ご意見・ご感想

「十月革命と中国特色のある社会主義」理論シンポジウムが北京で開催

発表時間:2017-10-23 | 出所:『人民日報』(2017年09月27日) | 字体拡大 | 字体縮小

会议1.jpg

  9月26日、ロシア革命100周年に際して、「ロシア革命と中国特色のある社会主義」理論シンポジウムは北京で開催された。中共中央政治局委員、中央書記処書記、中共中央宣伝部部長の劉奇葆氏は出席し、講演を行い、習近平総書記の一連の重要な講演の精神を深く学び、ロシア革命の偉大なる意義と深い影響を深く認識し、新しい時代条件のもとで、中国特色のある社会主義をより良く堅持し、発展させるべきだということを強調した。 

  劉奇葆氏によると、ロシア革命は人類歴史の新紀元を切り開き、中国にマルクス・レーニン主義を送った。百年以来、中国と中華民族は歴史的な変化を成し遂げたのは、ロシア革命の社会主義道路を選択し、党が人民を率いてマルクス・レーニン主義の基本的原理と中国の具体的な実況を結合させ、民族復興を実現する大通りを歩んできたことに由来している。今、我々はロシア革命を記念し、社会主義道路に従って前進していくためには、習近平氏を中核とする党中央の周りに緊密的に団結し、マルクス主義を動揺せずに堅持、発展させ、社会主義、共産主義の理想と信念を動揺せずに堅持し、中国特色のある社会主義を動揺せずに堅持、発展させ、党が中国特色のある社会主義事業に対する指導を動揺せずに堅持し、人類の平和と発展の崇高な事業を動揺せずに推進し、「二つの百年」という奮闘目標と中華民族の偉大なる復興の中国夢を実現しなければならない。 

  中央と国家機関の関連責任者、各省区市党委宣伝部、社会科学院の関連責任者および関連分野の専門家・学者が会議に出席した。