇一三年三月十七日)

  二〇一三年三月十八日付『人民日報』に掲載

  中国の夢を実現するには、中国の特色ある社会主義の道を堅持しなければならない。われわれはこの道をすでに三十年以上歩んできた。歴史が立証しているように、この道は中国の実情に合致した「富民強国(人民を豊かにし、国を強くする)」の正しい道である。それゆえ、われわれは揺るぐことなくこの道に沿って歩んでいく。

  ラテンアメリカ三ヵ国のメディアの共同書面インタビューに寄せた回答

  (二〇一三年五月)二〇一三年六月一日付『人民日報』に掲載

  中共中央文献研修室 編

    中共中央マルクスエンゲルスレーニンスターリン著作編訳局 訳

関係論文