ご意見・ご感想

《“一带一路”:機会と挑戦》

発表時間:2015-09-28 | 出所:人民出版社 2015年4月 | 字体拡大 | 字体縮小

 この本により、“一帯一路”は全面的に対外開放の必然的な論理、文明復興の必然的な傾向だ、且つ、収容性的なグローバル化の要求と合ってる、中国がグローバル化に参与からグローバル化を形作になってる事を示す。“一帯一路”は中国から提唱した偉大な提案及び国際協力の公共製品だ、全面的に開放するチャンス、周辺の外交のチャンス、地区協力のチャンス、グローバル的に発展するチャンスが有るが、同時に政治リスク、安全リスク、経済リスク、モラルリスク、法律リスクも有る。“一帯一路”は歴史を越えて、更に近代を越えてる、以下の方面で体現してる:一つは理念が革新:共同で検討、共同で建設、共有、二つは理論が革新:経済発展の理論、地域協力の理論、グローバル化の理論、三つは方法が新しい:中国が関連国家と既存の二国間と多国間のメカニズムに基づく、既存な、有効な地域協力のプラットフォームを活用し、平和及び発展の旗幟を掲げて、積極的に沿線国家と経済協力のパートナー関係を作り、“五通”を実現する――政策の疎通、施設の聯通、貿易の開通、資金の融通、人心の共通、共に政治が互いに信頼、経済が融合、文化が収容する利益共同体、運命共同体と責任共同体を構築、存分に“中国が世界にフィードバック”の主旋律を表す。全書の冒頭が“一帯一路”より開いた“三つの五効果”を述べた――五千年以来未曾有の変動:伝統的な中華文明のモデルチェンジを推進;五百年以来未曾有の変動:近代の人類文明の革新を推進;五十年以来未曾有の変動:中国夢の実現を推進、そして最後に“ ‘一帯一路’をよく説明、国際公共の製品を献上”によってエンディング、広い戦略眼と歴史視野が現れてる。