ご意見・ご感想

『「一帯一路」年度報告書:行者知見』

著者:趙磊

翻訳:

出版社:商務印書館

出版日:2017-02

本書は「例を用いて人を説得する」ことに重きを置き、生き生きとしたシルクロードの実践とケースライブラリを通して、中国都市と企業が「一帯一路」の実践における各種の成功ケースを直観的、有効に反映し、「一帯一路」の予測可能、複製可能、普及可能な美しい未来をさらに表した。本書の編集長で、中央党校国際戦略研究院の趙磊教授によると、「一帯一路」は、新時期、国内と国際を統合するけん引役としての総戦略で、戦略ドッキング、計画ドッキング、プロジェクトドッキングのみならず、知恵ドッキングも必要とする。この『報告書』はこの偉大なる事業を構築するための文化条件を作り出し、評価し合い、理解し合い、尊重し合うような人文的配置を構築する。