ご意見・ご感想

国務院の「ビッグデータの発展促進行動綱要」の印刷・配布

発表時間:2015-09-28 | 出所:「人民日報」2015年9月6日 | 字体拡大 | 字体縮小

 李克強総理の署名、認可を経て、国務院はこのほど「ビッグデータの発展促進行動綱要」(以下「綱要」と略称)を印刷・配布し、ビッグデータの発展事業を系統的に布石する。

 「綱要」は、次のように提起し、トップダウン設計と統一調整を強化し、政府の情報システムと公共データの相互連結・開放・共有を大いに推し進め、政府の情報のプラットホーム統合を加速させ、情報の孤島を取り除いて、データ資源の社会への開放を促進し、政府に対する信頼度を向上させ、社会の発展を導いて、公衆と企業にサービスする。企業を主体として、ゆったりとした公平な環境を作って、ビッグデータのカギとなる技術の研究開発、産業発展と人材育成に力を入れ、データの収集と発掘を着実に推し進め、ビッグデータの各業界での応用と革新を深め、ビッグデータ産業の健全な発展を促進する。法規制度と標準体系を整備し、ビッグデータを科学的かつ規範的に利用し、データの安全を確実に保障する。「綱要」は次のようなことをに明かにした。ビッグデータの発展と応用を推し進め、未来に5~10年間的確な社会統治(ガバナナス)、多方面協力の社会統治(ガバナナス)の新しいモデルを築き上げ、安定した安全かつ高効率の経済運営の新しい枠組みを確立し、人間本位の、全国民に実益をもたらす民生サービスの新しい体系を構築し、大衆による創業やイノベーションの革新で駆動する新たな枠組みをスタートして、ハイエンド・インテリジェント化の繁栄した新興産業発展の新しい生態を育成する。

 「綱要」は3つの面で主要な任務を配置した。1、政府のデータの開放・共有を加速し、資源の統合を推し進め、統治(ガバナンス)能力を向上させる。2、産業のイノベーション・発展を促進し、新興業態を育成し、経済のパターン転換に資する。3、安全保障を強化し、管理水準を高め、健全な発展を促進する。「綱要」は次のような7つの面の政策・仕組みを明確した。①国家のビッグデータ事業の発展・応用の統一調整メカニズムを確立する。②法規・制度の整備を加速させ、データの開放、保護などの面の制度整備を積極的に研究する。③市場発展の枠組みを整備し、政府と企業、社会機構との協力の展開を奨励する。④標準・規範体系を確立し、国際標准制定の関連作業に積極的に参加する。⑤財政金融による支持を大きくし、一群の国際でも先頭行く重要なモデルプロジェクトの建設を推し進める。⑥専門人材の育成を強化し、多層多様のビッグデータ人材育成体系を創立する。⑦国際交流・協力を促進し、国際協力の枠組みを確立し、完備させる。