ご意見・ご感想

『ニューシルクロードへの道を切り開くーー中ア経済文化交流』フォーラム 北京で開催

発表時間:2014-12-26 | 出所:《光明日報》(2014年12月09日) | 字体拡大 | 字体縮小

 中国社会科学院世界文明比較研究センター主催の『ニューシルクロードへの道を切り開くーー中ア経済文化交流』フォーラムがこのほど北京で開催。中国社科院世界文明比較研究センター主任・元副院長汝信さん、世界文明比較研究センター副主任・元哲学所所長陳筠泉さん、世界宗教所研究員金宜久さん、外国文学所研究員郅溥浩さん、世界経済と政治所研究員徐小傑さん、哲学所研究員王珂平さん、近代史所研究員馬勇さんなど数十名の学者がフォーラムに出席し、経済、社会、文化、歴史等の面から中国とアラビア諸国との文明交流を検討した。

 シルクロードは昔の欧亜大陸を貫く貿易交通線で、東西間におけるもっとも古い橋渡として、古代東西間の経済と文化の交流では重大な役割を果たした。シルクロードのおかげで、科学技術、宗教、文学芸術、思想乃至社会風俗や日常生活用品までも東西間で行き来するようになり、人類文明の相互作用と発展を促進した。現在の国内情勢と経済建設の新しい局面において、我が国は歴史を振り返り、未来を展望し、ニューシルクロードを建設するという戦略的政策を打ち出した。緊密な協力をすれば、この広い地域での共同発展と共同繁栄が必ず実現できると信じられている。