ご意見・ご感想

《中国民族地域経済社会調査報告》最初成果発表

発表時間:2015-09-28 | 出所:《光明網》2015年9月5日 | 字体拡大 | 字体縮小

 中国社会科学院の民族学と人類学研究所を始めとして作成、中国社会科学出版社より最新の研究成果を出版する――《中国民族地域経済社会調査報告》第一陣の十八冊の専門書がつい最近で発表した。このシリーズの書は国家社会科学の基金の特別プロジェクトとして、中国社会科学院の革新項目の重大プロジェクト《21世紀初中国少数民族地域経済社会の発展総合調査》の第一陣成果であった、十五個の民族の調査地域について地域つきの調査研究報告と三冊の調査アンケートのデータ分析リポートが入ってる。

 中国社会科学院の院長、党組織書記、プロジェクト学術指導委員会の主任の王偉光の紹介により、今回の調査研究は2013年から始まった、新中国創立からの第三回全国的な大規模民族調査、予定は4~5年を掛かって、50~70個の県レベルの民族地域自治場所を深く調査し、五十冊の調査研究専門書を出版する。

 規模が大きい、幅が広いアンケートは今回の調査研究の一つ注文点であった。2013―2014年に行った都市農村に対したアンケートは13個の省・34個の区や県市に関わってた、2013年に都市農村から6536組の個人サンプルを取られた、2014年に7341組の家庭アンケート、1863組の幹部アンケートを取られた。2013年のアンケートに対してのデータ分析により、我が国の民族地域経済社会の発展は次のような特徴が現れてた:経済が急速に増加した、住民収入と生活水準は明らかに改善できた、小康社会の建設は頑丈な足並みに踏み出してら;インフラと公共サービスの建設が歩調を加速し、基本の公共サービスが平均化レベルは明らかに上がってた;耕地を元の森林や草原へ復原させる仕事が順調に進捗していた、生態環境の保護はある程度の進展を得た;産業仕組み、就業仕組みが重大な変化を発生した、地域と都市や農村の経済バラツキがまだ大きかった;激しくの社会変遷より社会圧力が大きくなった、社会安全情勢が全体的にコントロールできたが、ある社会領域に対し不安性がある程度強めた;民族政策が全体的な満足度が高かった、中華民族のアイデンティティーと本民族のアイデンティティー意識が強化した、民族関係が全体全体的に良かった;民族文化を伝承する願望が強烈だった、特色の民族文化が保護と発展を得た、中華民族が共有的な精神ホームの建設が新しい成果を取った。

 《求是》雑誌社社長の李捷、中国共産党中央統一戦線工作部副部長の斯塔、中央党校副校長の黄浩涛、中国社会科学出版社の社長兼編集長の趙剣英など専門家や学者が発表会に参加し、この調査研究が重要な意味がある事を是认した、民族地域の飛躍的な発展と中華民族の偉大な復興の実現に献策する事に、適切に中国特色がある社会主義の理論体系の建設する事に役たてた。