ご意見・ご感想

第二回海外現代中国研究国際ハイレベルフォーラムは福建福州で開催

発表時間:2018-01-08 | 出所:中央編訳局ウェブサイト | 字体拡大 | 字体縮小

1.jpg

  12月11-12日、中共中央編訳局海外現代中国学研究センターと福建師範大学マルクス主義学院が共に開催した第二回「海外現代中国研究国際ハイレベルフォーラム」は福建福州で開催された。中共中央編訳局副局長の季正聚氏、福建師範大学党委書記の林平和氏は開幕式に出席し、挨拶を行った。 

  今回のフォーラムは「中共十九大と中国未来の発展」をテーマとし、アメリカ、スウェーデン、フィンランド、グリーンランド、日本、韓国などの国、及び中国規律検査監察学院、北京大学、中央財経大学、アモイ大学、福建師範大学などの機関からの30余名の専門家・学者が、「中共十九大の意義と影響」、「中共十九大と中国の対外関係」、「中共十九大後の中国政治経済発展の見通し」などの問題をめぐって、深く交流していた。