ご意見・ご感想

『マルクス社会存在論に関する研究』

著者:徐先艶

翻訳:

出版社:北京師範大学出版社

出版日:2016-09

  これまでに、西洋哲学では「社会存在」はマルクスが始めて提出、使用する概念で、述語の革新には、マルクス哲学が実現する革命的な変革が含まれている。そのために、西洋哲学現段階の存在論の伝統を通して、マルクス哲学存在論で起こる総体的な変革を理解し、現代西洋哲学家との会話と比較によって、マルクス社会存在論が構成した越えられない意義と視界を見抜くことは重要な意義を持つている。徐先艶氏が執筆した『マルクス社会存在論に関する研究』はマルクスの「社会存在論」をめぐって、歴史とロジックを統合する研究方法に従い、経典文献に基づき、マルクス社会存在論の構築プロセス、深い中身と現実の意義を深く解明したものだ。