ご意見・ご感想

中国の経済倫理学の理論革新とは実践の模索・探求

発表時間:2015-01-13 | 出所:『光明日報』2014年12月17日 | 字体拡大 | 字体縮小

会議の現場

 第8回全国経済倫理学学術シンポジウムはこのほど中国人民大学で開催された。今回の会議は中国人民大学の倫理学・道徳建設研究センター、中国の倫理学と経済倫理学専門委員会が共催した。国内外40余り大学、科学研究機構およびメディア部門の70人あまりの専門家・学者が参会した。シンポジウムでは、学者達は「経済倫理と社会主義の核心価値観」の「経済倫理と社会主義市場経済」の「企業倫理と道徳的資本」などの問題について熱烈に深く討論し、中国の経済倫理学の学科の発展する実力と活力を示した。

 経済倫理と社会主義の核心価値観。社会主義はその自身の特性と先進性があり、社会主義体系下の経済倫理問題もその自身の特徴があるべきである。湖南師範大学教授王沢応は、社会主義は資本主義と異なり、それは全社会の発展と社会全員の共通の福祉を制度づくりの出発点と価値目標としているのである。生産力の解放・発展と搾取消滅及び両極分化状態の解消を結合してこそ、共同富裕化という最終目標に達することができると考えている。華中師範大学教授竜静雲は、先進的な倫理モラル理論・規範体系の周辺国の文化とモラルに対する浸透力、その思想家と優れた人物のモラル理念と高尚なモラルの国内外に対する模範的な役割、その国民のモラル的な信条、モラルとしての実行能力とモラル的な資質の状況は他国の人々の行為に対するの影響力など、すべて、その国家が文化的ソフトパワーがあるかどうかを判断する重要な物差しの一つとなると思っている。

 経済倫理と社会主義市場経済。上海社会科学院研究員陸暁禾は次のように指摘し、資本と適応する生産様式を推し進めるべきる一方、社会主義市場経済の倫理を運用し、人々の資本に対する認識を規範化し、導くべきである。河南財政経済政法大学教授喬法容は、循環型経済という倫理の規範は経済、生態、人類自身に関する三つの大きな発展法則により、生態学、経済学、環境学、倫理学などの多くの諸学科の思想を一体に融合し、経済価値と生態価値、道徳的価値を有機的に統一したと。河海大学教授余達淮は、資本はモラルの実践において善悪の二面性があるので、私達に弁証法的に資本に対応しなければならないことを求められ、その利用と規制の間でバランスを取らなければならない。中国人民大学教授曹剛は企業の生態倫理に関する企業の汚染物質排出権と環境権の衝突問題の分析を通じて、その中でみられる道徳的な苦境と制度の苦境を指摘した。南京師範大学教授王露は次のように指摘し、商品化、市場化の発展は田舎社会のパターン転換にある農民の理性的意識の形成と発展のために論理的な前提を提供し、「理性的な新しい農民」の形成のために必要条件を提供した。農村において道徳建設を強化すること、これは新型職業・道徳と文明的な素養を備える「新しい農民」を育成するには必ず通らなければならない道であると。

 企業の倫理と道徳的資本。企業の倫理と道徳的資本の問題はここ数年来、経済倫理学分野での注目を引く話題である。南京師範大学教授王小錫は企業の道徳的資本のタイプ及びその評価指標の体系をうち出して、異なる企業の道徳的資本の評価指標の内容と表現方式が違う所があるが、その道徳的資本の評価する主旨の理念は一致すると。河南財政経済政法大学教授朱金瑞は改革開放以来中国企業の社会的責任の歴史的発展・変化を詳しく分析した。

 経済倫理学学科の発展。学術の問題を中心に熱烈な探求する外、参会した学者は経済倫理学学科の発展における問題と発展の道筋と方向を真剣に考えた。首都師範大学教授王淑芹は、経済倫理学を発展させるには、経済学、実業界との交流を強化し、経済倫理学研究の国際交流と協力を強化し、政府政策決定部門との対話と交流を強化し、学界内の交流を強化すべきであると考えている。参加した学者らは、中国の市場経済の急速な発展は、経済倫理理論の模索探求と思考をに離れないとあまねく思っている。学科が日増しに大きくなるとともに、より多くの学者が国家の経済発展と経済倫理学学科の発展のために貢献するようと呼びかけている。