ご意見・ご感想

改革の全面的深化における若干の重大な問題に関する中共中央の決定(要旨)

発表時間:2013-11-20 | 字体拡大 | 字体縮小

著者: | 出所:人民网

中国共産党第18期中央委員会第3回全体会議(三中全会)で審議・採択された「改革の全面的深化における若干の重大な問題に関する中共中央の決定」(「決定」)の全文が15日、発表された。「決定」の要旨は以下の通り。

  改革の全面的進化に関する中国共産党第18回全国代表大会(十八大)の戦略方針を貫徹し、着実に実施すべく、中国共産党第18期中央委員会第3回全体会議(三中全会)は改革の全面的深化における若干の重大問題について検討し、以下の決定を下した。

一、改革の全面的深化の重大な意義と指導思想
 (1)改革開放は、党が新たな時代の下で全国各民族の国民を率いて行った新しく偉大な革命であり、現代中国の最も際立つ特色である。
 (2)改革の全面的深化にあたっては、中国の特色ある社会主義という偉大な旗幟を高く掲げ、マルクス・レーニン主義、毛沢東思想、トウ小平理論、「三つの代表」という重要思想、科学的発展観を指導の柱としなければならない。
 (3)改革の全面的深化にあたっては、中国が長期的に社会主義の初期段階にあるという最大の現実に立脚し、発展は依然として中国のあらゆる問題を解決するための要であるという重大な戦略的判断を堅持し、経済建設を中心とし、経済体制改革の牽引の役割を発揮させ、生産関係と生産力、上部構造と経済的土台との相互適応を推進し、経済社会の持続的で健全な発展を推進しなければならない。
 (4)改革開放の実践の成功は、改革の全面的深化に重要な経験を与えるものであり、長期的に堅持すべきものである。

二、基本的な経済制度の堅持・改善
 
公有制を主体とし、さまざまな所有形態の経済が共同で発展するという基本的な経済制度は、中国の特色ある社会主義制度の重要な柱であり、社会主義市場経済体制の根幹でもある。
 (5)財産権の保護制度を完備する。
 (6)混合所有制経済を積極的に発展させる。
 (7)国有企業の近代的企業制度の完備を推進する。
 (8)非公有制経済の健全な発展を支援する。

三、近代的な市場体系の完備を加速
 統一的・開放的で秩序ある競争の行われる市場体系を建設することは、 資源配置における決定的役割を市場に果たさせるための土台である。
 (9)公平、開放的、透明な市場ルールを打ち立てる。
 (10)市場が中心となった価格決定の仕組みを整備する。
 (11)都市と農村の統一的な建設用地市場を構築する。
 (12)金融市場体系を完備する
 (13)科学技術体制改革を深化させる。

四、政府の職能転換を加速
 科学的なマクロ調整と政府による効果的な統治は、社会主義市場経済体制の強みを発揮するための内在的な要求である。
 (14)マクロ調整体系を整備する。
 (15)政府の役割を全面的かつ正確に果たす。
 (16)政府の組織構造を改善する。

五、財政・税務体制改革を深化
 財政は国家統治の土台であり、重要な柱でもあり、科学的な財政・税務体制は、資源配置の最適化や市場の統一性の維持、社会的な公平の促進、国家の長期的安定の実現のための制度的保障である。
 (17)予算管理制度を改善する。
 (18)税収制度を改善する。
 (19)権限と支出の責任とが相互に見合った制度を構築する。

六、都市と農村の発展の一体化に向けた体制・仕組みを整備
 都市と農村との二元構造は、都市と農村の発展の一体化を制約する主な障害である。体制・メカニズムを整備し、工業が農業を促進し、都市が農村の発展を導き、工業と農業が互いに利益を与え合い、都市と農村とが一体となった新たな工業・農業・都市・農村の関係を形成し、広大な農民による近代化プロセスへの参加を実現し、近代化の成果をともに享受する必要がある。
 (20)新型農業経営体系の構築を加速する。
 (21)農民により多くの財産権を与える。
 (22)都市と農村における生産要素の平等な交換と公共資源の均衡配置を推進する。
 (23)都市化の健全な発展のための体制・仕組みを整備する。

七、開放型経済の新体制を構築
 経済のグローバル化という新たな情勢に適応するためには、内側と外側への開放の相互促進を推進し、海外からの導入と海外への進出をさらによく結合し、国内外の生産要素の秩序ある自由な流動と資源の効率的配置、市場の高度な融合を促進し、国際的な経済協力・競争に参加しこれを統率するための新たな優位の育成を加速し、開放によって改革を促す必要がある。
 (24)投資条件を緩和する。国内資本と外資の法律法規を統一し、外資をめぐる政策の安定性・透明性・予見可能性を確保する。
 (25)自由貿易区の建設を加速する。
 (26)内陸部や辺境地区の開放を拡大する。

 

八、社会主義民主政治の制度建設を強化
 社会主義民主政治の発展のためには、人民の主体的地位を保証することを根本とし、人民代表大会制度と中国共産党が指導する多党協力と政治協商の制度、民族地域の自治制度、基層大衆の自治制度を堅持・改善し、民主制度の整備と民主形式の充実にさらに注意を払い、中国の社会主義政治制度の優越性を十分に発揮する必要がある。
 (27)人民代表大会制度の時代に伴う前進を促す。
 (28)協議と民主との幅広く多層にわたる制度化発展を推進する。
 (29)基層における民主を発展させる。

九、法治中国の建設を推進
 法治中国の建設のためには、法に基づく国家統治、法に基づく執政、法に基づく行政を共同で推進し、法治国家、法治政府、法治社会の一体建設を堅持する必要がある。司法体制改革を深化させ、公正で効率的で権威ある社会主義司法制度の建設を加速する必要がある。
 (30)憲法と法律の権威を維持する。
 (31)行政・法執行体制の改革を深化させる。
 (32)法律にのっとった独立的で公正な審判権・検察権の行使を確保する。
 (33)司法権の運用の仕組みを整備する。
 (34)人権司法保障制度を改善する。

十、権力行使の制約および監督体系の強化
 制度による権利・事柄・人の管理を堅持し、国民に権力を監督させ、権力を正しく行使させることは、権力を制度の檻に閉じ込めるための根本的な策である。
 (35)科学的で効果的な権力の制約・協調の仕組みを形成する。
 (36)腐敗撲滅のための体制・仕組みの革新と制度的保障を強化する。
 (37)正しいやり方が常態化するような制度の整備・改良を進める。

十一、文化体制・仕組みの革新を推進
 社会主義文化強国を建設し、国家の文化ソフトパワーを増強する。
 (38)文化管理体制をさらに完全なものとする。
 (39)近代的な文化市場体系を構築・整備する。
 (40)近代的な公共文化サービス体系を構築する。
 (41)文化開放の水準を高める。

 

十二、社会事業の革新改革を推進
 発展の成果がさらに多くさらに公平に国民全体に行き渡るようにするためには、社会事業改革を加速し、人々が最も関心を払う最も直接的で最も現実的な利益の問題を解決し、人々のニーズをさらに適切に満たす必要がある。
 (42)教育分野の総合改革を深化させる。
 (43)就業・起業を促進する体制・仕組みを改善する。
 (44)合理的で秩序ある所得分配の局面を形成する。
 (45)さらに公平で持続可能な社会保障制度を構築する。
 (46)医薬衛生体制改革を深化させる。

十三、社会管理体制の革新
 社会の管理を革新するためには、最も幅広い人民の根本利益を保護することに着眼し、調和的な因子を最大限増加させ、社会発展の活力を高め、社会管理の水準を引き上げ、平和かつ安全な中国の建設を全面的に推進し、国家の安全を維持し、人民の就業と生活の安心、社会の安定と秩序を確保しなければならない。
 (47)社会の管理方式を改良する。
 (48)社会組織の活力を引き出す。
 (49)社会矛盾を効果的に予防し解消する体制を革新する。
 (50)公共安全体系を整備する。

十四、エコ文明の制度建設を加速
 エコ文明の建設のためには、系統的で整ったエコ文明制度体系を構築し、最も厳格な水資源保護制度、損害賠償制度、責任追及制度を実施し、環境管理・生態系の修復をめぐる制度を完備し、生態環境を制度によって保護しなければならない。
 (51)自然資源資産の財産権制度と用途管理制度を整備する。
 (52)生態保護のためのレッドラインを引く。
 (53)資源の有償使用制度とエコ補償制度を実行する。
 (54)生態環境の保護管理体制を改革する。

十五、国防・軍隊改革の深化
 党の指揮に従い、勝利することができ、気風も優良な人民軍隊を建設するという、新情勢下における党の強軍目標を目指して、国防と軍隊の建設の発展を制約する際立った矛盾と問題の解決に力を入れ、軍事理論を革新・発展させ、軍事戦略の指導を強化し、新たな時期の軍事戦略方針を練り上げ、中国の特色ある近代軍事力体系を構築する必要がある。
 (55)軍隊の体制編制の調整・改革を深化させる。
 (56)軍隊の政策制度の調整・改革を推進する。
 (57)軍と民との融合のさらなる発展を推進する。

十六、改革の全面的深化に向けた党の指導を強化・改善
 改革の全面的深化のためには、党の指導を強化・改善し、全局を見据え各方面を協調させるという党の指導の核心的役割を十分に発揮させ、学習型、サービス型、革新型のマルクス主義政権党を建設し、党の指導水準と執政能力を高め、改革の成功を確保しなければならない。
 (58)全党の同志は、改革の全面的深化に関する中央による重大決定・手配へと思想と行動を統一させ、中央と地方、全局と局部、当面と長期の関係を適切に処理し、利益構造の調整に正しく向き合い、党内の民主を存分に発揚し、中央の権威を断固として守り、政令を滞りなく行き渡らせ、中央の改革に向けた決定・手配を確固として実現しなければならない。
 (59)改革の全面的深化にあたっては、組織による力強い保証と人材によるサポートが必要となる。
 (60)人民は改革の主体であり、党の大衆路線を堅持し、社会参与の仕組みを確立し、人民大衆の積極性・自発性・創造性を十分に発揮させ、労働組合、共産主義青年団、婦人連合会などの団体の役割を十分に発揮させ、心を合わせ協力して改革を進めなければならない。

関係論文