ご意見・ご感想

『ホットな「法治」討論―フェイストゥフェイス』が出版

発表時間:2015-02-06 | 出所:『人民日報』2015年01月16日 | 字体拡大 | 字体縮小

 中国共産党第18回4中全会の精神の学習と実装を深化するため、中央宣伝部理論局の配置により、中央関係部門と専門家学者は2015年通俗理論読み物『ホットな「法治」討論―フェイストゥフェイス』を書いた。現在、すでに学習出版社と人民出版社が共同で出版した。

 この本は『ホットな「法治」討論―フェイストゥフェイス』シリーズの最新読本である。本来の特徴とスタイルどおりに現在もっとも注目される法治のホットな問題に答える。記者の調査によると、昨年10月党の第18回4中全会が閉会した後、中央宣伝部理論局は人力を整え、綿密な研究を行った。全会精神を学習と実装する過程において巡り合った様々なホットな問題と難点に耳を傾き、以下の問題点を10つ整理した。如何に法律に基づく国家を治めることを全面的に促進する総目標を理解するか、如何に法治建設は自分の道を歩かなければならないことを理解するか、如何に党と法治の関係を理解するか、如何に法律に基づく国家を治めるにはまず憲法に従い国を統治することを理解するか、如何に科学的かつ民主的な立法を促進するか、如何に厳格な法の執行を促進するか、如何に司法の信頼性を向上させるか、如何に全民衆の法則観念を強化するか、如何に法律と徳を結びつき、国家を治めることを理解するか、如何に党規と党紀は国法より厳しいのを理解するかなどである。これらの問題を巡って関連する中央部門の専門家や学者は深く研究し、原稿の起草と修正を集中的に行い、幅広く意見を求めた。

 この本は現在我が国の法治建設の実状と緊密に繋がり、以上の問題点を分かりやすく解釈した。人々に党の第18回4中全会の精神をよりよく理解させるように役立った。さらに考え方や行動を中央の政策部署に統一させ、智慧とパワーを全会で確定した任務に集中させるようにする。この本は何となぜ、どのように読むか、どのようにするかを述べている。観点は権威的且つ正確で、言語は分かりやすく、作風が清新的且つ簡潔的である。これは幹部と大衆、青少年の学生は理論を学習し、発展情勢政策の教育を実施するには重要な指導読本である。