ご意見・ご感想

《善治に向かってる中国——十八大以来治国行政観察》

発表時間:2015-09-28 | 出所:中国共産党中央党校出版社 2015年6月 | 字体拡大 | 字体縮小

 当本の作者はベテランのメディア人、中央党校《理論網》採取中心の主任、《学習時報》の記者程冠軍だ。《善治に向かってる中国》は該当作者が共産党の第十八期代表大会から作成した時事評論と理論文章だ、彼の評論文章は非常に新鋭で、思い切って問題に打ち明けてたし、また、問題の解決に提案と対策を考えてた、国内外のメディアにも幅広くて転載させられてた。時事評論以外は、当本が作者が思想理論界の有名学者との“資政対話”が入ってた、内容が十八大、第十八期第三回中央委員会全体会議、第十八期第四回中央委員会全体会議、中国道、中国夢、改革開放、厳格に共産党を管理、法に基づく国家ガバナンス、中華の優秀な伝統文化、習近平総書記の重要演説、習近平は国家ガバナンスや政治思想、“4つの全面”など戦略配置に関わっていた。

 作者の考えとして、“善治”との言葉は《決定》中に現れてた、以下のように理解できないでしょうか:十八大の後から、善治が、習近平を総書記とする党中央は国家ガバナンスの政治目標になるでしょうか。習近平を総書記とする党中央が開放的な、収容的な、システム化、近代化の国家ガバナンスの新しい政治思想に基づいて、有終完美、全力で最善を尽くすの責任を持って、今の中国を、中華民族が偉大な復興を実現する中国夢の旅路に沿って善治に向かって連れて行ってくる。