ご意見・ご感想

『マルクス主義、時代遅れにならず』

著者:田鵬穎

翻訳:

出版社:社会科学文献出版社

出版日:2016-10

  本書は平和、発展、協力の時代テーマを世界の歴史的背景とし、中国特色のある社会主義の堅持と発展を着目点に、マルクス主義の科学的な態度でマルクス主義に対応し、マルクス主義は恒久な真理ではないが、我々はマルクス主義と同時代にいることや、マルクス主義は資本家階級の出身であるが、問題を観察、解決する立場は普通の労働者の立場であることや、マルクスは自分がヘーゲルの学生だと思っていたが、研究と革新の方法は歴史唯物主義の方法であることや、マルクス主義は人類の思想史上の偉大なる変革であるが、人類文明の道を離れていないことや、マルクスは占い師ではないが、人類社会発展の動向を明示したことや、マルクス主義の理論は広くて豊かだが、真理を終わらせることなく、人類が真理を探索するために新たな道を切り開いたことなどを十分に論証している。