ご意見・ご感想

中華民族の復興を導く 世界の共同発展を推進—第19回党大会は国際メディアのホットスポット

発表時間:2017-10-23 | 字体拡大 | 字体縮小

著者: | 出所:新华网

 

【新華社北京10月21日】中国共産党第19回全国代表大会(第19回党大会)が連日国際メディア報道のホットスポットとなっている。国際主流メディア39社に対する不完全な統計によると、これらメディアは18日0時から20日12時までに、第19回党大会に関する英語での記事を400本以上発表した。過去10日間で、120社余りの最も影響力のある国外ニュースサイトによる関連報道量と転載量は延べ約6000本に達している。

  輝かしい成果 中国共産党の卓越した指導力を示す 

  第19回党大会開幕後、ロシアメディアの中国に関する報道も明らかに増えている。「ロシア・トゥデイ」、『ロシア新聞』、『独立新聞』などのメディアはいずれも評論記事を発表して、第19回党大会報告を解説し、中国の過去5年間の発展の成果を高く評価した。『独立新聞』の評論記事は、「中国共産党の指導がなければ、中国がこのような成果を実現できるとは想像できなかっただろう。」と述べた。

  ベトナム共産党の機関紙『ニャンザン(人民)』のビデオ報道は、第19回党大会のために14分間のビデオを制作し、ベトナムの戦略研究・国際発展センターのヌグエン・ヌゴク・チョング所長が招かれ評論を述べた。同所長は、「第19回党大会は中国が過去5年間で実現した輝かしい成果を背景として招集・開催された。まず、指導者は中国の発展ニーズに適した戦略方針を提出した。次に、反腐敗が中国共産党に対する中国人民の信頼を強固にした。3つ目に、経済はソフトランディングを実現した。4つ目に、中国と隣国との間に合理的な発展の余地を造り出した。」と述べた。

  計画の青写真 民族復興の輝かしい未来を照らし出す 

  英国の『ガーディアン紙』は19日、2ページにわたって第19回党大会報告とこれに対するコメントを報道した。報道は、第19回党大会は中国の今後の見通しに対する中国共産党の楽観的判断を伝え、中国の2020年の全面的な小康社会(ややゆとりのある社会)建設成功について強い自信を示したとした。

  マレーシアの『星洲日報(Sin Chew Daily)』の評論記事は、第19回党大会報告が中国共産党の指導する中国は今世紀中頃に国家を富強・民主・文明・調和の美しい社会主義現代化強国にするとの青写真を描き出し、中華民族の偉大な復興という「中国の夢」の実現は、中国と世界の連携と相互作用において実現されるだろうと指摘した。

  中国の知恵 世界平和と発展・繁栄を支援 

  ドイツの「ドイチェ・ヴェレ」ウェブサイトの記事は、過去5年間、中国の国際的影響力は大幅に向上したのは、一つの面として米国と欧州が多くの問題に直面したからだが、別の面として中国経済の発展が急速だからでもあるとした。第19回党大会は一般的な党内会議ではなく、より世界的な影響力を備えた会議であるとも報道している。

  英BBCは、「第19回党大会は『世界地図の前に立って』招集・開催された大会だ。中国は正に、世界市場のネットワークにおける『新しいサーバー』になっており、『世界地図の前に立って』世界平和の維持と共同発展の促進を計画する中国共産党は今後、世界経済の未来のために新しい知恵と方法を提供するだろう。」と報道した。

 当社のコンテンツは著作権法によって保護されます。無断転用、複製、掲載、転載、営利目的の引用は禁じます。

 

関係論文