ご意見・ご感想

「第一回海外現代中国問題研究円卓会議」が中共中央編訳局で開催

発表時間:2016-05-27 | 出所:www.cctb.net | 字体拡大 | 字体縮小

“首届海外当代中国问题研究圆桌会议”在中共中央编译局召开000.jpg

  5月21日午前、中央編訳局国家ハイレベルシンクタンク指導チーム弁公室とマルクス・レーニン主義文献情報部が主催し、海外理論情報研究センターが運営する「第一回海外現代中国問題研究円卓会議」が中共中央編訳局で開催された。中央対外連絡部情報伝播局局長の孫海燕氏、中国社会科学院現代中国研究所副所長の武力氏をはじめとする中央対外連絡部、中共中央党史研究室、中国社会科学院、中央編訳局、中国外文局、北京大学などの中央国家機構、科学研究機構と大学から30余名の専門家・学者が会議に出席した。

  副局長の魏海生氏によると、習近平総書記が哲学社会科学座談会で行った重要な演説では、「国内外のシンクタンクの交流の強化、海外中国学研究の推進」ということが言及されており、それは我々が海外中国問題研究を強化するのに重要な指導意義を有する。「海外現代中国問題研究円卓会議」の開催は、我々が習近平総書記演説の精神を実行するための重要な措置であり、その目的は、国内で海外中国研究を行う機構と学者のために交流し合うプラットフォームを構築し、情報・資源の共有を実現し、互いに協力し合うルートを検討し、海外中国研究分野におけるシンクタンク協力ネットワークを作り上げることによって、中央の政策決定によりよくサービスを提供することにあるのだという。