ご意見・ご感想

中国・インドネシアのハイレベル経済対話第3回目の会議は北京で開催

発表時間:2017-10-11 | 出所:「人民日報」(2017年8月23日) | 字体拡大 | 字体縮小

  中国―インドネシアのハイレベル経済対話第3回会議は22日、北京で行われた。国務委員楊潔篪( よう・けつち)とインドネシア 経済担当調整相 ダルミン・ナスチオン(Darmin Nasution)(副首相級)は共に会議を主宰した。会議は両国の元首が合意した重要な共通認識の実行を目指して、両国の全面的な戦略的パートナーシップを深め、深く突っ込んで「一帯一路」建設を推し進め、各分野において実務的経済協力を前向きに発展するよう推し進める。 

  双方は対話の第2回会議以来二国間の互恵経済協力で得た前向きの進展を積極的な評価し、引き続き中国側の「21世紀の海上シルクロード」提案とインドネシアの「世界海洋国枢軸(World Maritime Axis)の一角をなす」構想としっかりとドッキングし、共に中国とインドネシアの経済貿易協力が絶えず深く発展するよう推し進めるべきだと、一致した見解を示した。 

  会議後、楊潔篪とダルミン・ナスチオン経済担当調整相は共同の立ち会いの下で会議覚書と双方のインフラ融資協力に関する合意書の締結した。