ご意見・ご感想

「一帯一路」共同建設・国際シンポジウムの開催

発表時間:2015-01-13 | 出所:『光明日報』2014年12月16日 | 字体拡大 | 字体縮小

会議の現場

 「一帯一路(シルクロード経済圏および21世紀版海上シルクロードの道)共同建設、歴史の啓発と時代的チャンス」国際シンポジウムはこのほど、トルコイスタンブールで開催された。会議は中国国務院発展研究センター、国際関係・持続可能発展センター、トルコ戦略研究所、トルコ政治経済社会研究基金から共催された。国際関係・持続可能発展センター主席ブーク・イェレミッチ(Vuk Jeremić)が開幕式を主宰し、トルコ駐在中国大使の郁紅陽が挨拶し、中国国務院発展研究センター主任李偉は基調講演をした。

 会議が互恵ウィンウィンする一帯一路(シルクロード経済圏および21世紀版海上シルクロードの道)、相互連結する一帯一路(シルクロード経済圏および21世紀版海上シルクロードの道)、相互開放・包容する一帯一路(シルクロード経済圏および21世紀版海上シルクロードの道)、持続的発展できる「一帯一路(シルクロード経済圏および21世紀版海上シルクロードの道)」、一帯一路(シルクロード経済圏および21世紀版海上シルクロードの道)を深めるシンクタンク協力の5つの議事日程に分けられていた。中国、トルコ、黒山、アゼルバイジャン、アルバニア、クロアチア、パキスタンなどの国々と国際組織からの数十人の要員と学者がこの5つの議題について広く深く交流し、討論を行った。中国とトルコの文化、教育、経済と貿易各界の代表300数人が会議に出席された。