雑誌閲覧

「マルクス主義と現実」2020年第2号


1.「開放型世界経済」共同建設という理論の源を深く理解して――「世界経済」への順応利用に関するレーニンの論述の現実的な意義 楊承訓

2.レーニンの晩年の「政治的遺言」――国家制度の革新論 王東


3.十月革命の勝利した初期の「社会主義への移行」というレーニン思想 兪良早


4.レーニンの弁証法の内在する論理と時代的価値 何萍


5.中国の道が成功する歴史哲学の思考 韓震


6.熟成定型化して、中国の特色ある社会主義制度の発展過程と成果 穆兆勇