ご意見・ご感想

専門家・学者、中国化のマルクス主義党建理論システムの構築を共に商談

発表時間:2017-09-14 | 出所:『光明日報』(2017年08月08日) | 字体拡大 | 字体縮小

  7月21日、中共中央党校党建教研部、全国党建研究会教学と研究専門委員会と中共四川省委党校によって共催された「中国化のマルクス主義党建理論システムの構築」理論シンポジウムは四川成都で開催された。中央党校党建部、全国党建研究会、地方党校党史党建教研部から100余名の専門家が一堂に集まり、中国化のマルクス主義党建理論システムの革新的価値、基本的な特徴、内容システムと重大意義をめぐって熱烈に討論した。中央党校副学長の黄浩濤氏、四川省委常務委員、組織部部長の黄建発氏は会議に参加し、挨拶を行った。 

  中央組織部党建研究所巡視員、全国党建研究会専職副秘書長の陳東平氏、中央党校党建部主任の張志明氏などの専門家・学者は会議で講演を行った。出席した学者によると、党の十八大以来、全面的な厳しい党内統治の展開につれて、中国共産党は思想による党建設と制度による党建設を緊密的に結合させ、法則に従う党内統治の新たな道を歩み出したのみならず、中国化のマルクス主義党建理論システムを構築し、与党建設の理論革新、実践革新と制度革新を実現し、党の長期的執政と国の長期にわたる太平と安定を実現するために深い意義を持っている。