ご意見・ご感想

ボアオアジアフォーラムパリ会議が開催

発表時間:2017-10-11 | 出所:『人民日報』(2017年09月16日) | 字体拡大 | 字体縮小

  14日から15日、「『一帯一路』:アジア戦略連結」をテーマとするボアオアジアフォーラムパリ会議が開催された。300余名の中欧政商学界のゲストは「インフラ」「貿易と投資」「金融と革新」などの話題をめぐって、「一帯一路」提案及びユーラシア協力の新しいチャンスを深く検討した。 

  フランス元総理、ボアオアジアフォーラム理事のラファラン氏は15日の開幕式で、フランスは「一帯一路」協力を高く重視し、この提案はフランスとヨーロッパにとって非常に重要なものだ。数年の間、中国の呼びかけによって、「一帯一路」提案はすでに豊富な協力成果を成し遂げたことを述べた。 

  ボアオアジアフォーラム副理事長の曽培炎氏によると、「一帯一路」建設は人類文明の新たな歴史の起点において、参与国の人民を緊密的に繋げ、協力とウィンウィン、共同発展を実現し、ユーラシア大陸を運命共同体と利益共同体にする見込みだという。