ご意見・ご感想

法律に基いて北京・天津・河北の環境保護一体化を推し進める

発表時間:2015-01-13 | 出所:『人民日報』2014年12月16日 | 字体拡大 | 字体縮小

 中国法学会が主催し、北京市法律学会が共催した「第9回環渤海地域法治フォーラム」はこのほど北京で開催された。今回のフォーラムのテーマは環渤海地域の生態文明・法治建設である。

 会議の参加者は次のように指摘し、一体化は北京・天津・河北の環境と発展問題を解決する道である。北京・天津・河北地区の環境問題、特に大気汚染問題は際立ったため、三地域の経済社会の持続かつ健全な発展を厳重に制約している。北京・天津・河北地区の環境の質的に全般的に改善するよう促すには、必ず経済、社会と環境保護の一体化の推進を加速しなければならず、もっと大きな範囲で産業構造を合理化させ、資源の配置最適化をはかり、環境保護を統一的に計画しなければならない。こうするには協力・保護を実行し、海洋保護と陸地保護の一体化、資源の節約と環境保護の一体化、環境汚染対策と生態修復の一体化を進めまなければならない。生態環境機能区を区分すべきで、異なる機能区に対して異なるアクセス条件を実行する。地域環境保護一体化の立法を推し進め、法律による恒常的な規制的役割を発揮させる。