ご意見・ご感想

世界とともに発展し、世界と分かち合う

発表時間:2013-10-10 | 字体拡大 | 字体縮小

著者: | 出所:

 

巨大船舶「中国号」が怒涛の歴史を乗り越え、民族復興という対岸に航行した際、全世界の注目が集まった。中国の夢、錯綜した複雑な国際情勢のなかでどのように展開されるか、また、復興できた中国は世界に何をもたらせるか。

「終始変わることなく平和的発展の道を歩み、終始変わることなく互恵ウィンウィンの開放戦略をとる」という習近平主席の談話は、世界に向かってあらためて「文明の復興の実現と、調和の取れた世界の構築」という中国理念を伝えた。平和的発展路線を堅持することは、中国の夢を実現するための根本的な保証であり、我々のいつまでも変わることない戦略的選択でもある。

中華民族は平和を愛する民族である。歴史を顧みると、七回にわたる下西洋西洋下り)と呼ばれる航海が平和と友誼の種を蒔き、シルクロードが互恵・協力の足跡を残した。「信を講じ睦を修む、善を以って遇する」に象徴される中国文明は素朴で心穏やかな民族の天性を育てた。「海、百の川を納め、容の大なる有り」と言われる交流は、わが身に置きかえて考える民族文化を育んだ。中華民族は近代以来の列強の侵略と連年の戦乱に苦難の深淵に引き込まれ、沈痛な記憶を残した。そのため復興の道を歩んでいる中国人民は何よりも激動を恐れ、何よりも平和で安定した世界を待ち望んでいるのである。

平和と発展は互いに必要十分条件である。地球村といわれるグローバル化時代では、各国は運命をともにし、ともに損失を被り、栄えたりするのである。平和的環境をなくしては、中国と世界が順調に発展することはありえない。また、発展なくしては、中国と世界は持続可能な平和を守れない。新中国成立以来、中国は独立自主の平和外交政策を遂行しており、安定的発展のため発展のために安定的な外部環境の構築に努力してきた。同時に、我々は平和的発展の戦略的チャンス期をしっかりと把握し、精神を集中して建設に取り組み、一意専心に発展を目指し、互恵と協力を通して経済発展を推進してきたため、経済が飛躍的に発展し始め、夢に着実に近づくことになる。平和を以って発展を推進し、発展を以って平和を守る。中国の発展は「強大になって必ず覇権を求める」というモデルを打ち破って、新たな追いつき、追い越すモデルを呈示してきたのである。

世界と分かち合う、これこそ中国の夢の特色ある重要な本質である。中国WTO加盟当時の「ウィンウィン」から、「一つの世界、一つの夢」(One World, One Dream)に至って、中国は日に日に世界経済に溶け込み、世界各国と交流及び協力を進める中、互恵ウィンウィンと良好な相互作用を貫いてきた。市場の開放、技術の取り入れ、投資の誘致などの、30年余りの日進月歩の発展を遂げた時にも、アジア金融危機・世界金融危機を他国と共に克服したなどして、世界の経済管理システムに積極的に参入した時にも、我々は「長所を取り入れ、短所を補う」、「互恵関係ウィンウィン」の戦略に着眼し、何時も世界のチャンスを中国のチャンスにし、中国のチャンスを世界と分かち合うのである。違う文明との対話・歩み寄りを推し、違う社会制度と発展モデルを互いに見習い、ともに発展することを唱え、中国の夢は、未来の道程において、中華文明の魅力を輝かせるだろう。

中国の夢は、復興の夢であり、発展の夢でもある。調和の取れた夢であり、平和という夢でもある。平和的発展を堅持することは、偉大なる中華民族の復興を実現するために必ず通らなければならない道である。平和的発展路線を取る中国は、必ず民族復興の偉業を実現でき、世界の持続可能な平和と共同繁栄の保障にもなる。

関係論文