ご意見・ご感想

中独学者対話会が北京で開催され

発表時間:2018-05-24 | 出所:『人民日報』(2018年04月24日) | 字体拡大 | 字体縮小

1.jpg

  23日、マルクス生誕200周年を迎えた際、北京大学マルクス学院とドイツロサ・ルクセンブルク基金会が「マルクス生誕200周年を記念して―中独学者対話及び21世紀資本主義社会批判理論シンポジウム」を共に開催した。今回のシンポジウムは第二回世界マルクス主義大会が開催される前の重要な国際学術シンポジウムで、中独からの十数名の学者が21世紀資本主義社会批判理論をめぐって深い討論を展開した。