ご意見・ご感想

2015北京新興市場フォーラム、北京開催

発表時間:2015-10-21 | 出所:光明網―理論チャンネル | 字体拡大 | 字体縮小

北京新兴市场论坛.jpg

  10月19日~20日、2015北京新興市場フォーラムは人民大会堂で行われ、外国の元政府要人4人、14ヵ国からの外国専門家・学者、中国の学者と企業家100余人が会議に参加された。今回のフォーラムは「中国と新興市場」を議題にし、中国人民対外友好協会、北京師範大学新興市場研究院、米国新興市場フォーラムが共催した。

  閉幕式では、北京師範大学新興市場研究院院長胡必亮が発言して会議を締めくくるとともに、『新興市場北京宣言』(以下「宣言」と略称)を読み上げた。「宣言」は次のように示し、国連発展サミットが採択された「ポスト2015 年開発アジェンダ」は、新興市場国のために新しい発展目標を確立し、新興市場国間の更になる密接な協力のために有益な参考をもたらした。私達は南北協力の引き続き堅持・強化の支持を踏まえて、更に積極的な姿勢で南南協力を促進する。「宣言」はまた、中国国家主席習近平が国連発展サミットで提起した「公平な発展」、「開放的発展」、「全面的な展」と「革新的発展」の思想及び南南協力円卓会議で打ち出された中国の「南南協力援助基金」の設立、後発開発途上国への投資、一部の後発発展途上国に対する政府間無利子貸付の債務免除、国際発展知識センターの設立、グローバル・エネルギーのインターネット作り、諸関係国と連合の「一ベルと一ロード」建設の推進、アジアインフラ投資銀行とBRICS諸国新開発銀行の早期運営の推進などの具体行動計画を支持し、世界経済の金融ガバナンス体制・制度改革をを引き続き推し進めることを提案し、新興市場と発展途上国はさらなる大きな発言権と参与度を持たせて、新興市場と発展途上国のさらなる発展のために良好な国際経済・金融ガバナンス環境を創りだすよう促すことをサポートすると。