ご意見・ご感想

『マルクス主義法学理論が中国における普及と発展(1919-1966)』

著者:張小軍

翻訳:

出版社:中国人民大学出版社

出版日:2016-08

  『マルクス主義法学理論が中国における普及と発展(1919-1966)』は社会史、文化史の方法を用いて思想理論を研究する著作で、十月革命から「文革」までの間、マルクス主義法学が中国における普及と発展の歴史を全面的に、系統的に記述している。政治家、革命家のレベルから、一般的学術界、法学教育レベルまで、思想理論レベルから、中国革命と建設の法制実践レベルまで、この時期のマルクス主義法学中国化の重大なプロセスを全面的に示している。マルクス主義法律思想は1919年から中国の知識界を経由して中国に広く普及され、中国革命家は革命根拠地でそれを創造的に発展させ、根拠地の法制実践に応用させ、巨大な成功を成し遂げた。新中国が成立して以来、司法改革、法学教育学院・学科の調整及び法学知識システムなどの「イデオロギー国家装置」の全面的な改造及びソ連法学知識システムの移植につれて、社会主義の法学知識システムと司法体制が徐々に構築され、同時に、マルクス主義の法学知識も現代中国法律知識の一部として大衆化、社会化された。