ご意見・ご感想

第一期の世界マルクス主義大会が北京大学で行った

発表時間:2015-10-10 | 出所:新華網 | 字体拡大 | 字体縮小

马克思大会  .jpg

  北京大学より主催した第一期の世界のマルクス主義大会は10日に北京で行った。世界から二十以上の国家からの400数名のマルクス主義の学者と中国問題の研究専門家を参加を招かれて、マルクス主義が世界範囲内の交流、伝播と発展、および社会の進歩と文明の発展の推進に対し重要な価値について検討を行った。

  情報によりますと、今回の検討会は現在まで中国より開催した規模が一番多く、参加学者のレベルが一番高いマルクスの学術研究と討論大会だす。招待された世界の有名な学者が40数名がいて、エジプトの経済学者のサミュアー・アミン、エール大学教授のジョン・ローマー、ハーバード大学教授の馬若徳(Roderick MacFarquhar)などが参加した。

  二日間の会議では、100数名の国内外の学者が“マルクス主義の起源と発展”、“マルクス主義と経済のグローバル化”、“中国の道と中国言葉の体系”などの八つの特定テーマのフォーラムで講演した、また“発展途上国の発展の道とマルクス主義”などの話題についてトップ対話を行った。

  調査によると、今後、世界のマルクス主義大会は二年ごとに北京大学で開催する、次回大会が2018年並びにマルクスの誕生200周年時に開催する予定。