ご意見・ご感想

打ち負かすことのできない中国の力を結集

発表時間:2013-10-10 | 字体拡大 | 字体縮小

著者:人民日報評論員 | 出所:『人民日報』

 

 

夢があればこそ、目標があり、希望があればこそ、奮闘努力できる。国家民族から、個人の家庭まで、これらにとって夢はみな生命力を保たせ、活力をかき立てる源である。

「中国の夢を実現するには必ず中国の力を結集しなければならない」。習近平主席のこのほどの重要な談話は、強大国家という夢を抱くことと、前進するエネルギーを呼び起こすこととの深い関係を示し、さらに中国の夢を実現するための重要な道標を示した。我々は緊密に団結し、心を一つにして、同じ夢のために努力奮闘すればこそ、夢を実現する力は限りなく強大なものになる。

苦難に満ちたときであっても輝かしい時期であっても、中華民族は終始「家国天下」の観念を持っている。国家が富み栄え、強大になり、人民生活が豊かになることは、いままでずっとわが民族の夢であり、中国人皆の夢である。中華民族が偉大な復興に向かって進んできた歴史は、人民生活において天地を覆すような変化が起こった歴史でもある。学校教育、雇用、住宅、医療などの諸問題が解決されつつ、人民の尊厳が保たれ、事業が成功し、理想の人生観も実現し、いかなる人も夢に向かってたえず努力し、この時代にもっともすばらしい理想の絵図を描くことができ、国全体が夢を追い求める力を維持・結集させた。

個々人の前途命運は国家民族の前途命運と緊密に相繋がり、億万中国人が一つの「運命共同体」となっている。中国の夢は必ず「人民と手を携える依拠する」ことによって実現する。小さな水の流れを集めて、海と成し、砂を集めて塔と成す。中国の夢という歩みは、26千万の農民工の労働で富をなす創業意欲の中にあり、社会各界の国家運命を想う熱心な取組みの中にあり、無数のボランティアの身を投じる私心のない貢献の中にある。個々人がともに力を注ぐからこそ、国家社会がたえず前進し、より多くの人が夢を持ち、夢を追いかけ、努力して夢を叶えることができるように、民族の復興を推し進める中国の力が凝集できるようになる。

中国の力とは何か?それは中国各民族人民が団結する力である。つまり、13億人が心を一つにし、力を合わせて集まった力である。個人の夢は千差万別かもしれないが、国家の夢の実現化させるためのの長い道程においては、皆が心を一つにし、皆で知恵を出し、力をあわせれば、難関を乗り越える強大な力となる。このような力は、我々が革命時代に犠牲を恐れず前進するという闘争の中で感じ、国家建過程に情熱溢れる奉仕の中で体験し、改革時期に波瀾に満ちた奮闘の中で身をもって経験したことである。未来に向かう新しい道程において、13億人が心を一つにすれば、近い将来、打ち負かすことのできない強大な力は、必ず我々が民族復興の道を歩んでいく勝利の元となり、力の源となるのである。

夢をめざす道は平坦なものではない。発展の陣痛期を経て、「命がけの飛躍」に臨み、雇用・医療・住宅・高齢者介護……個々人は皆国家社会と一緒に、夢を追いかける旅の曲折と苦労を経験するだろう。その過程において、悩み煩うことがあるかもしれないが、我々はともにより良い人生を楽しみ、ともに夢を叶え、ともに祖国と時代と一緒に成長し、進歩する機会を持つことができるようになるということを考慮しなければならない。夢、機会、奮闘を堅持し、素晴らしいものがすべて創造できるのである。

こんな時代にこのような国で生活するのは幸運なことである。歴史上のいかなる時期に比べても、我々はもっと民族復興の目標に近づき、夢を実現化する自信と能力を有している。疑いようもなく、この偉大な事業を完成するには、まだ幾世代に渡って努力を続ける必要がある。打ち負かすことのできない中国の力を結集し、民族復興途上のバトンタッチを完成させることは、我々の世代の使命であり、我々の世代の栄誉でもある。

関係論文