ご意見・ご感想

《2015世界の持続可能な発展の年度報告》発表

発表時間:2015-09-28 | 出所:《日報》2015年9月14日 | 字体拡大 | 字体縮小

 《2015世界の持続可能な発展の年度報告》(以下が《報告》と略称)はつい最近発表した。《報告》は2012年から編纂計画を立て、世界に対して我が国にて持続可能な発展について学問及び行為の第一部目の的研究報告であった。中国科学院持続可能な発展戦略研究チームの組長、首席科学者の牛文元が《報告》編集長になった。

 《報告》は理論編、テーマ編、指標編、統計編の四つのプレートに分けてる、七章、158枚の図表があり、中国の実践及び世界の典型的な実例と合わせ、持続可能な発展に対して行動から科学までエボリューションと帰納を行って、2015年から2030年まで、世界が持続可能な発展の面で“認識から実践に”“提唱から実行に”の“行動から科学に”肝心な成長期である。

 牛文元の紹介により、《報告》はいろんなの方面に積極的な成果を得た、全体的に“持続可能な発展科学”の中国学派を含んで、初めて全面的に各国の持続可能な発展現状と未来の予測目標を評価;独創の持続可能な発展の“ラグランジュ点”の理論に基づき、初めて世界代表性国家が持続的可能な発展の “タイムテーブル”を量的に計算できた。